« 2010年5月30日 | トップページ | 2010年6月1日 »

2010年5月31日の3件の記事

2010-05-31

全日本プロレスからまた離脱者の可能性が…(10/05/31 No.3)

 5.30神戸大会。全日本の無敵ジュニア王者・カズ・ハヤシが、東京愚連隊からの刺客・FUJITAを降しV12を達成しました。

 「カズは80年代のベビーフェイス」「ベストバウトなんかやらせない。リングアウトでワーストバウトにしてやる」といったマニア好きするコメントで、カズを煽ったFUJITAですが、力及ばず。そして、ワーストバウトにもできず。白熱戦に全日本のファンも満足であったとききます。

 しかし、その一方でこの結果に満足しない男がひとり。

 もの凄いものをかけていた(とする)男がひとり。

 思いがけない言葉を口にします。

プロレス/格闘技DX NOSAWA論外のコメント

(MAZADA、論外、FUJITAで、カズに)生き残りをかけて挑んできれいに3つ負けてしまった。あと全日本に個人的なことを言うと4月に俺が酒飲んで(試合に)穴開けたということで、けじめをとるという形で東京愚連隊、連帯責任というか今日をもって全日本プロレスから完全撤退です。

» web.peex.jp

 突然の話にびっくりです。

 NOSAWA論外の全日本撤退宣言です。

 ていうか、構成員のジュニア戦3連敗くらいで撤退ならば、新日ジュニアは全員廃業です。また、確かに試合に穴を空けたことがありましたが、それはNOSAWA個人の問題(と思われる)。連帯責任というのがピンとこない感じです。これら2つは名目的な理由にも思えます。

 このシリーズでの撤退が、チャンピオンカーニバル開幕以前から決まっていたというのが妥当な見方かもしれません。最終戦のGURENTAI解散が、東京愚連隊撤退に向けてのソフトランディングだったとする見方。「東京愚連隊が撤退するから、GURENTAIは解散します」じゃ体裁が悪いですからね。解散から間をおいて撤退、というのがイメージ的には穏当。だから、解散してなだらかに昨日撤退を宣言、と。実際、全日本をめぐる状況も激変してますからね。このへんが潮時かな、と考えてもおかしくない状況。凄くドライに妄想するとですが。

 でも無断欠場が4月4日だったんですよね。それで4月11日にGURENTAIが解散。無断欠場が全てのトリガーになったと、考えられなくもない時系列ではあります。で、決まったスケジュールだけはやるけれど…みたいな感じで。

 うーん、卵が先かニワトリが先かってヤツですか。

 この後、MAZADAが「連帯責任」という言葉に異を唱える一幕もあったことから、更に話はよく分からないんですけどね。NOSAWAが、トリックスターよろしくファンを煙に巻いて、何か企んでいる可能性もゼロではない。また、それもNOSAWAらしいといえばらしいですからね。

 ただ、

プロレス/格闘技DX NOSAWA論外のコメント

僕ら腕があるんで、どこでも仕事できるんで。いいんじゃないですか。そろそろ。とりあえず海外に行って。どっか僕らを高く買ってくれる団体が世界中にあると思う。

» web.peex.jp

 というのはリアリティのあるコメント。ホントにどこでもやっていけるでしょうから…。

 この日、NOSAWAはMAZADAと組んで、BUSHI・KAI組と対決。KAIから直接ピンフォールされての敗戦となりました。団体を去っていく男によく似合う結果ではあるものの………。

 今後の動向に注目ですね。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

5.30全日本神戸大会結果 @全日本オフィシャル(基本として)

Professional Wrestling a Planet 小島に続いて東京愚連隊も全日本から完全撤退へ・・・(このニュース、こちらで最初に知りました)

 まさかNOSAWA論外ネタで1日2エントリー書くとは思いませんでした。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 ファーナスの太もも! 懐かしいですね。凄い体をしてました。右サイドバーで「アジアタッグ」「スーパージュニア」「ラッシャーさん」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。

ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア参加の新日本・田口隆祐、ドラえもんいらずの秘策を披露(10/05/31 No.2)

 右サイドバーで絶賛実施中のベスト・オブ・ザ・スーパージュニア注目度アンケート。石森太二が独走中です。まあ、くすぶってる部分もありますが、元来素晴らしい動きをする選手ですからね。ジュニア最強の地NOAHからの参戦ということもあいまって、注目を集めること当然なのかもしれません。

 その石森と、初戦を闘った田口。こちらは注目度アンケートでブービー争い中。IWGPジュニア戴冠経験もあり、前IWGPジュニアタッグ王者、高齢化が進む新日ジュニア陣の中では若い方。若い力。それなのにこの位置とはちょっともったいない。

 ただ石森の独走に理由があるように、田口のこれにも理由があります。最近の田口のブレーキぶりには、期待してくれるなとでもいうべき不幸のオーラを感じますからね。新日本正念場の丸藤戦で敗北(しかも連敗)、IWGPジュニアタッグ王座決定戦ではエル・サムライ入りのベテランコンビに敗北、とツキに見放されています。

 そして今回、田口は石森に敗れました。11分40秒、ファイアーバードスプラッシュからの完敗です。NOAHで丸藤の”格下”に甘んじている男。丸藤との再戦を考えるなら絶対負けたくなかった相手。そんな石森相手に敗れてしまったのですから苦しいところです。FMWで言うなら呪いのベルト持ってるレベル。桃鉄で言うならキングボンビーがとりついているレベル。そして、のび太ならドラえもんから何かひみつ道具を出してもらうレベルでしょう(それは沸点低いか)。

 しかし、田口はこれを自力で解決する方策に打って出ました。

週刊プロレスmobile

(最近のやること)全部裏目。競馬も当たらないし。大殺界だよ。逆神だよ逆神。こうなったら、優勝なんて言ったら優勝できないから、残り全敗。残り全敗でビリで予選終わるよ。(略)こう言っとけば優勝できるだろ。

» www.sportsclick.jp

 自力でドラえもんでいうところの「ウソ800」を分泌していることに気付いた田口。逆張りで優勝ロードまっしぐらという算段です。さすが仙台一高出身(→東海大学)の知性派。考えることが違います。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

5.30後楽園・田口VS石森詳報 @スポナビ(田口のこの発言は載ってないっぽいですね)

5.30新日本後楽園大会詳報 @スポナビ(行きたかった…)

ドラえもんの最終回(「ウソ800」が出て来たときのドラえもんあらすじ。幻の最終回ですね)

 あからさまな神頼みですね。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 もう少し日本人組にも票が入ると思ってたんですが…。やっぱカンナムのインパクトが強すぎですかね。右サイドバーで「アジアタッグ」「スーパージュニア」「ラッシャーさん」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。

NOAHがあれだけ頑張って勝ち得たトリプレマニア出場への道ですが…(10/05/31 No.1)

 新AAA世界タッグ王者、潮崎・青木組、トリプレマニア出場ですね。まずはおめでとうございます。AAA版レッスルマニア、日本で言うなら新日本の東京ドーム大会的な位置づけのようですからね。

 同時に2人は、トリプレマニアの日にバッティングしている後楽園大会を欠場することも決定。まあ、やむをえないところではあるでしょう。ベルト保持者がAAAマニアに参戦とは以前から活字になっていたことではありますしね。

 森嶋と石森がメキシコ遠征したたときも、事前にアナウンスされていましたが、あのときはNOAHが野戦病院化していた時代。そんな余裕はないだろうと思っていたタイミング。だから「ケガ人だらけで大変な中よくメキシコ遠征に行けるなぁ、予定どおりであったとしても」といったことを書きました。皮肉めいたことを書きました。

 でも今回は、負傷者も随分復帰しているタイミング。純粋にメキシコで活躍してほしいなと思っています。

 思えば、AAA世界タッグ獲りのため森嶋と石森が遠征しているさなか、あの暴動未遂事件がありました。NOAHが一番バランスを崩していた頃。マッチメイクも、どうすればいいのかと、傍から見ても辛そうな頃。そういう状況が、あの事件を起こしたと思わないでもないです。メインイベントに村上・臼田を出したのも苦しい中での奇策でしょうから。

 そう考えると、AAA世界タッグ及びその奪取に伴うトリプレマニア出場権の獲得にはそれなりの犠牲を払ったのだと、僕は思っています。だからこそ、潮崎と青木には期するものがあるのではないか、またあってほしいなと思っています。

 さて、そんな、NOAHがそれなりの犠牲を払ったトリプレマニア参戦への道ですが、

週刊プロレスmobile

AAAのビッグショー「トリプレマニア18」に東京愚連隊・NOSAWA論外の参戦が決定した。NOSAWAはAAA世界クルーザー級選手権4wayマッチに臨む。

» www.sportsclick.jp

 あっさりNOSAWAがショートカットしました。

 ジャック・エバンスやクリストファー・ダニエルズも参加の4way戦。

 NOSAWA論外恐るべし、と考えるべきなのかなんなのか…。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

NOSAWA論外のオフィシャルブログ 【NOSAWA論外のいけいけどんどん日記】 powered by プレイヤーズ (プロレス): AAAマニア18(このタイミングでオファーがあったんでしょうかね)

PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE [ニュース詳細][2010年5月25日][潮﨑豪・青木篤志選手「AAA世界タッグ選手権試合」決定のお知らせ](こちらも4way戦なんですね。って参加チームにビアマネーインクの名が)

 また寝過ごしちゃった。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 カンナム人気が突出してますね。そりゃそうだ。僕も大好きでした。右サイドバーで「スーパージュニア」「ラッシャーさん」「丸藤対戦相手」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。丸藤対戦相手アンケートは終了しました。デヴィット人気おそるべし。そしてカシンもまたアレでした。

 

« 2010年5月30日 | トップページ | 2010年6月1日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート