« 2010年5月29日 | トップページ | 2010年5月31日 »

2010年5月30日の4件の記事

2010-05-30

個性派外国人参加の新日ジュニアの祭典から、90年代前半の全日本アジアタッグ戦線に思いを馳せる(10/05/30 No.4)

 新日本プロレスのベスト・オブ・ザ・スーパージュニア、開幕しましたね。僕は行きたい気持ち満々だったんですが、家庭の事情により観戦ならず。「この前Jタッグトーナメント見に行っちゃたしなぁ」と自分を納得させて、子供のお世話です。

 で、そんなときに限って試合が大爆発してるんですよね。ソンブラとリチャーズの動きがキレまくってたみたいだし。タマ・トンガは相変わらずリングの物理法則に抗ってたっぽいし…。

 憎い! 家庭が憎い! (いいすぎです)

 (ちなみに試合結果はこちらからどうぞ)

 

 最近の新日本の、個性派外国人を新規開拓する姿勢、これだけは手放しで評価したいですね。新日本オフィシャルサイトのトップで動画の音がうるさいこととか、丸藤にやられっぱなしのこととか、いかがなものかと思うことも結構ありますけど、それはそれです。やっぱ、外国人はプロレス興行の華ですよ。

 外国人は経費がかかる。あるでしょう。そのわりに日本人とスイングしていかない。ありますあります。その他もろもろ、忌避される事情は、だいたい察しがつきます。かくいう僕も、80年代90年代の全日本で、三冠防衛戦がハンセン以外の外国人だとがっかりすることもありました。今回はそれほど盛り上がれないんだ、と、正直思いました。当然、観客動員にも影響が無いとは言えないはず。

 だから、いわゆる「仕事のできる」保証のある外国人ばかり呼ぶ、ということになってしまう現状。

 でも、やっぱり新顔の外国人が見たいんですよね。youtubeやらなんやらで文化がクロスオーバーする現代社会でも、やはり異国には文化の違いがあって、日本では見られないような動きがたくさん出て来ます。

 Jタッグにも出て、今度6人タッグトーナメントにでるオースチン・クリードの、けれんみのみで構成されていると言っていいパンチ、あれなんか日本では発生しえないですよね。ソンブラの空中技、エントランスムービーでしか見てないですけど、やっぱメキシコは本場だなぁと感心します。土壌の違いを改めて実感して、ちょっと嬉しい気持ちになったりします。タマ・トンガの荒削りな動きは、かつての「とんだいっぱい食わせ物」外人的なアレがあって、プロレスファンのマニア心をくすぐります。

 そして、そんな文化の違いがある外国人相手だからこそ生まれてくる、緊張感もあります。いつもの日本人同士、最低限手の合うような選手達では出てこないような闘い模様が見えてきます。リチャーズの気性の荒いファイトなんてのも、国籍の違い、言語の違いとあいまって、最低限の相互理解の無い闘いになるのでは、という危うさが片隅にありますよね。それがまたたまらないわけです。そういうのも含めて、”いつも”と違う闘いに触れられます。

 もちろんトップクラスの外国人となると、今はなかなか冒険できないできないでしょう。興行に直結してしまいますから。リスクを冒したくない気持ちも分かります。ストロングマンでそれを思い知る部分もあったかもしれません。

 だからこういうジュニア枠から個性派外国人を呼んでいくというのは、ありなアプローチ。90年代前半の全日本プロレスで、トップクラスでない外国人を充実させてたみたいな感じでね。

 そう、90年代前半の全日本プロレスは豪華でした。大量離脱があった直後だから外国人で穴埋めしようという思惑があったのか、必ずしもトップクラスとは言えない外国人が実に充実していました。結果、鶴田・ハンセン・四天王らの三冠戦戦と、トップを狙う、バラエティ感溢れる選手達のアジア戦線の二層構造が確立し、ゴージャスな興行が日々開催されていました。あのころの全日本は、僕にとって一つの理想郷です。

 新日ジュニアに来襲した個性派外国人は、あのころのアジアタッグ戦線を想起させます。オースチン・クリードのパンチは、ダグ・ファーナスのバク宙ドロップキック的なけれんみ。リチャーズの鼻っ柱の強さは、ダニークロファットのそれになぞらえられる。ソンブラらメキシカンの空中遊泳は、ちょっと毛色が違うけど、マレンコ兄弟の個性的な動きに通底しないでもない。そしてタマ・トンガの動きは…えーと、スティーブウィリアムスが一番しっくりくるんですけど、あの人はトップクラスだし…、ブラックハーツみたいな食わせ物系? ってまあ色々ちょっと違うけど、あのころが甦ってきます。

 願わくば、新日本にはジュニアの祭典だけでこの流れを終わらせずに、ガンガン新顔外国人を開拓していってもらいたいですね。90年代全日本のみならず、プロレス黄金時代には常に個性派外国人の存在がありましたよ。

▼アンケートにご協力ください。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

5.30新日本後楽園大会詳報 @スポナビ(情報解禁後見られます)

 ディファに行こうかどうしようか。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 そう、吉橋白星発進だったんですよね。いきなりのAKIRA超え。右サイドバーで「スーパージュニア」「ラッシャーさん」「丸藤対戦相手」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。丸藤対戦相手アンケートは終了しました。デヴィット人気おそるべし。そしてカシンもまたアレでした。

三冠王者・鈴木みのる、北風と太陽理論を全日本・河野真幸で試す(10/05/30 No.3)

 今頃、神戸では頂上決戦6人タッグの結果が出てる頃でしょうかね。全日本。

 試合後の鈴木みのるへの三冠挑戦デモンストレーションが恒例になっていた河野真幸が、ここで結果を出せるのかに注目が集まります。

 そう、河野の挑戦デモが鈴木を悩ませていました。

 最初は「だって、おまえ弱いんだもん」くらいに言って却下していた鈴木ですが、なかなかデモをやめない河野に業を煮やしたのか、最後2日くらいの対応には試行錯誤のあとがみられました。

 まずは27日。花道近辺で鈴木を待ち伏せた河野に全力でキレて見せる鈴木。

プロレス/格闘技DX 鈴木のコメント

軽々しく俺の名前出すんじゃねえ! 殺されたいなら三冠って舞台いらねえだろ。今ここでやればいいんだ。

» web.peex.jp

 リングではなく、この路上で殺されてみてはいかがですか。ここならいつでもやって差し上げますよ、鈴木はそう言ってるわけですね。殺伐としすぎてるのでちょっとオブラートに包みたくなりました。

プロレス/格闘技DX 鈴木のコメント

ああやってアピールしたら後ろにいるパパとママが組んでくれると思ってんだろ。

(略)

よそ様のおかげなのに偉いと思ってるヤツいるだろ。親父がヤクザ、親父が会社の社長とかな。お前は偉くねえだろ。

» web.peex.jp

 とにかく言いたい放題。北風と太陽の寓話でいえば「北風」的手法で河野の戦意を削ごうとします。

 しかし29日。

 めげずに花道での告白タイムを続ける河野。鈴木に「やらせろ!」と迫ります。対する鈴木は、北風的手法に限界を感じたんでしょうかね、前夜とはちょっと違うアプローチ。

プロレス/格闘技DX 鈴木のコメント

そんなにやりてぇなら、田舎の風俗でも行けよ!

» web.peex.jp

 親身になったアドバイスを返します。

 モヤモヤを別の形で昇華させなさい、と。

 ある意味、太陽政策ですね。

 これで神戸に、晴れやかな表情で三冠のサの字も言わない河野がいたら、鈴木のアイデア勝ちということです。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

 全然、太陽じゃねえな。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 右サイドバーで「スーパージュニア」「ラッシャーさん」「丸藤対戦相手」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。丸藤対戦相手アンケートは終了しました。デヴィット人気おそるべし。そしてカシンもまたアレでした。

新日本・中西学、「野人の恩返し」に向け怪気炎。今夜、トンガ軍の引率者に(10/05/30 No.2)

 中西が、WCWで世話になったハクへの恩返しのためと、無駄に張り切ってるのだったら面白い。

 そう、4月のファレのデビュー戦前に書いたレスログ。さすがにそんなことはなかったですね。いくら中西だって、トンガ人は誰でも同じだなんて思いません。浅はかでした。反省。

 だけど本物のハクの息子が来るとなれば話は別。スーパーJタッグに続き、2度目の来日となるタマ・トンガが、今シリーズやってくるのです。

 また、おあつらえ向けに、今夜、中西と6人タッグ戦でタッグを組むマッチメイクなんですよね。もう一人のパートナーがキング・ファレで。マッチメイカーの、「まあ出たとこ勝負でなるようになるよ」的な、無責任な化学反応への期待が透けて見えます。

 しかし、中西はそんな思惑どこ吹く風。野人の恩返しに向け、ハタを織りまくってます。

東京スポーツ(紙面) 中西のコメント

 (ハクさんには)アメリカンスタイルを教えてもらった。(だから俺は息子達トンガ人に)日本のスタイルを教えてやる。

» www.tokyo-sports.co.jp

 中西が教えるジャパニーズスタイル…。どういう解釈なのか気になりますね。ただでさえ怪しげなジャパニーズスタイルを更に外国人が学ぶのですから、伝言ゲームのように誤解が広がること必至。これは面白くなって…じゃなかった、ちょっと心配。

 ただ、そういう心配の一方で、中西とデビュー戦を闘った鈴木健三は、世界を股にかけるスーパースターになりましたから。案外育て上手なのかもしれません。デビュー戦を闘っただけで、そう恩着せがましくいうのもアレですが。

東京スポーツ(紙面) 中西のコメント

 ハクさんは口で言わないで、態度で示してくれた。俺も態度で示していきたい。2人ともいいモン持ってるからよ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 それって教わってなくて放置されてたのでは…と思わないでもないですが、トンガとの外交問題もあります。黙っておきましょう。せっかく中西が「日本とトンガのプロレス界の架け橋」になるつもりなんですから。ファレとタマを塾生に「野人塾」なるプロレス学校を設立する決意を固めているのですから。

 って、そんな青義軍の井上と平澤みたいなポジションに2人が甘んじる気持ちがあるのか。まずは本人達の意思が大事でしょう。

東京スポーツ(紙面) タマとファレのコメント

 (野人塾について)オー、イイデスネ、ゼヒオ願イシマス。

» www.tokyo-sports.co.jp

 あ、感激してるんだ。大丈夫なの。

 まあ、タマがJタッグで見せた、リングの物理法則を無視したパワースラムは、中西リスペクトの気配がなくはなかったですからね。あれを見た中西が特待生待遇でタマを迎えてもおかしくないですし。相思相愛の関係になることさだめでしょう。

 3人の美しい誤解が、奇跡のように融合し、爆発寸前の後楽園大会。みなさんも歴史の証人になるため、足を運んでみてはいかがでしょうか。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

新日本5.30後楽園大会対戦カード @新日本オフィシャル(対戦相手の3人に敬礼!)

 僕も行けたら行きます。でも、家事があるので…。無理めですね。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 確かに寺西の白タイツは、ねえ…。右サイドバーで「スーパージュニア」「ラッシャーさん」「丸藤対戦相手」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。丸藤対戦相手アンケートは終了しました。デヴィット人気おそるべし。そしてカシンもまたアレでした。

ハッスル・坂田亘、向かうところ敵ばかり。今度の敵は蝶野正洋と民主党議員?(10/05/30 No.1)

 敵対していた中村カントクを配下(?)に加えるも、いかにも怪しい匂いがプンプンで、先が思いやられる坂田亘。その坂田に更に、複数の敵が現れるきざしがあります。小池栄子さんという強い味方(前回後楽園をお忍び観戦。麗しき夫婦愛!)はいるものの、味方も増えてもらわなければかないません。

 増殖する敵。起点となるのは、前回に引き続きタッグで闘うジョー・メガロドン。名前からして恐竜的な強さを持ってそうですが(ちなみにパートナーはT-REX)、単に強いだけじゃない。来日早々蝶野と旧交を温める、コネクションの広さも披露します。

東京スポーツ(紙面) メガロドンのコメント

 ガッデム! チョーノは素晴らしいレスラー。俺はいつも心の中でボスと呼ばせてもらっているんだ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 旧交を温めるというか、子分っぽい感じがしないでもないですね。天山の正当後継者といいますか。

東京スポーツ(紙面) メガロドンのコメント

 もうハッスルなんてものはいらない。後楽園で坂田を潰し、チョーノとともに真のプロレスを見せるような土壌を日本で作りたい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 単に来日したのではなく、日本に根を張りたいという感じですね。野心的な男。出稼ぎ気分で無い分、敵に回すとやっかいそうです。

 この厄介者にボスと崇められる男、突然の登場、蝶野正洋。やけにハッスル、というか坂田に対してとげとげしい。

スポーツナビ | 格闘技|ニュース|蝶野「ハッスルってまだあったの?」 5.30参戦をアッサリ拒否?

 ハッスルってまだあったの? 坂田……そんな選手見たことも聞いたことも無い。インリンという女優の旦那だっけ?

 メガロドンは海外のネットワークも広いし、今後俺がどこかのリングに外国人を送り込むこともあるかも知れないし、情報は持っておきたかっただけ。ハッスル参戦なんて考えたことも無いし、俺は昔からハッスル自体の存在を認めたことも無いよ

» sportsnavi.yahoo.co.jp

 ここまで言うとなると、なんかきな臭い感じがしますね。明らかに坂田及びハッスルを挑発しています。喧嘩するつもりです。

 ていうか、蝶野とメガロドンをこのタイミングで引きあわせたのはナカムラ監督。坂田の味方で、メガロドンの敵であるはずのナカムラ監督。その時点で大変きなくさいのですが、更に、

スポーツナビ | 格闘技|ニュース|蝶野「ハッスルってまだあったの?」 5.30参戦をアッサリ拒否?

 坂田選手が心配するからこんな話は伝えなくていいから

» sportsnavi.yahoo.co.jp

 なんてマスコミに言ってるのが怪しいところ。

 ダチョウ倶楽部の熱投風呂みたいなもんでしょう。「空気呼んで伝えとけ」と。

 メガロドンが言っていた

スポーツナビ | 格闘技|ニュース|蝶野「ハッスルってまだあったの?」 5.30参戦をアッサリ拒否?

 (蝶野には)忙しい時に時間を割いてもらってとても光栄だった。難しく考えるなよ。

» sportsnavi.yahoo.co.jp

 これも、同じく「難しく考えろ。何かが今起こってるんだ」という投げかけですよね。

 今日の後楽園大会でなんらかの地殻変動、あるいはその兆しが見られるのかもしれません。蝶野が選ぶリングがハッスルだとなると、ちょっとしたスキャンダル。このクラスにも上がる可能性があるんだ、という話になります。

 

 更に、後楽園にはもう一人坂田の敵が現れる可能性も。

 こちらは坂田が一方的に敵視している構図ですが。

スポーツナビ | 格闘技|ニュース|民主党・山岡議員の“プロレス侮辱発言”に坂田が怒りの抗議
プロレスラー・坂田“ハッスル”亘として<民主党・山岡賢次国会対策委員長>に申し上げます。5月28日・日本経済新聞に掲載されたあなたのプロレスへの侮辱発言(二面『寸言』)を見過ごす事は出来ません。明日、午後12時から2時までの間、いつでもかまいませんので後楽園ホールへお越しください。あなたの言う『プロレスの八百長試合』がどういった定義なのか、有権者の一人として問わせて頂きたいと思います。プロレスとは八百長か八百長でないか二元論で語られる底の浅いジャンルではございません。もしご希望であれば山岡議員の提示する内容に沿って、私、坂田“ハッスル”亘が議論、もしくはプロレスの試合でご相手申し上げます。紙面で拝見いたしましたので、私もWEB等にて公開質問とさせて頂きます
» sportsnavi.yahoo.co.jp

 日経新聞に掲載された「(国会が)プロレスの八百長試合のような時代があったのは事実かもしれない。だが、我々が与党になってからはガチンコ国会だ」との山岡議員発言に激怒している坂田。山岡議員に、後楽園への出頭要請です。

 載ったのが日経ですからね。これが東スポに載ったコラムというなら、またちょっと話が違うのですが、やはりリアルに噛みついているのでしょう。前田日明さん出馬問題への対応で一部プロレスファンのヒートをかった民主党からすると、またプロレス業界との火種が…というところでしょうか。あるいは自民党(馳、神取)と国民新党(西村)にも波及するかもしれないこの発言。坂田との関係も含めて、動向が気になるところです。

 ていうか、坂田、前田さんへの問題対応があったから怒りが倍増してるとかあるんですかね。かつての師匠に対する無礼なわけですから、ことさら怒りが大きくてもおかしくない。………って、それはないか。あのバックステージ動画を見る限り…ねえ。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

スポーツナビ | 格闘技|ニュース|蝶野「ハッスルってまだあったの?」 5.30参戦をアッサリ拒否?(見出しが参戦前提になってるのが凄いですね。表面上オファーがあったわけでもないのに)

スポーツナビ | 格闘技|ニュース|民主党・山岡議員の“プロレス侮辱発言”に坂田が怒りの抗議(Uインターっぽいやり口ですね。リングス出身なのに)

 夜更かししちゃったよ…。ipadの環境構築のため。文章がぼーっとしてたらそのせいです(読み返す気なし)。

 ちなみにメガロドンは古代鮫なんですって。まあ恐竜っぽいといえば、ぽいか。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 スーパージュニアアンケート、2位争いが熾烈ですね。右サイドバーで「スーパージュニア」「ラッシャーさん」「丸藤対戦相手」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。丸藤対戦相手アンケートは終了しました。デヴィット人気おそるべし。そしてカシンもまたアレでした。

 

« 2010年5月29日 | トップページ | 2010年5月31日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート