« 2010年7月4日 | トップページ | 2010年7月6日 »

2010年7月5日の3件の記事

2010-07-05

さくら、ゴメン! おんな巌流島 高橋奈苗 VS さくらえみ、ホントに巌流島ルールで行われていた!(10/07/05 No.3)

 疑った僕が浅はかでした。

 7月2日、イサミレッスルアリーナで行われた19時女子プロレス、”おんな巌流島” 高橋奈苗VSさくらえみについては、「路上で遭ったら即ゴング、リング関係無しルールで行われる」との東スポ報道を全く無視した、普通のノーピープルマッチで行われているように見えました。場外戦こそあったものの、レッスルアリーナ内で完結しているように見えました。

 これについて当blogでは、さくらが自らこのルールを辞退したのではないかと推理(妄想)。ある理由により、試合が成立しないのではないかと危惧したさくらが、自ら当該ルールを封印したのではないかと書きました。

 しかし、リングでの試合前、ユーストリーム中継で前説が行われている間に、本当に路上で試合が行われていたようなんです。もしそれが事実であるなら、そこから中継して然るべきではあるんですが…まあ、技術的問題が何かあったのでしょう。そうに決まっています。日本のクオリティーペーパー・東スポ様が、巌流島ルールで闘ったその様を報じているのですから。

東京スポーツ(紙面)

 試合開始時刻の午後7時になっても、高橋は会場に姿を見せない。実はJR西川口駅に到着していたが、高橋は「腹が減ってはイクサはできないって言うでしょ」と駅前でハンバーガー25個にシェーク7個を購入する始末。

» www.tokyo-sports.co.jp

 予告どおりJR西川口駅付近で腹ごしらえを始めた奈苗。東スポにその証拠写真が掲載されているので真実です。間違いない。

 対するさくらも、東スポ既報のとおりJR蕨駅からスタート。

 ほどなくして会場に着くと、そこで停止です。

 出会ったところで闘うルールですが、さすがにネット中継もあるということで会場付近で待つことにしたのでしょう。今思えばここが勝負の分かれ目。宮本武蔵になるはずが、佐々木小次郎になってしまいました。昭和巌流島で言えばマサ斎藤です。焦りがさくらを支配します。

 30分経過後、ハンバーガーを食べながら重役出勤の奈苗に、さくら当然いきり立ちます。いてもたってもいられず襲撃! 奈苗が口からハンバーガーを離さず迎え撃っている写真が動かぬ証拠! そして魂の叫びです。

東京スポーツ(紙面) さくらえみの叫び 

 私がダイエット中だっていうのに!

» www.tokyo-sports.co.jp

 遅れて来たことには怒らない、否、怒れない。天に唾することだから。あの北海道悠々旅行を否定することになるから。

 この発言ロジック、捏造では表現できません。実際観たものだけが書ける真実の言葉。

 リアル巌流島ルールの闘いは本当にあったのです。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

Togetter - まとめ「6.28 ZERO1新木場大会ツイットマッチ」(これを読まないとちょっと今回の話が分からないかも。ていうか、「急いで間に合うなら、急いでるよ!このガキが!!!」、心に染みる名言です。是非完読することをお薦めします)

おんな巌流島 高橋奈苗 VS さくらえみ、19時女子プロレスで実現。普通にいい試合だったけれど…(10/07/02 No.4)(こちらを読んだだけでもなんとかわかるかも)

 よくもまあ。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 やはり焦点は2位争いですかね。右サイドバーで「上半期MVP」「6月印象に残ったこと」「NOAH7.10有明」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。明日は「NOAH7.10有明」アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

新日本プロレスの ”R指定のスーパースター” ・真壁刀義、また問題発言? (10/07/05 No.2)

 角海老固めなる新技を予告したこともある”R指定の男” 真壁刀義が、次期IWGP挑戦者・中邑真輔に新しいニックネームをつけました。

新日本プロレスオフィシャル携帯サイト 真壁のコメント

オイ! あのフニャチンチャレンジャー(中邑)に言っとけよ、この野郎。

» www.njpw.co.jp

 これまたダイレクト…と眉をひそめる善男善女もおられることかと存じます。

 だがちょっと待って欲しい。

 たとえ、直近でつけたニックネームが ”ヒザ小僧” という、ダイレクト(かつキングコングニーを使う自分に戻ってくるブーメランのよう)なアレだったとしても、今回もダイレクトだと考えるのは時期尚早。

 中邑といえば、ふにゃふにゃマイク。何言ってるかよくわからないことがある。これは、真壁が常々指摘してきたこと。

 くわえて、かつて真壁がよく好んでいた言葉、ウ○コチ○チ○。これで中邑を罵倒したことも数知れず。

 この「ふにゃふにゃマイク」と「ウ○コチ○チ○」を合体させると、フニャチンレスラーになりはしないでしょうか。中邑に対してつけすぎたニックネームの合理化、仕分け作業の結果がこれだとすれば、真壁の姿勢も見上げたもの。言いっぱなしにしないそのアティテュード、どこかの政権にも見習ってほしいところ!

新日本プロレスオフィシャル携帯サイト 真壁のコメント

テメエはその程度の欲望で、この俺を上回ることが出来るわけねえだろうよ

(略)

(前哨戦は)テメエがいかに俺を惚れさせるかっていう段階なんだよ。

» www.njpw.co.jp

 え~、やっぱそのものの意味みたいです。なんか発言全体ギラギラしてるし。ていうか、誰か婚活成功させてあげてください。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

 しかし、ウ○コチ○チ○は伏せ字にして、今度のはそのままってどういう基準なの、新日本オフィシャル。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 是非、後輩さんに真壁を紹介してあげてください! 右サイドバーで「上半期MVP」「6月印象に残ったこと」「NOAH7.10有明」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。明日は「NOAH7.10有明」アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

鈴木みのる、全日本・河野真幸を降し三冠防衛。世代闘争終結宣言。次の狙いは他団体?猪木超え?(10/07/05 No.1)

 昨日の大阪大会で河野真幸を降し、三冠防衛を果たした鈴木みのる。25分19秒レフェリーストップという終わり方自体はややすっきりしないものの、”本人いわく” 5%の力しか出しておらず、また印象的に河野が勝つかも…というシーンも見られなかったことから、実際は力の差を見せつけた格好と言っていいでしょう。

 これにより鈴木は世代闘争終結を宣言。

プロレス/格闘技DX 鈴木のコメント

世代闘争終わりだろ、これで。たった2ヶ月3ヶ月前に諏訪魔も倒した。真田もつい先日倒した。豚野郎も倒したし、今日はヌボーッとしたマッチ棒も倒したぞ。終わりだろ。

» web.peex.jp

 確か5月に鈴木からふっかけたケンカだった気もしますが、随分あっさりしたものです。

 ただし、条件付きで世代闘争を続けてもいい様子。

プロレス/格闘技DX 鈴木のコメント

僕らタッグなら負けません? 今日負けたじゃねえか。次は3対3か、4対4か? 1対4なら勝てんのか? じゃあ1対4でやってやるよ。それ面白いな。次の三冠戦、1対4でやってやってもいいよ。小さい頃見たことあるぞ、そういうの。その親父は負けたけど、俺は負けねえぞ。

» web.peex.jp

 猪木VSはぐれ国際軍団1対3ハンディキャップマッチを超える1対4戦を行い、しかも勝利で終えてみせると豪語する鈴木。間接的な猪木超え狙い。新世代軍が、こんな物言いをされて黙っていられるのかどうか、注目されるところです。

 このプランはともかくとして、もう一つ気になる発言も。

プロレス/格闘技DX 鈴木のコメント

全日本と関係ねぇけど、俺の昔からの連れが俺と同じように過酷なリーグ戦勝ち上がって似たような違う世界の違うベルトを手にしようとしてる。俺の方がオマエより先行ってるから、悔しかったら獲ってみろ。ねぇ、高山君。

» web.peex.jp

 これまで高山の方から、鈴木と闘いたい旨のコメントが出ることはありましたが、今度は鈴木の方からの発言。闘いたい、とまでは踏み込んでないいものの、試合後コメントというオフィシャルに準ずるようなところでエールを送るのですから、ちょっと意味ありげ。超党派軍内部を除けば団体内に敵無しという状況なら、なおのこと気になるところ。ビッグマッチも近づいていますしね…。

 まあ、もう一人、この男の存在も忘れてはいけないわけなのですが。

プロレス/格闘技DX 鈴木のコメント

(リング上、武藤の名前を出したが)俺は関係ねえって顔して座ってんじゃねぇよ。何でもいいよ。今の戦い見て何感じるんだ。隠居か、それとも俺が怖くて逃げたいか。若造に力貸すか、俺らの傘下に入るか。知りたかったからどうだって聞いたんだ。

» web.peex.jp

 この日、TARUにドラゴンスクリューを決めるデモンストレーションを敢行した武藤は、8月両国大会の復帰を目指して調整中です。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

7.4全日本・大阪大会詳報 @スポナビ(テレビで見た感じ、お客さんの入りがちょっと寂しくて残念でした)

 澤田敦士が、猪木さんの名前を出したとか言って全日本におしかけるかどうか注目ですね。名前出してないけど。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 右サイドバーで「上半期MVP」「6月印象に残ったこと」「NOAH7.10有明」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。明日は「NOAH7.10有明」アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

« 2010年7月4日 | トップページ | 2010年7月6日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート