« 個性派外国人参加の新日ジュニアの祭典から、90年代前半の全日本アジアタッグ戦線に思いを馳せる(10/05/30 No.4) | トップページ | ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア参加の新日本・田口隆祐、ドラえもんいらずの秘策を披露(10/05/31 No.2) »

2010-05-31

NOAHがあれだけ頑張って勝ち得たトリプレマニア出場への道ですが…(10/05/31 No.1)

 新AAA世界タッグ王者、潮崎・青木組、トリプレマニア出場ですね。まずはおめでとうございます。AAA版レッスルマニア、日本で言うなら新日本の東京ドーム大会的な位置づけのようですからね。

 同時に2人は、トリプレマニアの日にバッティングしている後楽園大会を欠場することも決定。まあ、やむをえないところではあるでしょう。ベルト保持者がAAAマニアに参戦とは以前から活字になっていたことではありますしね。

 森嶋と石森がメキシコ遠征したたときも、事前にアナウンスされていましたが、あのときはNOAHが野戦病院化していた時代。そんな余裕はないだろうと思っていたタイミング。だから「ケガ人だらけで大変な中よくメキシコ遠征に行けるなぁ、予定どおりであったとしても」といったことを書きました。皮肉めいたことを書きました。

 でも今回は、負傷者も随分復帰しているタイミング。純粋にメキシコで活躍してほしいなと思っています。

 思えば、AAA世界タッグ獲りのため森嶋と石森が遠征しているさなか、あの暴動未遂事件がありました。NOAHが一番バランスを崩していた頃。マッチメイクも、どうすればいいのかと、傍から見ても辛そうな頃。そういう状況が、あの事件を起こしたと思わないでもないです。メインイベントに村上・臼田を出したのも苦しい中での奇策でしょうから。

 そう考えると、AAA世界タッグ及びその奪取に伴うトリプレマニア出場権の獲得にはそれなりの犠牲を払ったのだと、僕は思っています。だからこそ、潮崎と青木には期するものがあるのではないか、またあってほしいなと思っています。

 さて、そんな、NOAHがそれなりの犠牲を払ったトリプレマニア参戦への道ですが、

週刊プロレスmobile

AAAのビッグショー「トリプレマニア18」に東京愚連隊・NOSAWA論外の参戦が決定した。NOSAWAはAAA世界クルーザー級選手権4wayマッチに臨む。

» www.sportsclick.jp

 あっさりNOSAWAがショートカットしました。

 ジャック・エバンスやクリストファー・ダニエルズも参加の4way戦。

 NOSAWA論外恐るべし、と考えるべきなのかなんなのか…。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

NOSAWA論外のオフィシャルブログ 【NOSAWA論外のいけいけどんどん日記】 powered by プレイヤーズ (プロレス): AAAマニア18(このタイミングでオファーがあったんでしょうかね)

PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE [ニュース詳細][2010年5月25日][潮﨑豪・青木篤志選手「AAA世界タッグ選手権試合」決定のお知らせ](こちらも4way戦なんですね。って参加チームにビアマネーインクの名が)

 また寝過ごしちゃった。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 カンナム人気が突出してますね。そりゃそうだ。僕も大好きでした。右サイドバーで「スーパージュニア」「ラッシャーさん」「丸藤対戦相手」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。丸藤対戦相手アンケートは終了しました。デヴィット人気おそるべし。そしてカシンもまたアレでした。

 

« 個性派外国人参加の新日ジュニアの祭典から、90年代前半の全日本アジアタッグ戦線に思いを馳せる(10/05/30 No.4) | トップページ | ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア参加の新日本・田口隆祐、ドラえもんいらずの秘策を披露(10/05/31 No.2) »

NOAH」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

NOSAWAはAAA行ったらエース級の扱いですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/48501474

この記事へのトラックバック一覧です: NOAHがあれだけ頑張って勝ち得たトリプレマニア出場への道ですが…(10/05/31 No.1):

« 個性派外国人参加の新日ジュニアの祭典から、90年代前半の全日本アジアタッグ戦線に思いを馳せる(10/05/30 No.4) | トップページ | ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア参加の新日本・田口隆祐、ドラえもんいらずの秘策を披露(10/05/31 No.2) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート