« 2010年6月7日 | トップページ | 2010年6月9日 »

2010年6月8日の3件の記事

2010-06-08

NOAH・仲田龍GMプラスワン、IGF及び澤田敦士にダメ出し。絶縁宣言? (10/06/08 No.3)

 今、平柳に史上最大の追い風が吹いています。

 現在、右サイドバーで絶賛実施中の澤田敦士対戦相手アンケートで、首位をひた走っているのです。こんなことが起こるとすれば、「玄蕃という名前で思い出す苗字は?」くらいの設問しかないと思ってました。一瞬我が目を疑いました。

 でも、嘘じゃない。みんなが平柳を求めている。飢えている。NOAHが、僕ら民の声をすくい取って、澤田のお守り…じゃなかった対戦相手に平柳をチョイスすれば、一気に平柳時代が到来するかもしれない。そんな匂いがプンプンとしてきます。

 ヒラヤナギストが待ち望んでいた時が、今、ここに!

東京スポーツ(紙面) 仲田龍GMのコメント

 ウチは忙しいんだから、(澤田を)構ってられない。あっちはもう一回やりたいのかもしれないけど、無理。猪木さんの鶴の一声でひっくり返るかもしれないんだから、こっちだって拳を振り下ろすところがなけりゃ格好悪いでしょう。

» www.tokyo-sports.co.jp

 平柳時代、一瞬で水泡に帰しました。

 しかし、この発言、結構インパクトある気がしますね。澤田批判だけならともかく、「猪木の鶴の一声でひっくり返るかもしれない」と、IGFの会社組織批判、ひいては猪木批判もしているわけですから。やはり馬場と猪木の対立構造は、門構えを変えても続くということなのでしょう。

 でも、そんな会社と取引をしたNOAHはどうなのってアレ、正直ありますよね。

東京スポーツ(紙面) 仲田龍GMのコメント

 (IGF)大阪は間違いで出たようなもの。新日本さんとの関係をこじらせてまで、IGF[とやる必要はない。

» www.tokyo-sports.co.jp

 あら、取引も間違いなのね。

 まあ契約法の世界なら、錯誤による取引は無効。そのくらい錯誤は重い。錯誤だったらしょうがない。って、よくわかんないな。ていうか、間違って取引しちゃうもんなのかしら。

 そもそも丸藤がIGFに参戦することになったのは、鈴木みのるとのメールのやりとりから。まあそういう東スポ紙面情報を丸々信じるのはアレなんですが、もしもそんな丸藤の独断で決まった参戦だったとしたら、それをNOAHは承知していなかったとしたら………なんて、邪推をしてしまいます。

 まあ、プロレスファンならしょうがないですね。

 しょうがないついでに、どんどんいきましょう。

 そもそも「新日本さんとの関係をこじらせてまで」なんて、仲田龍GMから一番聞かれなさそうな言葉。そんな、取引先に気を遣ってなんて、僕らの知ってるドラゴンじゃないですよ。

 これは、もしかしたら丸藤への牽制なのかもしれません。新日本との関係を壊してまでやるもんじゃないよね、分かってるよね、と。敢えて声に出して言っているのではないか、と。二人の間のちょっとした緊張関係? そんな妄想がわき出てきます。文字通りの妄想ですけどね。

 となれば、丸藤の声が気になるところ。仲田GMと違った切り口のコメントが出てくる可能性もあります。澤田を活かすウルトラCがあったとしても、おかしくない。そこに平柳時代の胎動も!

東京スポーツ(紙面) 仲田龍GMのコメント

 (澤田は)三井さんを超えられないようじゃ、オレにたどり着かないよ。それにオレはあくまで小川直也に返答したんで、君じゃないから。

» www.tokyo-sports.co.jp

 はい、平柳時代、完全終了。

 まあ確かに三井取締役を超えられないようじゃ、そう言われてもしょうがない。しかし、小川の線は否定しないのね、丸藤。あの条件はまだ生きてるんでしょうか…ってこれは妄想しすぎ。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

NOAH・仲田GM、ドームのボイコットも厭わず(09/12/18 第1位)(仲田GMはこうでなくちゃ、その1)

NOAH・仲田GM、屈せず(10/01/11 第3位)(仲田GMはこうでなくちゃ、その2)

 小川アンケートをとることになれば、僕も雅央の名前を選択肢に入れますよ。満を持して。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 雅央が選択肢にあったらどんな状況になっていたのか…。右サイドバーで「澤田対戦相手」「真壁VS潮崎」「5月印象に残ったこと」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。アジアタッグアンケートは終了しました。カンナム強しでしたね。そして、過酷な条件のアンケートに、たくさんのご協力ありがとうございました。明日は「5月印象に残ったこと」アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

新日本・ライガー、6.19新日本大阪大会でのジュニア二冠戦開催を要求。筋は通っているのだが…(10/06/08 No.2)

 丸藤がGHCジュニア挑戦権を獲得したことで、更に盛り上がってきた、プロレス界ジュニア戦線。IWGP、GHCダブルタイトルマッチが期待されます。有力なのは7.10NOAH有明大会。丸藤が早期タイトル戦を望んでいること、両王者がNOAHの所属選手であることから妥当な日程だと思われます。まあ、ダブルタイトル戦とは今のところ誰も言ってませんが、実現するとしたらそこだということです。

 しかし、東スポプロレス面に輝く見出しは「ライガー豪語 2冠戦 新日でやれ」。

 ………いくら、リビングレジェンド、ジュニアの重鎮とはいえ、ムシが良すぎます。崩壊した(と言っていいでしょう)新日ジュニア戦線から、そんな威勢のいい話が出てくること、頼もしい限りではあるのですが。

東京スポーツ(紙面) ライガーのコメント

 IWGPはNOAHに貸してるだけ。返してもらう。

» www.tokyo-sports.co.jp

 まあそりゃあ新日本の管理下のベルトですけどね。

 しかし日本プロレス界の慣習として、チャンピオンの発言権が尊重されるんじゃないでしょうかね。繰り言になりますが、IWGPチャンピオンが丸藤、GHCチャンピオンが金丸。これ、動かしがたい事実。たとえ、丸藤が新日本でしか防衛戦を行わないと過去発言しいてたとしても、それは大前提としてあるはず。

 正直、ライガーには分が悪い。新日好きの僕からしても乗れて来ない感じ。また、ライガーらしい新日原理主義が首をもたげているのでしょうか。

東京スポーツ(紙面) ライガーのコメント

 (丸藤との試合にCMLLミドルがかかるとなれば)もちろんそうなれば喜んで挑戦は受けますよ。俺も願ったりかなったり。

» www.tokyo-sports.co.jp

 って、IWGPジュニアと(ライガーの持つ)CMLLミドルの ”二冠戦” なのね…。それならごもっとも。ていうか、また東スポに騙されました。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

東スポ「ノア 力皇 三冠奪取を宣言(キリッ」(10/04/11 No.2)(過去の東スポフェイクの一例)

 6.19大阪にライガーが勝ち上がってきて、丸藤とやればジュニア二冠戦になる可能性があるわけですが、これも丸藤が勝つとなれば…。結構面白くなりそうな気はしますね。ジュニア八冠統一アゲイン的な感じで。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 右サイドバーで「真壁VS潮崎」「5月印象に残ったこと」「アジアタッグ」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。今日はアジアタッグアンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

IGF・澤田敦士、NOAH訪問も門前払い。こんなとき、NOAHにファミ悪抗争があったなら…(10/06/08 No.1)

 (追記 最初にお詫びしておきます。全国の雅央派紳士淑女のお手を煩わせていることを!)

 東スポにIGF・澤田敦士のNOAH後楽園大会訪問の一部始終が掲載されています。以下、会話部分だけ抜粋。

 まずは澤田のご挨拶。

東京スポーツ(紙面) 澤田のコメント

 丸藤(副社長)を出せ。新聞で読んだけど、俺を次のシリーズから使ってくれんだろ!?

» www.tokyo-sports.co.jp

 まさにご挨拶って感じですね。

 ていうか、次のシリーズ前座ノーギャラなら小川を使うという話が、いつの間にかすり替わっている。中邑の猪木挑戦発言のときと同じ。ここらへんがIGFに乗れない理由、という人は結構いるんじゃないでしょうか。

 これに対応するは三井取締役。澤田に胸ぐらをつかまれながら。

東京スポーツ(紙面) 三井取締役のコメント

 アポイントはありますか? ないのでしたら、お引き取りいただけませんか。大人の世界なんですから、急に来られても…。アンタ、失礼でしょ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 UWF神社長リスペクトの香り漂いますね。まあ、あちらは「大仁田さん、チケット持ってますか?」でしたから、幾分マイルドになってる感じ。少なくとも一般客扱いはしてません。

 なんだかんだで、つまみ出される澤田。

東京スポーツ(紙面) 澤田のコメント

 ったく腐ってんな、この団体は。また出直すわ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 再襲撃を予告して、場外馬券売り場方面に消えます。

東京スポーツ(紙面) 三井取締役のコメント

 二度と来るんじゃありません。シッシ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 今度はIWAジャパン浅野社長口調を披露する三井取締役。そんなに社長職に憧れているのか…。

 

 まあ相変わらずの澤田な訳ですが、なんだかちょっとだけ面白くなってきました。久しく日本のプロレス界になかったリアルDQNキャラですからね。うまく生きれば空き家を独占状態ですから、面白い存在になる気がします。

 ただいかんせん、今の世の中、リアルDQNは白眼視される場合が多い。プロレスファンなんか特にそうかもしれません。良くも悪くもプロレスに調和を重んじます。スタンドプレーは排除されがち。ヒールとしてのそれではなく、リアル拒否反応が起こります。僕だって、本当に心から面白いと思うには相当の時間が必要でしょう。いくら空き家でも人の寄り付かぬ廃墟であっては意味がありません。

 試合内容ががまだまだなのもまた、厳しい感じです。正直、NOAHのどこらへんで使えばいいのかよくわかりません。丸藤の無駄遣いはNOAHファンにとって歓迎したくないところでしょうし…。

 こんなときファミ悪抗争があったらなぁ、と思います。

 味のあるベテランの、味のある試合で、全日本プロレス前座名物となったファミリー軍団と悪役商会の抗争。馬場さん、ラッシャーさん率いるファミリー軍団と、永源さん、渕クンらの悪役商会が織りなす明るく楽しい抗争です。

 あそこに入って、若干キャラクターをマイルドにすると、みんなおいしく澤田をいただけると思うんですよね。またプロレスの ”匠” 揃いですから、経験浅い澤田をうまくナビゲートできること請け合い。そこから立派なプロレスラーに育てあげることも可能です。いいことづくめ。

 キャラクター的には、悪役商会入りが似合うと思いますが、見た目がかぶる泉田純至ドットコム(後ろの横文字いらなかったっけ)がいるので、ちょっとアウト。押し出されてファミリー軍団入りですね。まあよく見ると愛嬌もなくはない顔なのでアリでしょう。

 猪突猛進キャラは、うまくいかします。リングネームはブルファイト澤田。本家は引退しましたから許してもらいましょう。偉大な先人の威光を借りるのも今の澤田には必要なこと。

 ブルファイトを信条に、常にクワガタのようなタックルで眼前の敵に突っ込むブルファイト澤田。永源さんがその不気味さに「ヤメレー」と逃げ惑うのを、ひたすら直線的に突っ込んでいくとか、いい感じ。あと、赤鬼渕クンが出てくると異常興奮ね。突進力がパワーアップ。牛ですから赤には興奮、理にかなってます。馬場さんの赤タイツに誤突進とかも、大場所ならアリですかね。馬場さんが苦笑しながら猪木の弟子をいなす。夢の顔合わせです。

 試合は猪突猛進してきた澤田を、渕クンがくるりと丸め込んで幕。

 「澤田、おまえ、また簡単に負けちゃったじゃないの。お客さんに謝りなさい」

 ラッシャーさんのマイクが聞こえてきます。

 マイクを澤田の口元につきつけるラッシャーさん。流れからして、澤田コール爆発ですよね。あの澤田に大コールなわけですから、もう大変な事態。

 たっぷり間を置き、指で角をつくり、頭に立てる澤田。

 「すいません。モ~、しません!」

 牛の鳴き声をもじったマイクに、お客さんもあたたかい笑顔。澤田がプロレスファンに受け容れられる瞬間です。全部解決!

 全然リアルDQNキャラじゃなくなってますが。

▼アンケートにご協力ください。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

 ごめん、タイムアップ。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 右サイドバーで「澤田対戦相手」「真壁VS潮崎」「5月印象に残ったこと」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。アジアタッグアンケートは終了しました。カンナム強しでしたね。そして、過酷な条件のアンケートに、たくさんのご協力ありがとうございました。

« 2010年6月7日 | トップページ | 2010年6月9日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート