« ”次期IWGP挑戦者決定戦”、NOAHで開催されるも…(10/05/14 No.1) | トップページ | NOAH・力皇猛、新日本・真壁刀義への挑戦に名乗り。ワイルドに手ブラで(10/05/15 No.1) »

2010-05-14

新日本・永田裕志、IWGPタッグ戦改革に着手。ただし、根本的なアレは…(10/05/14 No.2)

 IWGPタッグの3way戦。議論を醸しましたね。内藤哲也の専門誌モードの問題提起から始まり、東スポ及びバックステージでの東スポモードの問題提起、そして永田の「目から鱗」のご意見と、色々ありました。まあ議論というよりも、3way戦は「やっぱキワモノだよ」という前提で、誰のせいでこんな試合するんだという話でしたが…。

 実際の試合。

 僕が見たところ、可もなく不可もなくという感じでした。まあいろんな団体の3wayを見てるわけで、特別どうだということはない。数あるうちの一つの試合でした。同じくゴールデンウィーク中に行われたアイスリボンのタッグタイトル3way戦の方が面白かったかなくらいの話です。GENTAROおそるべし、ついでに松本都もおそるべしと思ったくらいで。

 埋没しちゃうなら、権威云々言われるのだからやらない方がよかったのかもしれない、くらいには思いますがね。

 僕なんかと違い、解説のヤスカクおじさんと山崎一夫さんの思いはもっとストロング。色々思うところがあったみたいです。

 今週の週プロコラムに詳しいですが、試合中に解説放棄にまで及んでたみたいですね、ヤスカクおじさん。新日の実況陣は人数多いから気付きませんでしたけど。曰くゲームみたいだと、選手権らしくないと、腹立たしいと。こちらでも引用つきで触れられてるので、未読の方は読んでみてください。解説者としては、踏み込んだ問題提起です。

 さて、そうなってくると、新チャンピオンの永田の声が聞きたいところ。IWGPタッグ3way戦を闘ってどう思ったか。NO LIMITのせいでこんな色物みたいな試合をしなきゃならなくなったと語っていた永田が、闘い終えて何を感じたか。

 あるいは、3way戦封印宣言も出るかもしれません。今度は普通のタッグ戦で勝って、NO LIMITを無条件降伏させてやるくらい言うのかもしれません。いずれにせよ、経験した者だけが感じるサムシングのあること、間違い無しでしょう。

東京スポーツ(紙面) 永田のコメント

 (タイトル奪取は)漁夫の利だったね。へっへへ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 最悪です。

 ヤスカクおじさんや山崎一夫さんの熱い思いが台無し…。

 

 って、まあこれはあくまでも第一声。冷静になりましょう。

東京スポーツ(紙面) 永田のコメント

 新しい試みを貫いていくってのは新日本が昔からやってきたこと。(3wayは)今の新日本における、ある意味チャレンジルール。ただ、ルールをもうちょっと改良する手はあるよね。

» www.tokyo-sports.co.jp

 ダメだと全否定するのではなく、いい形に変えていけばいいのだと。チャレンジを貫いてこその新日本プロレスだと。永田はそう言ってるわけですね。アルティメットロワイヤルやトライアスロンサバイバーは全く貫かれませんでしたが、これは貫くわけですね。まあ、可能性があるということかもしれません。

東京スポーツ(紙面) 永田のコメント

 現状では両チームを倒す、勝ち残り制がベストじゃねえかな。ファンも分かりやすいし、文句たらたらのこうるさいやつらも、それで一回やったら何も言ってこないだろ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 なるほど。

 意見の是非はともかくとして、次の防衛戦も3way戦になりそうな予感です。

 果たして永田は、ヤスカクおじさんを喋らせ続けることができるんでしょうか。かつての山崎隊リーダーを納得させることができるんでしょうか。まだまだ注目度が低いタッグ戦線に、注目点が一つ増えたというところでしょうか。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

5.3福岡 IWGPタッグ3way戦詳報@新日本オフィシャル(基本として)

 ちなみに、上の永田の「こうるさいやつら」は、NO LIMITのこと。ヤスカクおじさんや山崎さんのことではありません。念のため。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 川田の対戦相手アンケートのときとは全く違う票の集まり方ですね。面白い。右サイドバーで「真壁NOAH防衛」「4月印象に残ったこと」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「4月印象に残ったこと」アンケートは今日が最終日。駆け込み投票大歓迎です。

« ”次期IWGP挑戦者決定戦”、NOAHで開催されるも…(10/05/14 No.1) | トップページ | NOAH・力皇猛、新日本・真壁刀義への挑戦に名乗り。ワイルドに手ブラで(10/05/15 No.1) »

スポーツ」カテゴリの記事

新日本」カテゴリの記事

永田」カテゴリの記事

コメント

漁夫の利は勝ち残り制でもおきるわけで・・・・

タッグなんだから3本勝負にしておけば良いと思うんですが、3Waysじゃなくて。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/48357956

この記事へのトラックバック一覧です: 新日本・永田裕志、IWGPタッグ戦改革に着手。ただし、根本的なアレは…(10/05/14 No.2):

« ”次期IWGP挑戦者決定戦”、NOAHで開催されるも…(10/05/14 No.1) | トップページ | NOAH・力皇猛、新日本・真壁刀義への挑戦に名乗り。ワイルドに手ブラで(10/05/15 No.1) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート