« 2010年6月28日 | トップページ | 2010年6月30日 »

2010年6月29日の3件の記事

2010-06-29

三冠王者・鈴木みのる、今度は闇討ちを受ける…(10/06/29 No.3)

 先日の山梨大会リング上、背後から、河野の襲撃を受けた鈴木みのる。今度は、試合後、花道奥の暗がりから登場の河野に襲われました。河野の行動、まさに ”闇討ち” 。連夜のテロ行為です。

 エルボーやらニーリフトやらで失神状態に追い込まれた鈴木は、覚醒後、当然のように荒れます。

プロレス/格闘技DX 

しばしして起き上がった鈴木は鬼の形相で付近にいた中之上の胸ぐらをつかみ、「お前か!? お前か!?」と迫る。大和が制止に入っても「お前か!?」と叫ぶやいなや、顔面にパンチを叩き込む。倒れ込んだ大和の背中を蹴りつけ、中之上にはヒザ蹴りを見舞うなど荒れまくった。

» web.peex.jp

 相変わらずの ”若手いじめ” です。これ自体を楽しみにしてそうな感じの。

 更には取材陣にも危害を加える鈴木。

プロレス/格闘技DX 

バックステージに戻っても取材陣の胸ぐらをつかみ「誰がやったんだ? 言ってみろ!」と迫る。”実行犯” が河野と知らされると、扉を思い切り蹴飛ばして控室へと消えた。

» web.peex.jp

 ていうか、山梨大会のときから誰も河野の犯行だったことを教えてなかったんでしょうか。マスコミはあんま関わりたくないでしょうからしょうがないといえばしょうがないんですけど、それこそ超党派の仲間あたりは何をやっていたんだという話。

 もの凄く好意的に見れば、曙とケアには言語の壁があるという見方もできますが、船木なら普通にコミュニケーションがとれるはず。「河野が狙ってる。気を付けないと再起不能」とかね。誰が実行犯か教えていれば、2度目の惨劇は防げたはず。

 これは、寄せ集め集団・超党派軍にすきま風ととらえるべきなんでしょうかね。船木がブードゥー入りに傾いている証左なのか…。もし、そうであればゆゆしき事態です。

 てまあ、「仮に誰かから聞いていても聞かぬふりして若手をいたぶりたいというアレ」さんに全部ですが。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

 連日のやっつけです。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 そう。今のテーマ曲です。右サイドバーで「NOAH7.10有明」「新日本&NOAH選手のテーマ曲」「小橋の復帰戦相手」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日、小橋復帰戦相手アンケート最終日、駆け込み投票大歓迎です。

新日本の幻のキン肉マン ・平田淳嗣、かなりのキン肉マンリスペクトぶり(??)を披露する(10/06/29 No.2)

 新日本の平田さんと言えば、ご存知スーパーストロングマシンの中の人! なんて野暮な話は言いっこなしにしましょうか。いわゆる謎のマスクマン ”キン肉マン” になる予定だった人としても知られてますよね(もっと野暮)。

 ホント、それで再デビューしていれば、間違いなくマシンよりも話題になったんでしょうが、権利者の了承を得ていなかったことからクレームがつき、御破算になってしまった(と言われている)んですよね。今目線で考えれば、そんなプランニングありかよと思う暴走ぶり。まあ、最近もYou Tube公式チャンネルの選手テーマ曲で著作権がうんちゃらなんて話もあったみたいですから、案外そんなものなのかもしれません。

 さて、ドタバタに巻き込まれた(と言われている)平田さんですが、その因縁からでしょうか、2010年の今になって実に”キン肉マンワールド” チックな発言を披露しています。

 先日ジャイアント・バーナードとともにIWGPタッグを取ったカール・アンダーソンを、褒め称えての話。

新日本プロレスオフィシャル携帯サイト 平田淳嗣の日記「お前、平田だろ!?」

前にもアンダーソン選手の成長ぶりに触れたことがありますが、この短期間で更に巧さ、強さが増しています。この選手も100年に1人の逸材なのか?

» www.njpw.co.jp

 前段、まずはちょっと僕らも嬉しくなりますよね。

 アンダーソンの軌跡を見続けているファンならば、ずっと、いつかは報われてほしいと思っていたはず。栄光無きまま、決して主役になれない中、それでも前を向いてきた選手です。”100年に1人” とはやや過剰な物言いかもしれませんが、元ネタの人も、過剰な話を言い続けて定着させたのですから、アリといえばアリでしょう。

 そして問題の後段。

新日本プロレスオフィシャル携帯サイト 平田淳嗣の日記「お前、平田だろ!?」

棚橋弘至選手と合わせて200年でこの2人が逸材になると言うなれば、次は300年後だ。

» www.njpw.co.jp

 原文ママです。

 いわゆる「お前を上回る1200万パワーだーッ!」リスペクト発言ですよ。ウォーズマンがベアクローを両手(2倍)にはめて、2倍の高さにジャンプ、3倍の速さで回転して、100万パワーが1200万パワーになる、あの摩訶不思議算にほかなりません。ズバリ言って理屈に合わなそうといいますか。

 100年に1度が今既に2人いるから、既に200年分は消費済み、だから3人目はそれプラス100年の300年を費やさないと出てこない、という計算? ちょっとモヤモヤ感が。棚橋以前の100年はどう扱うかとか、もうちょっと何かありそうな感じも。やはり理屈でなく、体に流れるキン肉マンの血が言わせてるんでしょうね(流れてません)。

 他にも潮崎の仮面ライダー好きっぷりなんかも教えてくれる、素敵情報満載の平田さん日記。詳細は新日本プロレス携帯サイトをご覧下さい。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

平田淳嗣 - Wikipedia(基本として)

【キン肉マン】ウォーズマン1200万パワーの矛盾に関して - アニメ - 教えて!goo(考えさせられます)

 そもそも100年に一人が同時に現れるのは10000年に一度の快挙? とかそういうアプローチの方がいいのでは、と思いつつ、これも理屈に合わないなというモヤモヤが…。ハマってしまってどうにも前に進みません。根っからの文系なもんで…。助けてください。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 引導を渡すとなれば、やはり潮崎なんでしょうかね。右サイドバーで「NOAH7.10有明」「新日本&NOAH選手のテーマ曲」「小橋の復帰戦相手」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日、小橋復帰戦相手アンケート最終日、駆け込み投票大歓迎です。

NOAH、7.24大阪大会での丸藤・青木 VS 中邑・外道を発表。だが、ちょっと待ってほしい! (10/06/29 No.1)

 昨日、NOAHが7.24大阪大会の追加カードを発表しました。

 丸藤・青木 VS 中邑・外道の対抗戦タッグマッチ。

 刺激的ではあります。

 きけば、前日の丸藤発言「中邑と闘いたい」を元に、このカードが組まれたとのこと。確かに副社長が一言もの言えば、その影響力は絶大。自身の階級を顧みず、横車を押すようなカード編成だって可能でしょう。

 でも、丸藤が望んでいたのは、本当に中邑戦なんでしょうか。今まで全く接点の無かった二人なのに、突然そう言い出すのも不自然な話です。正直、その発言自体、ガセネタである可能性も否定できない。東スポに載った話らしいですしね…。

 疑問が浮かんだら、眉に唾して即検証。ちょっと原典にあたってみましょう。

東京スポーツ(紙面) 丸藤のコメント

 俺は新日本にあれだけ貢献したんだし、せっかくだからこのままで終わらせたくない。『対新日』の延長として、俺がやったことのない相手と絡んでみたい。特にヘビーとかね。

» www.tokyo-sports.co.jp

 まあ、あっておかしくない発言です。NOAHマットではジュニアとヘビーの狭間で、巧みに立場を変えるジョーカー的存在の丸藤。新日本で、ヘビー級戦線に絡みたいと思ったっておかしくない。ていうか、書きながら思い出しましたが、真壁に挑戦してもいいという発言が過去ありましたね。新日本ヘビー級戦線に色気があること、これはまず間違いないでしょう。

東京スポーツ(紙面) 丸藤のコメント

 (絡むのは)刺激的なヤツがいい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 はい、相手の第一ヒント、まず来ました。

 色々な解釈がありますが、ギラギラしたヤツがいいんでしょう。触る者みな傷つけそうな中邑は、もちろんこの要件を満たしている。真壁もそうでしょう。チャラチャラの棚橋や、すぐに地獄を見てしまう後藤は予選落ち。永田さんは既に秋山とのタッグ戦が決定済み。あとは………ギラギラしたアイテムを持ってる人間は、予選を通過します。

東京スポーツ(紙面) 丸藤のコメント

 一人だけ、新日本で我が道を行こうとしてるヤツがいるだろう。

» www.tokyo-sports.co.jp

 中邑説、確かに有力。真壁は、現在チャンピオンとして、好むと好まざるとに関わらず新日本の王道を歩んでいる。我が道とは言い切れませんね。ここで脱落。

 あと、ギラギラアイテムの人は、動くものを見れば入場順路なんかお構い無し、即突進していくマイロードを持っています。

東京スポーツ(紙面) 丸藤のコメント

 俺は青木篤志と組むと言ってからちゃんと組んでなかったから、2人でその刺激的なヤツを迎え撃ちたい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 出ました! 飯塚高史に決定です!

 第2ヒントまでで、中邑と飯塚に絞られていたわけですが、青木篤志の名前が出て来たらやはりこの人。間違いないでしょう。

 青木篤志。青き篤いこころざし。思い切って英訳すれば、ブルージャスティスにほかなりません。

 ブルージャスティスといえば、飯塚さんが泥沼の抗争を繰り広げてきたライバルの一人。ドッグカラーチェーンデスマッチという最終手段まで持ち出す必要があった、あの強敵。

 その名前を想起させる手駒を巧みに使い、飯塚を挑発するその匠。丸藤正道の天才ぶりが光ります。「な なんだってぇ!!」と驚嘆の声をあげるガヤの声がきこえてきますが、天才の決めたことです、無視されるしかないはず。

 問題は、何故これが中邑という誤報になり、カード発表までされてしまったのか。その一点に絞られますね。あるいは反目の噂もある仲田GMが裏で糸を引いているのか…。色々考えられる仮説はありますが、病院からのお迎えがきましたので、今日のところはこのへんで。

 

▼7.24大阪大会ではなく、7.10有明大会の話になりますが、アンケートにご協力ください。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

なんだってーAA 28種(どいつもこいつも天才ですね)

NOAH・丸藤正道の第二次ヘビー級大戦終戦…(10/04/16 No.1)(僕、ずっと前から中邑VS丸藤が見たかったんです、な佐藤藍子さん的エントリー)

 しかし、丸藤・青木VS中邑・外道、実にいいカードです。孤高の天才同士がいよいよ対峙する。ゾクゾクします。二人の緩衝材に、外道を入れるのもまたグッド。正直、有明よりも、まだ3試合しか発表されていない大阪の方に心惹かれるものがあります。最近、大阪がうらやましい。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 右サイドバーで「NOAH7.10有明」「新日本&NOAH選手のテーマ曲」「小橋の復帰戦相手」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日、小橋復帰戦相手アンケート最終日、駆け込み投票大歓迎です。

« 2010年6月28日 | トップページ | 2010年6月30日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート