« NOAH・グローバルリーグ戦決勝後の秋山準、心に残る名言。そして高山は凄い顔…じゃなく、浅香戦を語る(10/05/03 No.2) | トップページ | 新日本・真壁刀義、中邑真輔を下しIWGPヘビー初戴冠も…(10/05/04 No.1) »

2010-05-03

IGFのエース・ジョシュ・バーネットに正念場。前門の高山善廣、後門の蛍光灯デスマッチ(10/05/03 No.3)

 

 IGFプロレスのエースと言えば、博多大吉さんも認めるジョシュ・バーネットなわけですが、そのジョシュ、現在色々と大変です。

 まずは5.9IGF大阪大会での高山善廣戦。これは大一番。高山がとうとうNOAHで一つの頂点を極めましたからね。直接対決こそ無かったものの、現王者杉浦も参加しているリーグ戦で優勝したわけですから、文句無く現在最強の選手ということになります。ホームタウンのエースとしてのジョシュも負けられませんが、こちらも負けられないはず。ヘビー級の迫力試合が期待できるうえ、勝敗予想もつきにくいこの試合、ハンセンVSアンドレやベイダーVSハンセンの10年代版(小型板)と言ってもいいでしょう。肩すかしを食う可能性も多分にある気がする顔合わせなので過大なアレは出来ませんが。

 一方、ここに来てまた対戦アピールを再開したのが大日本プロレス。

 去年11月の澤田戦後のリング上、ジョシュが他団体選手への挑戦要求をしたんですよね。新日本、全日本、大日本、誰でもいいからかかってこいといった感じで。

 本来的には、当時猪木の名前をリング上で出していた中邑に対するメッセージだったと思われるのですが、そこに食いついてきたのが大日本。一時期は東スポ紙上で「大日本のリングにあがってこい」と逆挑発をしかけていました。それがまた、大日本のビッグマッチを前に復活してきたというわけです。

 かつて長州のインディー挑発発言に噛みつき、ドーム大会に”エサ喰い出場”を果たした小鹿大日本のこと、二匹目のドジョウを狙っているのかもしれません。5.4大会のパブリシティ色もかなり濃い気がしますが…。

東京スポーツ(紙面) 大日本・登坂営業部長のコメント

 乗りこんでくるなら(5.4横浜)当日でもカードを組みます。

» www.tokyo-sports.co.jp
東京スポーツ(紙面) アブドーラ小林のコメント

 吐いたツバを飲み込むつもりか! 蛍光灯マッチで相手してやる。

» www.tokyo-sports.co.jp

 まあアブドーラが言ってるのが…アレですね。ああ見えて血の気が多い人ではあるようですが。

 ただ、ジョシュ発言当時、中邑を逃げたと見なしたIGFのこと、他団体の名前を出しての挑発に責任をとらなければ、やはりいかがなものかという気もします。どうするんでしょうかね。

 でも、遺恨云々抜きにして、ジョシュは大日本気に入るかもしれないですけどね。4.28大日本後楽園のセミ(関本・佐々木VS葛西・沼澤)見て本気でそう思いました。佐々木が血だるまになりながら、どん欲に勝利を求めていき、それに全員が感化されて素晴らしい試合になったこの1戦。主導権というボールを必死になって奪い合うかのような試合展開は、まさしく90年代前半の全日本プロレス6人タッグ戦。見てくれは全く別のおどろおどろしい試合でしたが、今のプロレス界なら、どこに出しても恥ずかしくない好試合でした。四天王プロレスの信奉者でもあったジョシュならば、きっと嫌いじゃないと思いますが…。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

09.11.3 ジョシュVS澤田 詳報@スポナビ(このレポートでは大日本の名前は無かったことになってますね)

 ジョシュVS澤田は熱い試合でしたね。あの試合の澤田だけは、「小川の弟子」じゃなく「澤田」と呼びたい。マット界の川谷拓三ともいうべき受けっぷりで、ジョシュの強さを浮き彫りにしました。

 攻めたジョシュも見事。中邑が来るかも、ということで来場した一見客に、鉄槌を振るうかのような厳しい攻めっぷり、なかなかできません。あの試合だけは、ああここは猪木の団体なんだなぁと思わせるものがありました。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 ちょっと想像以上に圧倒的な差がついてますね。現行世代と新世代。新世代派の方のご意見お待ちしてます。右サイドバーで「全日世代闘争」「女子プロ凄かった選手」についてのアンケートを実施しています。是非ご回答を。明日は女子プロアンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

« NOAH・グローバルリーグ戦決勝後の秋山準、心に残る名言。そして高山は凄い顔…じゃなく、浅香戦を語る(10/05/03 No.2) | トップページ | 新日本・真壁刀義、中邑真輔を下しIWGPヘビー初戴冠も…(10/05/04 No.1) »

その他インディー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

大日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/48255091

この記事へのトラックバック一覧です: IGFのエース・ジョシュ・バーネットに正念場。前門の高山善廣、後門の蛍光灯デスマッチ(10/05/03 No.3):

« NOAH・グローバルリーグ戦決勝後の秋山準、心に残る名言。そして高山は凄い顔…じゃなく、浅香戦を語る(10/05/03 No.2) | トップページ | 新日本・真壁刀義、中邑真輔を下しIWGPヘビー初戴冠も…(10/05/04 No.1) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート