« 2010年6月24日 | トップページ | 2010年6月26日 »

2010年6月25日の3件の記事

2010-06-25

【一難去って…】NOAHの事務所にまた闖入者。仲田GM、アレな団体から丸藤正道派遣を要請される(10/06/25 No.3)

 NOAHの事務所にもセコムが必要なんでしょうか。澤田敦士に続いて、またも闖入者が登場です。

 といってもこちらは社交的。

 新宿伊勢丹の高級弁当(賄賂)を携えて有明登場は、IWAジャパン・浅野社長。仲田GM相手に、7.11新宿大会のグレート・タケル対戦相手派遣要請です。

 誰でも狙いは一緒なんでしょうかね。派遣選手第一希望は、丸藤正道。今年のプロレス大賞MVP最右翼の男です。だからこその高級弁当です。

 しかし、交渉第1Rは、

東京スポーツ(紙面) 浅野社長のコメント

 何よ、このドブネズミは…。(派遣選手は)イケメンでマッチョじゃなきゃダメよ、龍ちゃん。チェンジ!

» www.tokyo-sports.co.jp

 すぐに暗礁に乗り上げます。

 浅野社長の怒りが爆発です。

 諸々の事情を勘案し、仲田GMが派遣を決定したのが平柳玄蕃。あの、ちょっとクールな(寒々しい)悪童です。ニヤケ顔写真を見た社長の怒りに、同情できる部分もあります。しかし、勝手に写真を出された平柳にとっては、無情のチェンジ宣言。

 業界広しといえど、仲田GMを ”ポン引き” 扱いできるのは浅野社長だけでしょう。

 困惑の仲田GF(ゴッドファーザー)。

 一計を案じます。

 交換条件を提案し、石森の派遣を提案です。

 そして、こういうときは ”ゲンナマ” を見せた方が早いとばかりに、ホー(石森)を呼び込みます。

 何故か上半身裸で登場の石森の体を、べたべた触りながら、浅野社長歓喜。

東京スポーツ(紙面) 浅野社長のコメント

 いい男ねえ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 丸藤とまではいきませんでしたが、スーパージュニアで名をあげた石森で妥結(そんな理由で納得したわけではなさそうですが)。

 交渉成立です。

 交換条件については紙面を御確認いただきたいのですが、明らかな安売り。タダみたいなもん。澤田のときとはえらい違いです。

 あるいは、タフネゴシエーター、浅野社長だからできた匠の技なのかもしれませんけどね。

 そこらへんを澤田は見習うべきなのかもしれません。浅野流交渉術をマスターし、バックにIGFマネー(?)があれば、丸藤の再派遣も十分ありえるし、自身の参戦くらいならもっと簡単なのかもしれません。

 そうとなれば善は急げ!

 まずは、オネエ言葉と定食屋の開店からスタートです。

 定食屋の名物オヤジ(オネエ)とか、結構はまり役かもしれませんし。遠回りに見えることが、一番近道だったりするんですよ(また適当)。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

チャールズ・ライト (プロレスラー) - Wikipedia(ゴッドファーザーとホーの詳細はこちらから。僕が大好きなキャラクター)

 浅野社長が石森の体を触りまくっているのを、遠巻きに眺めるしかない仲田GMの写真が紙面を飾っています。こんな仲田GM見たことない。やはり浅野社長は神ですね。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 右サイドバーで「小橋の復帰戦相手」「6.19新日本大阪大会」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。NOAH10周年アンケートは終了しました。ありがとうございました。伏兵が目立ちすぎ…。

 

NOAHのプリンス・潮崎豪、ご乱心か(10/06/25 No.2)

 NOAH7.10有明大会で実現する潮崎豪VS棚橋弘至、2度目のシングルマッチ。棚橋は絶対的な自信を持っているようですが、潮崎だって負ける気はありません。

東京スポーツ(紙面) 潮崎のコメント

 1月4日に負けて、ずっと追い続けてきた。自分の中ではガケっぷちなんで、負けることは考えてない。

» www.tokyo-sports.co.jp

 確かにガケっぷち。節目試合での敗戦が目立つ潮崎ですが、もう「欠場明けだからしょうがない…」という時期ではなくなってきています。ましてや対抗戦同一相手に連敗となれば、後藤のように ”地獄を見た” 状態になります。

 なにより、潮崎にも棚橋同様 ”夢” があるので、負けられません。

東京スポーツ(紙面) 潮崎のコメント

 (19日大阪の)IWGP戦では真壁刀義に負けたけど、あっちの団体にはまだまだ面白いことがあるなと思った。悪いけど、棚橋弘至を利用させてもらって、もう一度、向こうのリングに乗り込みたい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 棚橋戦勝利をステップボードに、 ”新日” 本格参戦を目論む潮崎。

 確かに新日本にはバラエティ感あふれるヘビー級戦線があります。過日潮崎が参戦した6.19大阪大会は、かなりのベスト興行でしたから、そこで思いを新たにしたのかもしれません。NOAHにはいないタイプの綺羅星達が、勢揃いしている、と。

 真壁、棚橋…それから…

東京スポーツ(紙面) 

 (潮崎は)具体的に中邑真輔、中西学、永田裕志、後藤洋央紀、飯塚高史ら新日主力勢の名前を挙げ

» www.tokyo-sports.co.jp

 明らかにひとり異彩を放っている御仁がいます。こういうときに相応しくない名前といいますか…。周囲は困惑でしょう。

東京スポーツ(紙面) 潮崎のコメント

 G1や何とかカップでも優勝している選手たちばかりなんで、そういう選手と肌を合わせてみたい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 確かに永田さんとのタッグでG1タッグリーグを制したこともある飯塚ですが、そこを拾う? そりゃあNOAHにはいないタイプでしょうけど…。

東京スポーツ(紙面) 

 今年の夏は自分を鍛えたいと思っている。暑い夏になれ!

» www.tokyo-sports.co.jp

 ケイオスの面々に囲まれれば、さぞや暑苦しい夏になるとは思います。ていうか、誰か乱心王子の誤解をといてあげて。ロクな目に合わないよ、と…。ていうか、何をどう誤解しているのかからして、さっぱり分かりませんが。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

2010年06月23日 | 棚橋、潮崎との一騎打ちは「負ける要素が一コも見当たらない」/7月10日ノア10周年記念興行会見 | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-(こちらにも)

飯塚高史「アイアンフィンガー」ストラップ | 闘魂SHOP -商品情報-(こんなグッズも出るくらいだから一流選手に違いないというアレなんでしょうか)

 まあ面白い顔合わせになるとは思いますが。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 右サイドバーで「小橋の復帰戦相手」「6.19新日本大阪大会」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。NOAH10周年アンケートは終了しました。ありがとうございました。伏兵が目立ちすぎ…。

衝撃! 新日本・棚橋弘至、まだホニャララを諦めていなかった(10/06/25 No.1)

 7.10NOAH有明大会で潮崎とのシングル戦が決定した棚橋。潮崎戦に絶対的な自信を持っています。

東京スポーツ(紙面) 棚橋のコメント

 (連勝することで)トドメを刺したい。負ける要素は一つも見あたらないっす。

» www.tokyo-sports.co.jp

 潮崎には1.4東京ドームで既に勝利しています。しかも潮崎、ケガからの復帰後、丸藤戦、真壁戦と目立つ試合で連敗しています。棚橋が大いなる自信を持つのもやむをえないところ…なんでしょうかね。

東京スポーツ(紙面) 棚橋のコメント

 勝ったらそりゃGHCですよ。すべて取りますよ。7.10に勝てば、50手先まで読めてきますね。

 (記念大会は)3大会あるんですよね? 棚橋標準に合わせてもらいますよ。G1前に勲章欲しいっすねえ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 ”NOAHのエース” と持ち上げている潮崎に勝てば、当然GHCの挑戦権が回ってくるだろう。しかも現王者の杉浦には去年の札幌大会で勝っているし、と。そんな青写真でしょうか。

 G1前の記念大会で欲しいとなれば、7.24大阪大会しかありません。棚橋の照準はそこに定まっています。大阪でGHC戴冠、その勢いでG1制覇、そして獲得した挑戦権でIWGP戴冠。夢のトリプルクラウン独占が視野に入っているということです。これまでの低速運転から、突然のトップギア。焦りすぎな感もありますが、何か理由でも?

東京スポーツ(紙面) 棚橋のコメント

 2年連続MVP、あきらめてませんから。上半期はエースにしちゃ低空飛行だったし…。GHC、IWGPの2つを取ればビッグカムバックでしょ。ハハッ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 なんとびっくり。まだプロレス大賞MVPを諦めてなかったんですね。矢野との髪切りマッチシリーズに終始し、傍流ロードを歩み続けていた上半期でしたから、すっかりそんなことは諦めているのかと思いました。今のところ獲得ポイント2くらいだと思われますが…。あるいはanan登場もMVP獲得のポイントだと思っているのかもしれません。

 まあ棚橋が輝いていないと画竜点睛を欠く新日マットですから、奮起するのはいいこと。頑張ってほしい。ただ、焦りで足元を救われないようにしないといけませんよ。敵地での闘いですしね。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

2010年06月23日 | 棚橋、潮崎との一騎打ちは「負ける要素が一コも見当たらない」/7月10日ノア10周年記念興行会見 | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-(今回の棚橋はかなり辛らつ)

 寝過ごしましたね。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 右サイドバーで「小橋の復帰戦相手」「6.19新日本大阪大会」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。NOAH10周年アンケートは終了しました。ありがとうございました。伏兵が目立ちすぎ…。

« 2010年6月24日 | トップページ | 2010年6月26日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート