« 2010年6月1日 | トップページ | 2010年6月3日 »

2010年6月2日の4件の記事

2010-06-02

ヨネの挑戦表明の死角から ”最適挑戦者” 潮崎豪が立ち上がる。新日本・真壁討ちに名乗り!(10/06/02 No.4)

 昨日の力皇欠場会見後のコメントで、真壁への挑戦を表明していたヨネ。

 しかし、その言葉は「却下覚悟で」と、自信なさげ。これまで対真壁で結果を出せてなく、本間のライバルにポジション替えした経緯とあいまって、本当に大丈夫? と思わせるものがありました

 さて、そのヨネコメントの中で注目すべき点が1つあり。

プロレス/格闘技DX ヨネのコメント

俺のほかにも控え室で「俺が行く」と言っている人間が山ほどいる。

» web.peex.jp

 反体制ヒールが体制側と控室で相談かよ、ということではありません。お家の一大事ですからそこらへんはやむを得なません。

 ほかにも、真壁とやりたい選手がいるというのが注目すべき点です。あれだけ真壁の呼びかけを無視していたNOAH選手から、そんなリアクションが出ているということに驚きを隠せませんでした。

 昨日の時点では、ブラフかもと思っていました。

 しかし、さにあらず。本日、ヨネに続いて挑戦名乗りを上げる選手が、とうとう現れました。

 潮崎豪です。

プロレス/格闘技DX 潮崎のコメント

力皇さんが欠場となってIWGP挑戦を断念されたと聞きました。ここは自分が真壁刀義のうっさい口を黙らせてやろうと思います。力皇さんの悔しい思いも分かるし、力皇さんの分も背負って。

» web.peex.jp

 動機付けとしては、いささか弱い。必然性という意味でも、ヨネより劣ります。

 しかしNOAHは、この発言を軽く見ないでしょう。

 潮崎には、「ここが出番だ」と挑戦を託したくなる、理由があります。

プロレス/格闘技DX 潮崎のコメント

(三沢逝去、秋山王座返上の)あのときもああいうことがあったんですけど、チャンスを掴むことができた。チャンスに強いと自分では思ってる。今回もチャンスをつかんでベルトを巻いてやろうと思っています。

» web.peex.jp

 三沢さんの不幸な事故と、GHC王者秋山のタイトル戦直前負傷欠場が重なった、NOAHにとっての未曾有の危機。去年のまさにこの時期、あの忌々しい日々に、閉塞感を打ち破ったのが潮崎でした。急遽開催のGHC王座決定戦で、奇しくも力皇を破り、新時代への扉を開いてみせた男です。

 今まさに同じ緊急事態だから…と期待したくなる実績。まさに最適挑戦者と呼ぶに相応しいでしょう。

 また潮崎なら新日本の反応も悪くないはず。前GHC王者という肩書きは、IWGP挑戦者として申し分はないはず。少なくとも、本間のライバル・ヨネよりは歓迎されるはずです。

 更に潮崎ならば、ファンの反応も悪くないでしょう。かつて当ブログ右サイドバーで実施した真壁の挑戦者アンケートでも、秋山、森嶋に続く第3位を獲得。力皇の倍、ヨネの3倍の支持率を獲得していました。病みあがりにしてはなかなかの好位置です。

 って、そう。病みあがり且つ丸藤戦敗戦明けというところが、一点気になるところです。そこに不安が残らないといえば嘘になります。しかし、窮地に強かったこの男に期待できないといえば、それも嘘。

 果たしてNOAHはこの申し出をどう処理するのか。ライバルの出現にどうヨネが意地を見せるのか。決戦まであと2週間ちょっと。更に注目度が上がってきましたね。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

NOAH・力皇猛に異常事態発生。IWGP戦キャンセルも。代打にモハメド・ヨネが名乗りをあげるが…(10/06/01 No.4)(どうなることやら)

 アンケートにもありましたが、潮崎だったら雑草VSエリートがより鮮明になる気がします。最初から潮崎でも良かったくらい? ってなかなか出したくない選手なんでしょうがね。

 潮崎コメントは、上で紹介したもの、これ一部です。全容はプロ格DXで御確認ください。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 やっぱラッシャーさんがトップを走りますかね。右サイドバーで「5月印象に残ったこと」「アジアタッグ」「スーパージュニア」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「ラッシャーさんアンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。マイクの鬼は永遠ですよ。

DDT・飯伏幸太、NOAH・丸藤正道討ちを決意! IWGPジュニア王座 ”奪還” を宣言(10/06/02 No.3)

 注目のメキシカン、ソンブラとの公式戦をファイアーバードスプラッシュで制した飯伏幸太。白星発進で絶好調。

新日本プロレスオフィシャル携帯サイト 飯伏幸太のコメント

(自分は)もうちょっと体調を万全にすれば、優勝じゃないですかね。最低、決勝じゃないですかね。もちろん(目標は)優勝ですけど。

» www.njpw.co.jp

 コメントにも自信が溢れています。

 元来、IWGPよりスーパージュニアに思い入れがある飯伏。

東京スポーツ(紙面) 飯伏のコメント

 (優勝者は丸藤に挑戦濃厚だが)ベルトとかそういうんじゃなくて、スーパージュニアに優勝したいんです。

» www.tokyo-sports.co.jp

 優勝を第一目標と考えています。

 しかし、優勝の先に丸藤がいるというなら、それを避ける理由は無し。

東京スポーツ(紙面) 飯伏のコメント

 ただ王者は優勝者とやると言ってるんですよね? なら俺が取り返してやる。

» www.tokyo-sports.co.jp

 IWGP奪取宣言です。

 あの飯伏が、と感慨深くなります。

 かっこいい!

 なぜか新日本ジュニア戦士目線なのが気になりますが…。

 そこらへんが愛すべき飯伏らしさなのかもしれませんけどね。

 カオスな思い入れは更にばく進。

 丸藤戦は、去年の4月にDDTマットで予定されていましたが、相手の負傷により急遽キャンセル。幻の対決となっていました。それが今回実現するかもということで期するものがあるわけですが、

東京スポーツ(紙面) 飯伏のコメント

 あの時丸藤さんが欠場してなかったら、タイトルマッチという状況はなかった。僕も当時はまだスーパージュニアにも出てなかったし…。今、この状況でというのは、それぞれの運命ですね。

» www.tokyo-sports.co.jp

 なんか浸っちゃってる感じです。

 でも、飯伏が優勝だっていいですよね。右サイドバーで絶賛実施中のスーパージュニアアンケートでも、飯伏への注目は高い。石森の後塵は拝しているものの、ミラノコレクションAT以来2度目の団体所属(レギュラー)外での優勝があったっていい空気です。

 ことリーグ戦においては、他団体勢がいいところまで行くも、最後は所属選手の執念に負けて…という展開が多い。ヘビー、ジュニア問わずね。だけど、今の新日ジュニアに執念が感じられるかといえば疑問が残ります。執念で丸藤の牙城を崩せるものかというそもそもの疑問はありますが、それにしたって不甲斐ない結果が続いています。

 だから新日ジュニアは一回墜ちた方がいい。純粋インディペンデントの選手に優勝をかっさらわれて、墜ちるところまで墜ちた方がいい。焼け野原で墜ちるところまで墜ちて、そこから這い上がる様を呈示していけばいい。古くなった秩序をリセットして新しい新日ジュニアを築き上げればいい、そう考えることもできます。坂口安吾の世界ですよ。

 無論、飯伏VS丸藤は文句無しに見たいカードですから、新日ジュニア云々は抜きにしても期待したいところです。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

6.1 飯伏VSソンブラ詳報@新日本オフィシャル(こういう試合にも勝敗がつくのですから、昭和は遠くなりにけりです)

 KSHIDAはデヴィちゃんに勝利。う~ん(僕的には)乗れない。この前のスマッシュ試合後コメントで、ますます。ハッスルの頃からいい選手だと思ってますけど、ねえ。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 外道VS丸藤、見たいですねぇ。右サイドバーで「アジアタッグ」「スーパージュニア」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「ラッシャーさんアンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。マイクの鬼は永遠ですよ。

トルシエとの対談で判明。アントニオ猪木は、やはり”神”だった。(10/06/02 No.2)

 蝶野に神と呼ばれてリングに登場した経験もある、猪木。かつての師匠、カール・ゴッチも「プロレスの神様」と呼ばれていましたが、なかなか、そんな呼ばれ方の人は出てきませんよね。超一流、プラスアルファの何かがなければ無理な呼称です。

 …と書き出しましたが、よくよく考えるとそんなことは無い時代。かつての(今も?)2ちゃんねる界隈では、八百万の神の国・日本らしく、神様が乱立していました。○○は神、とかね。神のインフレ、神のデパートです。

 しかし、猪木はひと味ちがう。

 東スポにおけるトルシエFC琉球総監督との対談でそれが明らかになりました。

 現場監督時代に実戦していた、選手に自信を取り戻させる方法について語る、トルシエ総監督。

東京スポーツ(紙面) トルシエ総監督のコメント

 私は強い言葉やジェスチャーでアピールしました。試合のハーフタイムに控室のドアを強く閉めることで、選手に私の気持ちを伝えたりしました。ハーフタイムに選手にビンタをしたこともありますよ。アントニオさんのやるアレです。

» www.tokyo-sports.co.jp

 アントニオさんという呼び方が気になりますが、それはそれ。

 こんな話題が出て来て黙っているアントンじゃありません。

東京スポーツ(紙面) アントンのコメント

 フフフ…。ビンタは脳の活性化になるんですよ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 出ました、アントン理論。

東京スポーツ(紙面) アントンのコメント

 オレにビンタされて、病気が治ったとか経営が良くなったとか言ってくれる人がいる。オレは元気づけただけ。振り子の作用で、ビンタでネガティブな方向からいい方へ流れを変えるんです。元気になって運がやってくる。

» www.tokyo-sports.co.jp

 神がかってまいりました。振り子の作用、細かくご教示してもらいたいところ。

東京スポーツ(紙面) アントンのコメント

 最初にビンタをやったのは受験生だけど、ビンタした50人全員が合格したんですよ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 やっぱり猪木は神! 全般的に新興ナントカっぽい感じもしますが。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

やっぱ、猪木は天才(10/01/18 第4位)(まあこれは本当に)

 本多多聞の親戚、本田圭佑についても絶賛している猪木。対談の全容は紙面にて御確認ください。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 外道VS丸藤、見たいですねぇ。右サイドバーで「5月印象に残ったこと」「アジアタッグ」「スーパージュニア」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「ラッシャーさんアンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。マイクの鬼は永遠ですよ。

佐久間一彦さん、週刊プロレス及び週プロモバイルの編集長を辞任。 「鳩山首相よりスッパリ」(10/06/02 No.1)

 

 「力皇欠場、IWGP戦辞退へ」にまさるともおとらず、これにも驚きました。

 

 家に帰って”19時女子プロレス”のUSTREAM中継を見ようとPCを立ち上げた、まさにそのタイミングです。タイムラインに異変が。

佐久間一彦 (kaz39saku) on Twitter

本日、週プロ&週プロモバイルの編集長辞任しました。鳩山首相よりスッパリ。

» twitter.com

 不意打ちなのでホントにビックリ。僕的には、なんの兆候も感じられませんでしたから。

 あえて言うと、週プロのブログを持ちながらtwitterを始めたこと自体、何か期するものがあったのかと思わなくもないですが、まあ、妄想の類でしょう。

 妄想といえば、かつては編集長更迭問題もあった週プロだけに、何かあったのかしら?というアレも、瞬間、首をもたげます。鳩山首相を例に出すくらいですから…。「スッパリ」と書くくらいですから…。しかし、バランス感覚に優れた佐久間編集長のこと、そんな事態もないでしょう。あえて言うと丸藤祝福問題ですが………はい、すいません。これは僕が面白おかしく書いただけです。

 まあ、今は何も分かりませんので、佐久間さんお疲れ様でした、今までありがとうございました、と言って終わりにしたいと思います。

 プロレスも売れず、雑誌も売れずという中での週プロ編集長。昔は良かった雑誌の編集長なわけですから、プレッシャーを感じる局面も多かったでしょう。自分の力ではどうにもならないことも多かったと思います。難しそうなプロレス界ですし。

 それでもここ何年かの編集長の中では、一番しっくり来た人。いい印象の方が多いです。人柄が良さそうなところも、僕は好きでした。ブログのちょっとくだけた文章も楽しかったです。今後どうされるのか分かりませんが、まだまだ若い佐久間さんに素晴らしい青山があることを、陰ながら祈っております。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

須山浩継伯爵の身勝手日記:佐久間編集長辞任(先月末から辞任の噂があったとか…って、まだ今月は1日2日よ)

中邑、ちょっといい名言(09/12/21 第2位)(珍しく佐久間編集長に触れたエントリー。これもやり始めくらいのエントリーだな)

 本当は、この3倍くらいの分量で色々妄想を書いてたのですがバッサリ切りました。まあ、しょうがない。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「ブラックハーツさんには「さん」をつけましょう」。声出して笑ってしまいました。まあ、そういう存在ですよね。右サイドバーで「アジアタッグ」「スーパージュニア」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「ラッシャーさんアンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。マイクの鬼は永遠ですよ。

« 2010年6月1日 | トップページ | 2010年6月3日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート