« NOAH・丸藤正道のIWGPジュニア防衛から、人材の宝庫だったかつての新日本プロレスに思いを馳せる(10/05/05 No.1) | トップページ | 帝王・高山善廣、余裕のNOAH”絶対王者二世”襲名宣言。他団体王者も禽獣扱い(10/05/06 No.1) »

2010-05-05

【ニュース有象無象】DDT・ディック東郷、リアルにキレる。新日本・中邑真輔は”戦線離脱せず”(10/05/05 No.2)

 さあ、誰も待ってない懐かしコーナー「ニュース有象無象」が、ファイナリー、ハズカムバックです。やりようによっては網羅的にやれるので、いつかはまたやりたいと思ってたんですが、色々と構造的な問題がありまして…。まあ、ちょっとリニューアルして問題を解決します。

 まずは昨日のDDT絡みの話から。この日から所属選手となったディック東郷が、試合後リアルにキレたという話。といっても対戦相手や所属選手にキレたという話ではありません。アントン組との試合で下唇をザックリ切っちゃったという話? うーん、近いですね。そのザックリ切った唇を縫いに医者に行ったときのお話です。

ディック東郷のオフィシャルブログ 【ディック東郷の夜霧よ今夜もありがとう】 powered by プレイヤーズ (プロレス): DDT後楽園大会

(略)

病院に行って来ました。

しかし、プロレスの試合でケガをしたと言うと、気分の悪い事をアレコレ聞かれ、カチンと来たので『ガッデム』と言って縫わずに帰って来ました。

(略)

» dicktogo.blog.players.tv

 何を言われたかとか、なんとなく想像できそうな…。ていうか今どきそういうこと言う医者がいるんだぁという感じですが。そのまま出て行ったディックの態度も熱い。味噌汁が染みるという述懐も、ハードボイルドな感じ。かっこいい。シッシー(僕が敬愛する週刊プロレス顧問・宍倉清則さん)がタクシーの運転手にプロレスを揶揄されたとき、怒って途中下車した話を彷彿させます。上田馬之助さんとかもっと思い出す話があるだろう、という声もあるでしょうが…。

 そのシッシーの思い出が語られているのが小川ロッシーのblog。はぐれ国際軍団が新日本プロレスに参戦挨拶したときのエピソード。ラッシャー木村さんの「こんばんは」事件のときの話ですね。

 ファン時代のロッシーとシッシーが、それを一緒に観戦してたんですって。そこでのシッシーの振る舞いが熱い。

田園コロシアム - ロッシー小川ブログ  MY FAVORITE LIFE
メインでは、崩壊した国際プロレスのラッシャー木村&アニマル浜口がリングに登場。木村が律儀に「こんばんわ」と挨拶したため、観客から失笑を買うと、浜口がこれを挽回しようとマイクを奪い観客を挑発した。すると宍倉氏が突然、「浜口~!」と絶叫したのだ。これにはビックリした。周囲は敵だらけの会場にやって来た浜口の姿を見て、いても立ってもいられなかったのだろう。それは宍倉氏が少年時代に国際プロレスのファンクラブ代表を務めていたから、とっさに出た愛着の叫びだったと思う。
» blog.goo.ne.jp

 旧知のロッシーがビックリするくらいだから、絶叫するタイプじゃなかったんでしょうね。それでも、失笑の田コロにいてもたってもいられなかったシッシー。あの当時の会場ではぐれ国際軍団を応援するという、誰に殴られてもおかしくないような行動に敢えて出たシッシー。ファン時代からプロレスを守ろうとしてたんですね。

 今でこそ、女子プロ会場に足を運べば「誰がお目当てなんですか」と選手に聞かれアレな人扱いされるシッシーですが、やっぱり芯は固い。そんなシッシーをこれまで以上に応援し続けたいと思うレスログなのでありました。

 さて、話題はうってかわって、中邑真輔。真壁戦でのアクシデントによる負傷は相当深刻そうに見えました。アクシデント直後、レフェリーに向かって何か言葉を発していたシーン。その唇の動きを読み解くと、やはり切羽詰まっていたんだろうなと思わせるものがあったわけですが、8日のJCB大会から普通に出場するとのこと。

スポーツナビ | 格闘技|ニュース|左肩負傷の中邑、5.8JCBと5.15宮古島は出場=新日本プロレス

 新日本プロレスは4日、「レスリングどんたく2010」(3日、福岡国際センター)で行われたIWGPヘビー級選手権試合で左肩を負傷(肩鎖関節損傷)した中邑真輔が、8日のJCB大会と15日の宮古島大会に出場すると発表した。

 7度目の防衛を狙った中邑は、真壁刀義と対戦したが敗北を喫し、王座を明け渡した。なお、8日、15日ともにタッグマッチで真壁との対戦が組まれている。

» sportsnavi.yahoo.co.jp

 具体的なマッチメイクはリンク先でどうぞ。

 まずはそこまで深刻ではなかったのかなと一安心です。一方で無理をしての出場ではないかと気になる部分もあります。棚橋(こちらも足の状態はよくないはず)がメキシコ遠征中ですからね。ケガをしても闘い続け、自ら体を壊していくプロレスラーは、やはり割り切れない稼業。棚橋、中邑のみならず、みんな報われる日がくれば…。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

週プロmobileに異状あり。あの”感動”男がブログを開始(10/04/06 No.1)(シッシーについて触れたエントリーその1)

宍倉顧問、小鹿社長、そしてTAJIRIについてちょっとだけ(10/04/08 No.3)(シッシーについて触れたエントリーその2)

新日本・真壁刀義、中邑真輔を下しIWGPヘビー初戴冠も…(10/05/04 No.1)(中邑が負傷した、5.3中邑VS真壁についてのエントリー)

 真壁との闘いが継続していくんでしょうかね。タッグ対決が続くということは。途中から矢野にフォーカスが変わったりすることもあるかしら?

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 やっぱ武藤は支持率高いですね。右サイドバーで「新日残ってほしかった選手」「全日世代闘争」についてのアンケートを実施しています。女子プロアンケートは終了しました。女子プロアンケートは僕の中で鬼門だったんですが、今回はたくさん投票いただけて嬉しかったです。ありがとうございました。

« NOAH・丸藤正道のIWGPジュニア防衛から、人材の宝庫だったかつての新日本プロレスに思いを馳せる(10/05/05 No.1) | トップページ | 帝王・高山善廣、余裕のNOAH”絶対王者二世”襲名宣言。他団体王者も禽獣扱い(10/05/06 No.1) »

DDT」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

新日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/48274136

この記事へのトラックバック一覧です: 【ニュース有象無象】DDT・ディック東郷、リアルにキレる。新日本・中邑真輔は”戦線離脱せず”(10/05/05 No.2):

« NOAH・丸藤正道のIWGPジュニア防衛から、人材の宝庫だったかつての新日本プロレスに思いを馳せる(10/05/05 No.1) | トップページ | 帝王・高山善廣、余裕のNOAH”絶対王者二世”襲名宣言。他団体王者も禽獣扱い(10/05/06 No.1) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート