« 2010年6月9日 | トップページ | 2010年6月11日 »

2010年6月10日の3件の記事

2010-06-10

週刊プロレス・佐藤正行新編集長、就任早々の大仕事。あのトラブル団体と歴史的和解!(10/06/10 No.3)

 週刊プロレスにビッグカムバックを果たした佐藤正行編集長。

 ごく一般的に考えたとき、出戻りで同じ職につくって社内的にはどうなの…というモヤモヤ感はありますが、僕個人的には懐かしい顔ということで悪くない。

 ターザン時代を知る人ということに、妙な思い入れもあります。あのころの週プロ大好きでしたから…。

 なにはともあれ、新しい船出をお祝いしたいところです。

 さて、そんな佐藤編集長のカムバックをお祝いしたかったのは、僕だけじゃなかった様子。

 こんなところに意外なお祝い写真が…。

高木三四郎 (t346fire) on Twitter

歴史的瞬間! http://tweetphoto.com/26467928

» twitter.com

 どうですか、この佐藤編集長の ”固い” 笑顔。せっかくの祝賀ムードが台無しです。立派な菓子折までいただいているというのに…。

 ってそう、古いファンならお馴染みですね。

 この菓子折が曲者なんです。

 2002年に、DDT新藤広報が菓子折を持って週プロ編集部に挨拶に行ったときに、当時の編集長であった佐藤さんが「こういうもの(賄賂的なもの)は受け取れない」と大拒絶した事件がありました。

 まあこれだけなら、「佐藤さんって堅いな。単なる挨拶。社交上の儀礼なのに…」で終わる話なのですが、その顛末をわざわざ翌週の誌面で(佐藤編集長目線で)公開するのですから話がややこしくなります。賄賂的なものを持ってきたとされた側は、当然面白くない。そういう意図が(普通に考えて)ないわけですから、高木三四郎大ヒート。果たしてこの件、論争に発展しました。サムライで公開討論もやりましたっけ。いろいろごっちゃになって覚えてませんが。

 これを称して「DDT菓子折事件」。「寝ている間に馳に眉毛を剃られ、空気を読まずに大激怒」事件、「ケンファー(笑)創刊」事件と並ぶ、佐藤編集長の三大黒歴史の一つです。編集長の、認めたくない、若さゆえの過ち(?)です。

 それを、嬉しそうに再現するDDTの面々…というか新藤リングアナと、対照的な佐藤編集長。実に奇跡のスリーショット。これは面白いものを見せてもらいました。

 ありがとう高木大社長!さようなら黒歴史…(アニマル浜口風にきれいに)

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

えー、詳細は後ほど!今から突撃してきます! | TweetPhoto(怨敵を前に興奮を隠せない新藤アナ)

先週の週プロに書いてあった、DDTと週プロの「菓子折り事件」ってどんな事件ですか? ... - Yahoo!知恵袋(ここに顛末が詳しい。編集部外では既に菓子折受け取ってんのね)

2002-10-18 - 高木三四郎「俺様日記。」古ブログ(週プロに佐藤編集長の書く”ことの顛末”が載った直後の高木三四郎日記。熱い!)

 高田PRIDE統括本部長への弱腰インタビューも佐藤編集長でしたっけ? いろいろごっちゃになって分からなくなりました…。いずれにせよいろいろ思い出深い人。僕は嫌いじゃないです、ホントに。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「澤田は永遠のヤングゲノム」。綺麗に言ってるようで、かなりひどい発言ですね。右サイドバーで「浜肉体改造」「澤田対戦相手」「真壁VS潮崎」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「5月印象に残ったこと」アンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。明日は「真壁VS潮崎」アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

 

新日本・中邑真輔、6.19大阪大会で緊急復帰も。この期に及んで、無理難題つきで(10/06/10 No.2)

 左肩負傷により5月末から欠場を続け、長期欠場の噂も囁かれていた中邑真輔に、スクランブル復帰の目が出てきました。ソースは東スポ!

東京スポーツ(紙面) 中邑のコメント

 復帰? いつでもいいですよ。ま、今の新日本なら「いついつにしてくれ」って言えばすぐ通りそうですけど。最速、大阪。でなきゃ、次期シリーズ(7.3新潟大会で開幕)でもいいけど。

» www.tokyo-sports.co.jp

 能動的すぎる新日本なら復帰時期は望むがままである、と。

 ドクターストップもメディカルチェックもない、と。

 相変わらず執行部には厳しい中邑です。

 でも、大阪って6月19日。もう一週間ちょっとなのに相手はどうするんでしょうか。主要選手はカードが決まってるし。中邑の相手なら、それなりの選手を用意しないとでしょうし。ジュニア選手くらいじゃないですか、選択肢に残っているのは。

東京スポーツ(紙面) 中邑のコメント

 1ヶ月近くヒマしてたし、(対戦相手は)刺激的なヤツがいい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 ちょっとちょっと。

 この期に及んで選り好み?

東京スポーツ(紙面) 中邑のコメント

 ま、(新日本の)中にはいねえか。ハハッ。たまにはオレにもニンジンぶら下げてよね。

» www.tokyo-sports.co.jp

 しかも外敵要求してるし。

 いくらなんでも、新日本だって手が及ばないでしょう。力皇ショックで、潮崎を入れるのだって大変だったでしょうに。

 この期に及んで、ねえ。

東京スポーツ(紙面) 新日プロ幹部のコメント

 国内外の選手を中心に、(中邑の対戦相手候補を)できるだけ早急にリストアップしたい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 って、ホントに能動的なのね、あなた達…。

 やはり当初のメインが力皇だったということで、チケットの初動がアレだったんでしょうか。それが、ここまで尾を引いているということなんでしょうか。まずは状態を見せてくれとか言いそうなところを、渡りに船とばかりに中邑にかけてみよう、みたいな…。

 って、そんなことはないですよね。

 まあでも中邑復帰決定となれば、ファンにとっては嬉しい報せ。

 右サイドバーで絶賛実施していた「5月印象に残ったことアンケート」でも、

「真壁、中邑を破りIWGP初戴冠」 : 中邑欠場後の新日本は緩みきったゴムみたい…

 なんてご意見がありました。

 僕もちょっと、納得してしまったといいますか。

 いなくなってほんのちょっとしか経ってませんが、なるほどと思わなくもない感覚がありました。

 フォアザチームのプロレスもいいけれど、一人くらいひねくれて、醒めた目で別の方を見てる男がいないとつまらない。強さを一番に求める男がいないと新日本らしくない。(やむを得ないとはいえ)10人タッグばかりが続くカード編成とあいまって、そう思ってしまいました。

 気になる左肩の状況も、

東京スポーツ(紙面) 中邑のコメント

 炎症も引いて、筋肉をつけるトレーニングはしてきた。手術してしまえば(完璧に)治るんでしょうけど、そんなに時間はかけられない。

» www.tokyo-sports.co.jp

 大丈夫とは言わないものの、トレーニングを再開できるレベルにはなっている様子。万全ではなくても ”やれる” ということでしょう。

 まあ、それで勝手知らない外敵と闘えるのかという声もあるかもしれませんが、ここは中邑を信じましょう。中邑は、誠実に自分のコンディションと向き合っているはず、ですから…。

 あとは新日本の動きを待つばかり。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

新日本6.19大阪大会対戦カード @新日本オフィシャル(中西のカードは決まってませんね。でも、野人塾で忙しいでしょう)

新日本・真壁刀義、中邑真輔を下しIWGPヘビー初戴冠も…(10/05/04 No.1)(中邑が負傷した試合についてのエントリー)

新日本・中邑真輔、次期シリーズを欠場。長期欠場も…(10/05/17 No.2)(中邑の欠場が発表された際のエントリー)

 表面に出て来たのはこのタイミングだとしても、水面下ではそれなりの下話があったはず。ならば、決して間に合わないということはないと思われますが…。これで出場なければ単なるアドバルーン? さてさて。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 みなさん、もっと浜ちゃんに温かい視線を…。まあ、これが民意なのかもしれませんが。右サイドバーで「浜肉体改造」「澤田対戦相手」「真壁VS潮崎」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「5月印象に残ったこと」アンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。明日は「真壁VS潮崎」アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

全日本・浜亮太、曙支配からの完全卒業へ…(10/06/10 No.1)

 曙との仲間割れ後、浜の発言はエスカレートしてましたよね。お前はアジアにとどまっとけ、俺は世界タッグを獲るくらいのことも言ってました。大きく出てます。

 でも、さすがに鈴木みのるのようには行かず。

 「はしの方で腕立てでもしてろ、なあブタ野郎」とか「ブタ語は分かりませ~ん」みたいな、一線越えた挑発は出せずじまい。まあ、ああいう罵詈雑言がいいかどうかはともかくとして、言ったらブーメランのように自分に返ってきてしまいますからね。自身の肉体が肉体ですから。

 しかし、そう言う言葉も今後吐くようになるのかもしれません。

東京スポーツ(紙面) 浜のコメント

 相撲というバックボーンを生かしつつ、スモウレスラーじゃない、プロレスラーとして進化するッス。

» www.tokyo-sports.co.jp

 スモウレスラー卒業宣言です。

 って、今さら? とおっしゃる方もあるかもしれませんが、過ち(?)を改めるのに遅すぎるということ、ありません。カーディオ系トレーニングに栄養管理と浜らしくない言葉をペラペラとまくしたて、自身の肉体改造を語る浜。今後は加圧式トレーニングも導入するかもしれないそうです。

 「肉は飲み物だ」的な指導をしていた、曙肉体術からの完全卒業。

 形的にはそうなります。

 もっとも、本来の動機は違うところにあるそうですが。

東京スポーツ(紙面) 浜のコメント

 単発の攻撃ではなくコンビネーションを大事にしたい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 7.4大阪での世界タッグ王座決定戦(対曙・ケア組)に向け、諏訪魔の動きに追いつきたいそうです。

 具体的な動機があるのは強みですよね。目標があるから頑張れるというのもあります。

 その証拠に成果も十分。

 体重は現在200キロプラスマイナス3キロを堅持!

 って、スケールが違いすぎて、いいんだかなんだか分かりませんね。

 まあでもあの体に諏訪魔くらいのスピードが加われば、まさしくモンスター。珍獣から怪獣への進化、期待したい。将来、浜の存在が、三冠王座史のあだ花にならぬよう、どんどん頑張ってほしいものです。

▼アンケートにご協力ください。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

『CROSS OVER 2010』大阪・大阪府立体育館~第一競技場 - 全日本プロレス 対戦カード(まだほとんど決まってないですが…。ちなみに当日は生放送ですってよ)

浜と曙、危険な関係…?(10/03/10 No.3)(曙師匠の「肉は飲み物」的発言も)

 でも、ラードウォリアーズがもう見られなくなると思うと寂しさも…。って200キロなら資格十分か。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 潮崎が少し差を詰めてきた気もしますね。その一方で田上社長出陣の機運も。右サイドバーで「澤田対戦相手」「真壁VS潮崎」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「5月印象に残ったこと」アンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。

« 2010年6月9日 | トップページ | 2010年6月11日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート