« アントニオ猪木、初主演映画「アカシア」舞台挨拶で人の心の痛みを知る。ただし、反省はせず(10/06/13 No.3) | トップページ | 新日本・棚橋弘至、髪切り魔・矢野通とのおしゃべり対決に完敗(10/06/14 No.1) »

2010-06-13

NOAH・秋山準、三沢光晴メモリアルマッチを終え、心境の変化? 過去の発言も撤回か(10/06/13 No.4)

 ディファで行われた三沢光晴さん一周忌興行、そのメインで行われた「三沢光晴メモリアルマッチ」秋山・小川VS丸藤・潮崎の一戦は、潮崎が小川を豪腕ラリアットでねじ伏せて勝利。21分34秒の熱戦に、幕を閉じました。

 きもち、ハッピーエンドと言っていいんでしょうかね。ある意味今年一番注目されて然るべき、一番意味のある興行で、新世代組が勝利したのですから。三沢さんのメモリアルデイに、三沢さんのリング上の後継者と目される潮崎豪が、世代交代を印象づける一戦を制したのですから。

 この結末に大きな意味を見いだす人は、多いんじゃないでしょうか。潮崎のパートナー・丸藤も、試合後、意味のある勝利だと語っていました。

 とはいえ、それに黙っていない男もいます。

プロレス/格闘技DX 秋山のコメント

僕は若いやつらの最後の砦になるように(頑張る)。あんまり砦が安っぽかったら、伸びるやつも伸びないと思うんで頑張ります。

» web.peex.jp

 秋山準です。

 試合後、「三沢さんが安心して休めるように若いヤツらがどんどん出て来てほしい」と語っていたところを、記者にとらえられ、「若い選手だけでなく秋山さんもでは」と投げかけられたときに出た言葉が、上のもの。

 秋山がこれを言うということに、大きな意味があると感じます。

 最近の秋山は、ガチガチのアンチ世代闘争派。自分たちも世代超えなんかできなかった、世代は直接超えるもものではなく同世代同士の闘いから自然と上の世代を超えていくものだ、そもそももう上の世代はバチバチした試合なんかできない、と頑なにコメントしていた男です。コメントの端々から(状況的にしかたない部分があるとはいえ)自分のことで精一杯的ムードが漂っていた男です。

 その秋山がこの発言。

 三沢さんの一周忌興行を終えて、期するものがあったんでしょうか。あるいはこの日の丸藤と潮崎が秋山の心に火をつけたんでしょうか。グローバルリーグを決勝まで闘い抜き、杉浦と久々の大勝負をやってのけ、自信を取り戻したということも影響しているかもしれません。

 しかし、いずれの理由にしろ、秋山に火が点いたのは歓迎すべきこと。若い世代が本当に世代交代を果たしたというためには、やはり現行世代からの直接勝利を重ねていくのが一番の王道。高い壁となった秋山が、若い世代と闘っていくことには大きな価値があるのです。

 かてて加えていうならば、リング上の闘い模様に芯ができるという点でも大きな意味があるかもしれません。現在、右サイドバーで実施しているNOAH10周年大会アンケートで、

「その他」 : 他団体より、自前の名物カードづくりを!

 という意見がありましたが、これは一理あります。いいときの全日本との比較ばかりしがちな僕ら世代のファンなんですが、やはり鶴田軍対超世代軍のような、闘いの軸というか、名物カード的な試合があると興行に熱が出て来ます。会場に活気が戻る気がします。世代闘争は、そういう闘いの軸の一候補になるかもしれません。

 ハッキリ言ってあの人は逃げていたよ、なんて言いません。こういう前言撤回なら大歓迎。秋山の奮起に期待したいところです。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE [ツアー詳細][2010年6月13日][Return to Port'10](本日の試合結果@NOAHオフィシャル)

6.13NOAH有明大会詳報 @スポナビ(情報解禁後詳細が記述される予定)

秋山・小川VS丸藤・潮崎 詳報@スポナビ(こちらも情報解禁後詳細が記述される予定)

NOAH・秋山、(僕的に)気になる発言(10/02/13 第1位)(秋山のかなり本音度の高そうなインタビューについてのエントリー。世代闘争なんて意味ない的発言、ここに極まれりでした)

 田上の試合後コメントも、(僕的には)いい感じ。機会があればそれも。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「ボーダーレスに高山&中邑VS杉浦&真壁なんていかがですか?」。これいい組み合わせですね。ほのかに実現可能性がありそうなところもまたいい感じ。勉強になりました。右サイドバーで「NOAH10周年」「浜肉体改造」「澤田対戦相手」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。

« アントニオ猪木、初主演映画「アカシア」舞台挨拶で人の心の痛みを知る。ただし、反省はせず(10/06/13 No.3) | トップページ | 新日本・棚橋弘至、髪切り魔・矢野通とのおしゃべり対決に完敗(10/06/14 No.1) »

NOAH」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/48622883

この記事へのトラックバック一覧です: NOAH・秋山準、三沢光晴メモリアルマッチを終え、心境の変化? 過去の発言も撤回か(10/06/13 No.4):

« アントニオ猪木、初主演映画「アカシア」舞台挨拶で人の心の痛みを知る。ただし、反省はせず(10/06/13 No.3) | トップページ | 新日本・棚橋弘至、髪切り魔・矢野通とのおしゃべり対決に完敗(10/06/14 No.1) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート