« 2010年6月14日 | トップページ | 2010年6月16日 »

2010年6月15日の4件の記事

2010-06-15

あのコ(NOAH・丸藤正道&仲田GM)、ぼく(澤田敦士)が乱入決めたらどんな顔するだろう(10/06/15 No.4)

 13日のNOAH有明大会、澤田敦士の乱入騒動はありませんでしたね。僕は、ここが一つのターニングポイントだと思ってました。今後を占う重要な局面だと思っていました。ここで乱入するようだと、NOAH参戦は無いだろうなと。澤田は、本当に単なる嫌がらせでやってたんだなと。そう、確信したと思います。

 なにしろあの日は、三沢さんの一周忌興行。いくらNOAHが、「昔のNOAHとは違う!門戸開放だ!」とアピールしていても、そんな場で揉め事起こされたら本当に許さないでしょう。

 選手関係者の内心としては当然そうのはず。また、三沢さんの未亡人や、三沢さん個人の後援者がそのさまを見たらどんな思いをするか、容易に想像がつきます。そんな話には乗らないのが、三沢さんが慈しんだNOAHだと思う。だから澤田が本気でやりたいなら、やはり躊躇するのではないかと考えます。

 ただ、「今後について検討するから待っていろ」と言われ、このままおとなしく待っている澤田だとも思えません。それなら、最初からあんな強引な手段はとらないはず。

 また、黙って待っていれば事態は悪化するだけ、という特殊事情もあります。黙っていたわずか数日で、小川は仲田GMにケンカふっかけるし、猪木は空気を読まずにNOAHに頭を下げてこいと豪語する。こんな爆弾2発を身内に抱えていたら、自分が爆弾になった方がまだマシ。自分の力で玉砕した方が悔いも残らない、となります。そう考えるのが必然じゃないでしょうか。

 ていうか、もしも僕が澤田だったら(イヤな前提ですが…)そうします。

 できることなら、まさに今、今日これから、NOAHの中枢がある場所に乱入するでしょう。

プロレス・格闘技専門ch FIGHTING TV サムライ

ファイティング・ニュース Sアリーナ

2010年6月15日(火)号

試合映像や記者会見などマット界の最新情報を夜10時から生放送!注目の選手も生出演!<特集>三沢光晴さん一周忌追悼週間

<出演予定>

●MC/三田佐代子(古舘プロジェクト)

●ゲスト/丸藤正道、仲田龍GM(NOAH)

» www.samurai-tv.com

 不倶戴天の敵が2人、確実にそこにいるわけですからね。ていうか、澤田のプロレス大賞新人賞受賞に強硬に反対した三田さんも敵と考えれば、3人ですよ。これは普通に考えたら行くタイミングです。

 そもそもこの日って当初の予定だと、違うゲスト構成だったんですよね。丸藤は単独で(佐久間さんがサポート役)水曜日、潮崎が火曜日というラインアップでした。それが予定を変更して、入れ替わり。しかも丸藤のパートナーに仲田GMを追加というおまけつき。

 丸藤だけ出したらどんな「間違い」発言が出るか分かったもんじゃないと思ってのお目付役登板かしら、とか、色々妄想が渦巻いてくるわけですが、澤田の立場的には、「おあつらえむきの状態になった」というだけのことです。

 追悼特集の現場だから…という蹉跌も考えられます。しかし多くの人が関わっている興行ではないから、ギリギリ絶縁宣言まではされないと踏めなくもない。また、仲田GMは、自身も真壁刀義出演のSアリーナに乱入したことがありましたからね。堂々と、そんな反則をやってのけたことがあるんです。それで、澤田が乱入したら、自分のことは棚に上げて大激怒とはいけないでしょう。

 「仲田龍くん! 返事がないからまた来たよ!」とあのときの仲田節を真似しながらヌケヌケと出ていけば、二人の怒りを買うことは必至。生放送中の番組でエキサイトさせ「やってやるよ!」の言質を取れば、それは確実に既成事実になります。してやったりという展開です。

 やっぱり、僕だったら、ここで行くなぁ。書いてくうちに予想外に盛り上がってきました(おい)

 まあ、澤田がSアリを見ていないであろうこと、万が一スタジオまで来ても普通のDQNだと思われてセキュリティの砦に入場を許されないであろうこと、この2つの厚い壁の存在から、実際は何も起こらないものと思われますが(すいません、最後まで何もない話で)。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

YouTube - 岡村靖幸-あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう(岡村ちゃん…)

 今やってるSアリ三沢さん追悼週間、懐かし映像満載で面白いです。素敵な三田さんも当然出演。見られる環境の方は是非。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「知名度ダントツ」は小川さんの専売特許なんで許してあげてください! 右サイドバーで「NOAH10周年」「浜肉体改造」「澤田対戦相手」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は澤田対戦相手アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

新日本・6人タッグトーナメント参戦の ”はぐれNOAH軍団” 、コメントも ”はぐれ” らしく(10/06/15 No.3)

 新日本プロレスが6月28日から開催する、6人タッグトーナメント「J SPORTS CROWN」。そこに参戦する本田、志賀、橋の元NOAH勢3人が合同練習を行いました。場所は本田と橋が指導を行っているスポーツジム。約1時間。

 練習後、3人はコメントを残しています。

週刊プロレスmobile  橋のコメント

練習生時代に殺されかけたので、そのトラウマが一瞬甦った。

» www.sportsclick.jp

 1時間くらいの練習でこのコメントもいかがなものかと思いますが、先日の三沢さん一周忌興行ではめざましい活躍をしたと評判の橋ですから、ブラフなのかもしれません。

プロレス/格闘技DX 橋のコメント

志賀さんには名門・仙台一高出身の頭脳、本田さんには雑学王、そして「アマレスの神様」と呼ばれる頭脳、そして僕には堅い頭がある。”頭”の使い方は三者三様(略)

» web.peex.jp

 って、やっぱ微妙なコメントに不安になるかも。

 オチの「堅い」誤植がまた痛い。まあ、橋のせいじゃないですが…。

 また、今後の継続参戦について問われた本田が

週刊プロレスmobile  本田のコメント

数字だけの結果だけではなくて、新しいものが見えてくるかもしれないし、もう一回やってやろうという元気が沸いてきたらいいし。これだけでシュンとなっちゃうようじゃいけない。

» www.sportsclick.jp

 あたかも負けを覚悟しているかのようなコメントなのも気になります。シュンとなるような状況、考えたら負けです。せめて「俺達が優勝したら、新日本も使わざるを得ないだろうよ」くらいのことでも言えばいいのに…。

プロレス/格闘技DX 本田のコメント

今、新日本の現場のトップにあたる永田や中西なんかは、私と同じ時期にアマレスでオリンピックを目指した仲。中西とはイランでのアジア選手権で同じ部屋でしたからね。それが今でも同じくプロレスをやり続けている。(リングの上で遭遇することで)今の自分を確認してみたい。

» web.peex.jp

 この発言にしたって、もっとアマレスの実績の差をアピールしたっていいと思います。オリンピック3度出場なんて破格の実績なんですから。イッツトゥルー、イッツトゥルー言えとは言いませんが、もうちょっと貪欲に行けばいいのに。

 こういうきまじめさが、かつてのはぐれ国際軍団の長、ラッシャー木村さんに通底する気がしないでもありません。

 まあこれで「実は試合になったらメチャクチャ凄いんです」的なあり方も、個性的でいいとは思いますが。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

新日本で、今度こそ正調”はぐれNOAH軍団”結成の予感。3人とも、耐えて燃えろ!(10/05/29 No.1)(今は耐えて燃えるための雌伏の時か)

はぐれNOAH軍団不発(1.31新日本有明大会を観て思うこと)(10/01/31 第3位)(このときのような失敗はしないでほしいところ)

 志賀ちゃん、コメントも目立ってない…。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 右サイドバーで「NOAH10周年」「浜肉体改造」「澤田対戦相手」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は澤田対戦相手アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

三沢イズム、アメリカに…”MISAWA DOJO” 設立へ、と東スポが報じる(10/06/15 No.2)

 世界のレジェンド・ハーリー・レイスさんとNOAHの関係は有名ですね。GHCの管理委員にも、まだレイスさんが就いていたりするのかもしれません。

 そのレイスさんの主宰する団体WLWも、NOAHのファンにはお馴染みのところでしょう。選手を派遣されたり派遣したりといった交流が、それなりにありましたよね。

 その交流が、強化されることが明らかになりました。

東京スポーツ(紙面) 仲田GMのコメント

 ミズーリ州エルドンにハリー・レイスのジムがあるんですが、本格的にノアとして手伝いに行こうと思ってます。ウチの選手が米国に行ってた時は、毎週水曜日に教えていたことがあるんですが、これを拡大しようってことです。

» www.tokyo-sports.co.jp

 長期的に、頻度もあげて所属選手を派遣し、選手の育成に努めるのだとか。

 10月4日からは森嶋が”道場長”として派遣されること既に決定済み。

東京スポーツ(紙面) 森嶋のコメント

 (ROH世界王者の)クロフネ時代は日本と米国を行き来して、長期滞在はできなかった。俺を派遣してくれるなら光栄。腰を据えてやりたい。ノアのプロレスを日本のプロレスとして(米国に)広めたい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 日程まで決まってるなんて、もう結構具体的な話なんですね。

 潮崎も乗り気です。

東京スポーツ(紙面) 潮崎のコメント

 三沢さんとタッグを組んだ期間は短かったけど、学んだことはたくさんある。それを米国に広められれば。

» www.tokyo-sports.co.jp

 今後、潮崎も"道場長”になるんでしょうか。

 これをもって東スポは「米国で10月指導 MISAWA DOJO」と見出しをうって、プロレス面トップで報じています。

 ただ、丸藤のトーンが実際のところを示しているのだとは思います。

東京スポーツ(紙面) 丸藤のコメント

 集まっている選手たちはアメリカンプロレスと日本のスタイルの違いもちゃんと分かってないけど、僕らのスタイルに興味があるなら何でも教えたい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 全面的にNOAHカラーを打ち出して選手を指導していこうというわけではないのでしょう。過去の延長線上というか、NOAH選手の長期アメリカ遠征時に、特別コーチとして、これまでより高い頻度で指導する、というレベルの話なんだと思います。森嶋の10月4日からというそれも、アメリカ遠征の予定日なんでしょうね。

 でも、決して悪い話じゃないですよね。選手との接触が増えるとなれば、日本向けの外国人を発掘できる可能性も高まります。個性派外国人は決して興行のマイナスにならないですから、今後の興行の充実が期待できます。また、嘘から出た誠じゃないですけど、NOAH選手の指導方法を、MISAWA DOJO、MISAWA DOJOと呼び続ければ、三沢さんの偉大な名前がアメリカでも語り継がれることになります。

 是非、そうなってほしいと思います。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

Harley Race Wrestling Academy(いわゆるWLW道場のホームページ。この外観写真が記事にも使われていて、「既にNOAHの看板も設置された」と記述されています。ただ、こういう態だったかどうか覚えてないのですが、昔からNOAHのロゴ使われてませんでしたっけ?)

 寝過ごしました。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 TAJIRIと小川良成、結構いいかもしれませんね。ていうか、TAJIRIはかつてNOAH(と思われる団体を)揶揄してたことがあった気がするので、対立概念としていい気がするのです。右サイドバーで「NOAH10周年」「浜肉体改造」「澤田対戦相手」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は澤田対戦相手アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

全日本プロレス・浜亮太の肉体改造問題に迫る! (ただし傍証のみ活用) (10/06/15 No.1)

 現在、右サイドバーで絶賛実施中の浜ちゃん肉体改造アンケート、かなりキツイ物言いがありますね。ヨハネスブルクの裏通りもかくや、という独特のムードが漂います。三冠王座を落としたことから、もう少し温かい言葉が出てくるものと思ってたんですが…。

 「長いものには巻かれろ」が座右銘のレスログゆえ、ここで浜ちゃん批判に迎合することもできます。でも、目標に向かって努力している人間なら報われてほしい。頑張っている人がいるなら、応援したいんです。

 だから、まずは、浜ちゃんの本気度を確かめたい。本当に肉体改造にやる気があるのか見極めたい。批判をするなら、それからでも遅くないでしょう。

 ということで、何か浜ちゃんの努力のほどが分かるものがないかしらと、色々ネットを漁っていたところ、ようやく見つけました。日曜日に更新されたカズ・ハヤシの日記(プロ格DX)です。

 懇意の会社の社員旅行に同行することとなった、全日本プロレス若手軍団の話です。

プロレス/格闘技DX カズ・ハヤシの日記

(観光バスの後部サロン席に)参加者の諏訪魔、、近ちゃん、KAI、大和、自分とMさんが座り楽しくおしゃべりしながら目的地の尾瀬に向けて出発!

» web.peex.jp

 単なる観光旅行の話がなんの参考になるんだ、などと言ってはいけません。

 紙誌面を飾る練習風景なんて、極論言うと、その場だけ取り繕えばいいんですからね。

 かつてケガ明け復帰間近だったドラゴンが、興行開始前のリング(武道館だったかな)で写真撮影用の練習を数分だけしているのを目撃したことがあります。その模様がゴングだったかに「復帰を控え最終調整に余念のないドラゴン」的な記事として載ったとき、汚れちまった悲しみを感じた経験が、僕にはあります。

 こういう、気の抜けがちな観光旅行時の様子にこそ、浜ちゃんの日ごろの姿勢が出てくるというもの。そういう意味で今回の日記は、検証価値があるのです。

プロレス/格闘技DX カズ・ハヤシの日記

尾瀬の旅館についたのが9時過ぎ。

みんなは尾瀬に歩きに行きました。

自分は先シリーズに足を怪我していて(略)、観光組!

他には浜ちゃんと近ちゃんも観光組。

» web.peex.jp

 っていきなりの難問ですね…。

 表層だけ見れば、浜ちゃんはウォーキングをスルーしています。カズのような怪我があるわけでもなさそうなのに…。肉体改造に、消極的に、見えないこともない。

 だけど、考えてもみましょう。

 カズも近藤も、そのフィジカルの素晴らしさに定評のある選手です。そういう選手が観光しているタイミングなんですから、これも一つの正解な気がするんですよね。オンオフの切り替えっていうんですか。そういうものって、ありますよね。

 筋肉つけるのだって、ひたすらウエイトやってればいいわけじゃない。適切な休養を取ることで、超回復が起こり筋肉が増える。そういうメカニズムがあるのです。

 そういった肉体改造のコツを、2人を真似することにより会得しようとしてるのかもしれませんよ。なにごとも模倣から始めて、自分というものに開眼、成果を出していくもの。成功者2人の模倣から始めれば、もう肉体改造は成功したも同然。ハロー効果だなんだと言うひと、黙りなさい。

プロレス/格闘技DX カズ・ハヤシの日記

宴会では、いつもの浜ちゃんの暴走が始まりカラオケが止まらない。

» web.peex.jp

 おそらくこんな感じの光景(歌ってるっぽいですよね。閲覧注意)だったのでしょうが、これは浜ちゃん流のトレーニングに違いありません。あの体で熱唱すればかなりの熱量を消費するはずですからね。楽しそうにしながらも、心では泣いていますよ。

プロレス/格闘技DX カズ・ハヤシの日記

うるさかったけど美味しい料理に満足!

なんてったって山菜料理がたくさんあったからね。

» web.peex.jp

 食事も山菜料理中心のヘルシーメニュー。栄養管理も万全。「自分は、カレーにするっス」なんてキレンジャーみたいなことも言ってないでしょう。カズが書いてないですし。

 …なんだか、肉体改造も成功しそうなムードですね!

 宴会が明けた翌日。

 それぞれの過ごし方。

プロレス/格闘技DX カズ・ハヤシの日記

次の日、近ちゃん、KAI、大和、自分は昼からパーソナルトレーナーの勉強会がある為、早めに帰らせていただきました。みんなは、観光に出かけたみたいです。

» web.peex.jp

 …ゴメン、浜ちゃん。もうこれ以上フォロー思いつきませんです…。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

I'm here ! カズ・ハヤシのブログ(尾瀬旅行についても、書かれてますね。ていうか、会社の社員旅行に同行ってどういうシチュエーション?)

浜亮太の三冠王座戴冠ってどうですか? (浜ちゃん三冠戴冠時のアンケート結果)

全日本・浜亮太、曙支配からの完全卒業へ…(10/06/10 No.1)(肉体改造問題、そもそもの発端)

 浜ちゃんは、浜ちゃんであるのが一番ですね!(分かったような分かんないような結論)

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 まあ、みなさん、そんな剛速球ばかり投げずに。右サイドバーで「NOAH10周年」「浜肉体改造」「澤田対戦相手」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は澤田対戦相手アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

« 2010年6月14日 | トップページ | 2010年6月16日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート