« NOAH ”旗揚げ記念日” 興行は、伝説マッチの再現。10周年記念興行を前に、田上明社長が動き出す(10/06/13 No.1) | トップページ | アントニオ猪木、初主演映画「アカシア」舞台挨拶で人の心の痛みを知る。ただし、反省はせず(10/06/13 No.3) »

2010-06-13

新日本・スーパージュニアの決勝トーナメント進出者決定。NOAH・石森太二の野望は、進行中?(10/06/13 No.2)

 新日本のベスト・オブ・ザ・スーパージュニア予選リーグが、全戦終了。本日後楽園で開催される決勝トーナメント進出者と、準決勝カードが確定しました。

 AブロックからはトップでDDT・飯伏、次いで新日本・デヴィットが勝ち上がり。

 BブロックからはトップでNOAH・石森、次いで新日本・田口が勝ち上がり。

 綺麗に、外敵・2、新日本アポロ55・2に分かれる形での勝ち上がりと、あいなりました。

 準決勝は、1位通過者と別ブロック2位通過者が闘うルールになっていることから、

 飯伏VS田口

 石森VSデヴィット

 が、確定カード。

 これにより、石森の野望はいまだ進行中ということになります。

東京スポーツ(紙面) 石森のコメント

 いつまでも同じメンバーで(決勝)やっててもダメだし、そうならないと面白くないでしょう。

» www.tokyo-sports.co.jp

 昨日の京都大会を前に、こう語っていた石森。

 新日本選手不在の決勝を、野望として掲げています。

 となると石森意中の対戦相手は、結果として飯伏ということになります。いや、結果としてではなく、当初からそうであったのかもしれません。

東京スポーツ(紙面) 石森のコメント

 向こう(Aブロック)では僕の予想通り飯伏幸太が首位みたいなんで、決勝でリベンジしたい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 去年の4月、幻の「飯伏VS丸藤」が組まれていたDDT後楽園大会。丸藤の負傷により代替選手として出場した石森は、飯伏に苦杯を飲まされています。そのリベンジを、この晴れ舞台で行いたいというのが石森の思いです。

 もちろん飯伏もこれには異論がないところでしょう。飯伏とてNOAHのジュニアタッグリーグ戦に丸藤とのタッグで参加し、決勝でKENTA&石森組と対戦。結果として力及ばず、ビッグタイトルを奪取することができませんでした。

 お互い、闘う理由があります。

 また今の新日本ジュニアには、そんな展開があってもおかしくない危うさもあります。

 丸藤に蹂躙し尽くされ、焼け野原になった世界は、腕っ節の強さだけがものを言う世界。他団体だから優勝できない、他団体同士の決勝はありえない、という秩序は既に通用しないと言っていいでしょう。また、そうであってほしいという気持ちが個人的にはあります。墜ちるなら、墜ちるところまで墜ちて、辛酸をなめ尽くして、そこから新日本ジュニアは復活してほしい、個人的にはそう思っています。もう、今が底だと言える状態な気もしますが…。

東京スポーツ(紙面) 石森のコメント

 全部横取りしますよ。せっかく他団体のリーグ戦に出てるんだから、GHCにもつなげられるようにしたい

» www.tokyo-sports.co.jp

 今日、石森(そして飯伏)が、どこまで新日本のアンシャン・レジュームを崩せるのか、注目したいところです。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

スーパージュニア星取り表@新日本オフィシャル(リンク作成時点では完成してませんね)

6.12新日本京都大会結果@新日本オフィシャル(これで上の表を補完。しかしライガーはアレな負け方してますね)

09.04.05 飯伏VS石森 詳報@スポナビ(石森、飯伏の得意な路上でリベンジでもいいと言ってたんですね。それも見たいかも)

07.07.15 KENTA・石森VS丸藤・飯伏 詳報@スポナビ(素晴らしい試合だった)

DDT・飯伏幸太、NOAH・丸藤正道討ちを決意! IWGPジュニア王座 ”奪還” を宣言(10/06/02 No.3)(幻の飯伏VS丸藤に幻想を抱く飯伏。ってDDTの両国でやるみたいね)

 ちなみに優勝した場合は、ノアで丸藤に挑戦したいと語っている石森。KENTAに「他団体専門」的なことをアジられるのをおそれているんでしょうか。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 やっぱ雅央は平柳の次ですよね。右サイドバーで「NOAH10周年」「浜肉体改造」「澤田対戦相手」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。

« NOAH ”旗揚げ記念日” 興行は、伝説マッチの再現。10周年記念興行を前に、田上明社長が動き出す(10/06/13 No.1) | トップページ | アントニオ猪木、初主演映画「アカシア」舞台挨拶で人の心の痛みを知る。ただし、反省はせず(10/06/13 No.3) »

DDT」カテゴリの記事

NOAH」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

新日本」カテゴリの記事

飯伏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/48612852

この記事へのトラックバック一覧です: 新日本・スーパージュニアの決勝トーナメント進出者決定。NOAH・石森太二の野望は、進行中?(10/06/13 No.2):

« NOAH ”旗揚げ記念日” 興行は、伝説マッチの再現。10周年記念興行を前に、田上明社長が動き出す(10/06/13 No.1) | トップページ | アントニオ猪木、初主演映画「アカシア」舞台挨拶で人の心の痛みを知る。ただし、反省はせず(10/06/13 No.3) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート