« NOAHの ”ミスター社交辞令” ・丸藤正道、金丸義信相手では大苦戦(10/06/26 No.4) | トップページ | ブードゥーマーダーズ・TARU、全日本・船木誠勝についてかなりの理解。されどエコには理解不足(10/06/27 No.2) »

2010-06-27

帝王・高山善廣、”超絶対王者” 襲名宣言。杉浦貴の次は小橋健太の首を(10/06/27 No.1)

 7.10有明大会で、王者・杉浦とGHC戦を闘う高山善廣。調印式会見では、チャンピオンが口で闘うことを拒んだことから、なかば独壇場の記者会見を行うこととなりました。

 その最高潮はこちら。

東京スポーツ(紙面) 高山のコメント

 GHCのヘビーを取った俺が、そこからIWGP、NWF、3冠を取った。これ(今回のGHC戴冠)がまた、初めの一歩になるかもな。でも、あの時は、一度も防衛できなかったから、次は防衛を続ける。俺様が「超絶対王者」になって、小橋建太の記録を抜く。

» www.tokyo-sports.co.jp

 グランドスラム2周目も視野に入れた、”超絶対王者” 襲名宣言です。

 これは、グローバルリーグを制した直後のSアリで言っていたことより、話がエスカレートしています。あのときは2代目絶対王者襲名という話でしたが、今度はそれを超える称号! 超絶対王者!

 ”超” と ”絶対” の屋上屋を架す感が、実に中二病っぽい称号ですが、ウルトラセブンが大好きな、キレイな中二病で鳴らす高山ですから(なんだそれ)、当たり前といえば当たり前。

 「光速の異名を持ち重力を操る高貴なる女剣士」ほど重病ではないのですから、ありといえばありの範疇でしょう。杉浦を倒し、防衛を重ねていけば、そう呼ぶことやぶさかではありません。ちょっと恥ずかしいですけど…。

 更に、欲しいのは称号だけでなかったことも判明しています。

東京スポーツ(紙面) 高山のコメント

 超絶対王者として小橋建太の復帰を待つ。結婚ご祝儀のラリアートで倒してやる。ガッハッハ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 小橋の決め技・豪腕ラリアットを強奪する気満々です。超絶対王者として、超豪腕ラリアットを超披露し、無印の本家を超粉砕、超天下に名を轟かそうという発言です。とにかく凄いことです。

 とはいえ、これは額面どおりに受け止めるべきではないのでしょう。小橋のプロレス復帰を待望する、エールと捉えるべきかもしれません。リング外の話題で巷を賑わせているけど、リング上で闘える日も待っている、そのときは俺が相手をするという激励でしょう。

 突然真面目な話をしますが、僕は、この顔合わせがまた見たいです。

 去年の末から欠場し、復帰の目処が立たない小橋。いや、欠場前から小橋の体はリングに立つような状態ではなかったかもしれません。そもそも大きく遡ってガン手術の前から、往年の小橋の動きが出来ていませんでした。現在右サイドバーで実施中の小橋復帰戦アンケートでも、もう休んでほしい、ゆるい試合だけやってほしい、という声が散見されます。その気持ちよく理解できますし、そう思う僕もいます。そういうことをこの場で書いたこともあります。

 ただ、去年の9月、三沢さん追悼興行を控えた後楽園大会。高山と小橋がリング上で力強く握手し、追悼興行でのタッグ結成を決定づけたあの瞬間。小橋がボロボロで動けないのは分かっているし、高山に往時の迫力が(当時は)無いのが分かっているのになお、心が動きました。胸が熱くなりました。うまく説明できませんが、あの2人にしかつくれない空気があるのだと改めて感じました。ああいうドキドキをまた感じてみたい。小橋のめでたい話題が出て祝賀ムードが漂う今になって、そういう思いもまた否定できないんですよね。小橋の奇跡の復活も含め、夢を見てみたいんです。それが結果として、残酷な現実を示すとしても。夢を見たくてプロレスを見続けているのだから。我ながら、無責任なファンの思いだとは思いますが…。

▼新日本とNOAHのテーマ曲についてのアンケートにご協力ください。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

 ちょっと勢いに身をまかせ過ぎました。まあ、このまま。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「大事な仕事の日の朝はこれを聴きながら出勤してます」分かります分かります。そんな曲です。右サイドバーで「新日本&NOAH選手のテーマ曲」「小橋の復帰戦相手」「6.19新日本大阪大会」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。明日は6.19新日本大阪大会アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

« NOAHの ”ミスター社交辞令” ・丸藤正道、金丸義信相手では大苦戦(10/06/26 No.4) | トップページ | ブードゥーマーダーズ・TARU、全日本・船木誠勝についてかなりの理解。されどエコには理解不足(10/06/27 No.2) »

NOAH」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

最近このブログを知り、楽しく読ませていただいております。男性/滋賀/30代です。。

小橋復帰投票で「ジレンマ」コメントをしましたが、企画への苦言のつもりじゃありませんよ。念のため。
ノアファンなんですけど、何と言うか、小橋選手には相反する希望がありまして。
ひとつは、投票コメントどおり、どうか自愛して休んで欲しい。
もうひとつは、プロレスファンの夢想でもある「不死身の超人の体現」を目撃すること。。
おっしゃるような、休んでほしいけど夢も見たい、ご都合主義なファン心理が僕にもあるんです。

故・三沢さんもそうですけど、『そこまでしなくてもいいじゃないか』と『立つ以上は不死身の超人であってくれ』という二律背反にハラハラしながら、リング上の姿に泣かされてしまいます。
ですけど、そこに男のロマンや意地や矜持を求めてしまうじゃないですか(←勝手)
日本男児ですもの、不断の意志とか不屈の勇姿とか、歯を食いしばって踏ん張り乗り越える打ち克つ姿「かっこいい男の精神論」は何歳になっても憧れの対象ですから。
「少年の心」は老いない秘訣であり、大人の男の魅力とも言いますし。。

プロレスファンとしては、いつまでも憧れた格好良いままのレスラーでいて欲しい。
弱々しく衰えた姿は見たくないのに、リングに立ってくれるだけでも嬉しい。
その姿だけで、『明日もがんばろう』と思ってしまう自分のようなファンがいるから、頑張らせてしまうのではないかというのがジレンマだけど、それを言ったら夢が見れない。
こんなこんなでモヤモヤしているんですよ。
まあ、きっと大人の思慮と少年心の葛藤みたいなのが交錯した意地を通して、「プロレスラー小橋建太」を本人の夢とプロレス大好き心で続けていると、勝手に妄想している次第です。

とにかく、『小橋選手おめでとう!』という主旨は共感しますし、往時に心を躍らせた思い出の名選手の姿を見るだけでやっぱりワクワクしてしまいます。
純粋に熱い少年心でプロレス観戦を楽しみたい今日この頃ですね。

レスログさんのこれからの記事も楽しみにしていますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/48727222

この記事へのトラックバック一覧です: 帝王・高山善廣、”超絶対王者” 襲名宣言。杉浦貴の次は小橋健太の首を(10/06/27 No.1):

« NOAHの ”ミスター社交辞令” ・丸藤正道、金丸義信相手では大苦戦(10/06/26 No.4) | トップページ | ブードゥーマーダーズ・TARU、全日本・船木誠勝についてかなりの理解。されどエコには理解不足(10/06/27 No.2) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート