« 新日本・スーパージュニアの決勝トーナメント進出者決定。NOAH・石森太二の野望は、進行中?(10/06/13 No.2) | トップページ | NOAH・秋山準、三沢光晴メモリアルマッチを終え、心境の変化? 過去の発言も撤回か(10/06/13 No.4) »

2010-06-13

アントニオ猪木、初主演映画「アカシア」舞台挨拶で人の心の痛みを知る。ただし、反省はせず(10/06/13 No.3)

 辻仁成さんといえば、僕にとっては中山美穂さんの旦那。世間がどういう評価であっても、僕的にはそうですね。それだけ中山美穂さんは偉大だということ。80年代の中山さんは、まさに神! いや女神! 当時のTBSドラマで、ナンバーワン・コメディエンヌだった彼女は、僕ら世代も直撃してたんです。歌唱力については色々言われますが、なかなか名曲を歌っておりまして……などと書いていると関連リンクがベストテンのyoutube動画ばかりになってしまうので、このくらいにしましょう。

 さて、そんな素敵な奥さんがいる辻さんには、今もやっかみの声がゼロではないと思われますが、それにしたってひどい仕打ちをしたのが、我らがアントン。

 主演映画「アカシア」の舞台挨拶で、監督の辻さんを前にこんな ”ご挨拶”。

週刊プロレスmobile

どうですか。まだ本人が見てないっていうのが面白いでしょう

» www.sportsclick.jp

 この映画、公開はこのタイミングですけど、2年前に完成してますからね。映画祭も含めて何度も見る機会があったはずなんです。しかも主演俳優ですよ。普通は、色々気になって当たり前。「苦楽をともにしたあの監督が、どう俺を料理してくれてるんだ、なあ、おい。ンムフフフ!」と、手ぐすね引いて完成待ってたっておかしくない。

 それを、まだ見ていない、と。

 まあ確かに手術したり、いろいろな事業に目移りしてたりとか、いろいろあったのかもしれませんが、舞台挨拶でいきなり言わなくても、ねえ…。しかも「面白いでしょう」と笑わせるのだからタチが悪い。申し訳ない気持ち、ゼロですよ。

 これには動揺を隠せない辻監督。

週刊プロレスmobile

見てないんですか!?

衝撃でしたよ。見てないって(苦笑)

今日は見ますか?

» www.sportsclick.jp

 辻監督のバンプのとりっぷりに、猪木、痛みを感じたのかもしれません。

 みんながみんな、猪木のようなアイアンハートでは無いと悟ったのかもしれません。

 精一杯の社交辞令を返します。

週刊プロレスmobile

今日あたり、見ますよ。

» www.sportsclick.jp

 根が正直なんでしょうかね。

 今日、今から見るとは言わない。今日「あたり」。

 「あたり」は、普通、もうちょっと先の話につけるものでしょう。先のことはちょっと分からないから「あたり」をつけて曖昧に言う。それが、普通の使い方。今まっただ中にいる「今日」のことなんですから、見る気があるならはっきり言うべき。それで丸く収まります。

週刊プロレスmobile

(見るのは)劇場で。やっぱり映画は劇場のほうがいいよね。

» www.sportsclick.jp

 そのとおり。だから、今これから見るといえばいいんです。それで辻監督も溜飲が下がるし、少なからずいたであろう猪木ファンも、「猪木さんと一緒に見られるなんて光栄!」と喜ぶはずです。

週刊プロレスmobile

まあね、(映画の内容は)だいたいわかってますよ。全体のね。どういう編集したかわからないんだけどね。

» www.sportsclick.jp

 最後は「見なくてもほとんど分かってるんだよ。ごちゃごちゃ言うな」とも聞こえる発言で、今日見ることへの言及を避けたアントン。「あたり」とか「だいたい」とか大雑把すぎ。

 

 で、「実際、この映画どうなの?」と評判を調べてみると、サムライの新日本中継でお馴染みの清野さんがさっそくご覧になった様子。素敵な感想をツイートしてましたので、紹介して終わりにしたいと思います。

KIYONO SHIGEKI (kiyoana) on Twitter

猪木さんの映画を見た。不覚にも魔性のスリーパーで堕ちてしまった…

» twitter.com

 さすが言葉を生業にする清野さん、マイルドなアレですね。

 まあこういうのは実際見てみないと分かりませんから…、是非みなさんも劇場で。アントンと一緒に見られるチャンスかもしれませんよ。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

映画『ACACIA』(アカシア) オフィシャルサイト(重すぎ)

YouTube - 映画『ACACIA アカシア』予告編(心ゆくまで寝たうえで、見に行きたい気も…)

『ACACIA』名子役が引き出したアントニオ猪木の名演技に中山美穂も大泣き!(MOVIE Collection[ムビコレ]) - エキサイトニュース(なにぃ、中山さんが大泣きとな)

YouTube - 1986.9.1 中山美穂 - JINGI愛してもらいます(やはり生歌唱には問題が…。でもこの曲好きよ。ていうか石野真子は何を持ってるんだ?)

YouTube - 中山美穂 / WAKU WAKUさせて (1986) 高画質版(若いんだろうに貫禄があります。昔のスターってみんなそうね)

 やっぱ86年あたりが一番かなぁ(なんの話だ)

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 中邑人気も凄いけど、永田さん人気も熱い! 右サイドバーで「NOAH10周年」「浜肉体改造」「澤田対戦相手」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。

« 新日本・スーパージュニアの決勝トーナメント進出者決定。NOAH・石森太二の野望は、進行中?(10/06/13 No.2) | トップページ | NOAH・秋山準、三沢光晴メモリアルマッチを終え、心境の変化? 過去の発言も撤回か(10/06/13 No.4) »

スポーツ」カテゴリの記事

メディア」カテゴリの記事

コメント

 はじめてコメントさせていただきます。まずは猪木さんのキラーっぷりが最高で大笑い。それと中邑選手に投票しました。新日本にあってノアにないもの・・・の答えが真輔だと思います・・・杉浦選手やKENTA選手にあの空気はないですから。では、ごきげんよう・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/48618052

この記事へのトラックバック一覧です: アントニオ猪木、初主演映画「アカシア」舞台挨拶で人の心の痛みを知る。ただし、反省はせず(10/06/13 No.3):

« 新日本・スーパージュニアの決勝トーナメント進出者決定。NOAH・石森太二の野望は、進行中?(10/06/13 No.2) | トップページ | NOAH・秋山準、三沢光晴メモリアルマッチを終え、心境の変化? 過去の発言も撤回か(10/06/13 No.4) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート