« 2010年7月5日 | トップページ | 2010年7月7日 »

2010年7月6日の3件の記事

2010-07-06

全日本プロレスの ”ジャックナイフ” ・近藤修司、やはり、触る者みな傷つける男(10/07/06 No.3)

 キャプテン髪切りマッチでの敗戦による大和ヒロシの坊主化で、心機一転善人ぶり(?)を見せた近藤修司。このままダークサイドを抜け出すのかと思えば、さにあらず。

 相変わらずのジャックナイフぶりです。

プロレス/格闘技DX 大和ヒロシの日記

ただ髪の毛は…やっぱりショックです(泣)。

(略)

しかし唯一、良いこともあります。髪を切られて丸坊主になってから、近藤さんが凄く優しいんですね。

先日も、

「こんな頭になっちゃって可哀想にな~。そんな可哀想な大和の為の『大和基金』に協力してやるから元気出せよな~」と、励ましてくださいました。

» web.peex.jp

 ここまではいい話で、僕も失礼ですけど軽くビックリしたんですが、

プロレス/格闘技DX 大和ヒロシの日記

…ですが近藤さん、お気持ちは嬉しいのですが、そこは募金箱ではなくて『頭の傷を縫った痕』です。いくら小銭をグリグリしても、お金は入んないですから(苦笑)。

» web.peex.jp

 自分がとられて人が髪切られるってショックなんだなぁ、とか言っていたあのツイートが嘘のようです。

 また自身の日記でも、その刃を見せつけるのにためらうことなし。浜をいたぶる逸話も、息でもするように自然放出です。

プロレス/格闘技DX 近藤修司の日記

負けて沈んだ時に癒しになるのが浜だ。

○○○○○○○○○○○のを恥ずかしがったり、諏訪魔にキレてもらうドッキリなんかした時の浜の顔なんて最高に癒される。

» web.peex.jp

 僕も初めて自主規制の伏せ字をしました。いたたまれなくて。このあと、名古屋で負けた浜が号泣してるさまをケータイカメラで撮りまくったとの記述も。永遠の中高生といいますか。ほんとうに遠巻きに眺めていたい人です。

 ともすれば、後輩ばかりにこの仕打ちか…となりますが、水曜Sアリで司会の渕を生放送中にいじり抜いたのも近藤なんですよね。全方位に斬りつける無差別犯。

 鈴木みのるや船木誠勝とはどんな関係なのか、気になります。一応キャリアが下の曙とかともね。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

近藤修司 - Wikipedia(基本として)

新日本・真壁刀義、伏兵・田中将斗にまさかの不覚。それと同じくらい気になったのが…(10/06/30 No.2)(近藤のヒドい言葉あり)

全日本・渕、生放送中にキレて、自虐発言(10/01/24 第4位)(今気付きました。僕、ここでも伏せ字入れてるんですね。奇しくもこれも近藤の発言ですが…)

 ブードゥー時代は、シャイで口べたそうにも見えたんですがね。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 右サイドバーで「上半期MVP」「6月印象に残ったこと」「NOAH7.10有明」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は「NOAH7.10有明」アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

新日本・真壁刀義、IWGP実行委員会を馴染みのアレ扱い。「(中邑真輔を)チェンジ!」(10/07/06 No.2)

 中邑真輔にとんでもないニックネームをつけて挑発していた、真壁刀義。東スポには更に突っ込んだ話をしています。

東京スポーツ(紙面) 真壁のコメント

 (中邑は)クールを気取ってんだか知らねえが、意地が感じらんねえな。ベルトを取りてえって気持ちが伝わってこねえ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 まあここらへんは新日本オフィシャルと一緒。だから俺を惚れさせてみろってワケなんですよね。

東京スポーツ(紙面) 真壁のコメント

 挑戦させてもらって当たり前と思ってんじゃねえのか。言っとくがテメエの代わりくれぇいるんだぞ。意思表示してるヤツ、いたろ?

» www.tokyo-sports.co.jp

 田中将斗を指していること明らか。6人タッグながら、真壁から直接ピンを取ってるんですよね、田中は。

 だから、田中と闘ったっていいんだぞと。

 むしろ、そっちの方に心奪われちゃってる感じなんでしょうかね。田中勝利には中邑の好アシストがあったのに、そこは敢えて無視してるわけですから。

 ていうか、真壁、たとえ意思表示をしてる選手がいたとしても、決まったカードは覆せませんよ。馴染みのアレ(無いですね、ハイ)じゃないんですから、そうたやすくは ”チェンジ” はできません。それがIWGPです。能動的すぎるIWGP実行委員会だって認めないはず。

東京スポーツ(紙面) 真壁のコメント

 弱点(の左肩)を突くのは勝負じゃ当たり前だ、バーローめ。札幌にたどり着けなくしてやろうか。

» www.tokyo-sports.co.jp

 ってなるほど。

 お咎め無しに堂々と ”チェンジ” する方法があるってわけですね。

 負傷の力皇が ”チェンジ” になったのだから、同じように中邑にだって ”チェンジ” はあり得るのだと。力ずくで ”チェンジ” に追い込むのは可能なんだぞと。

 ただ、このコはそう簡単に帰らないと思いますけどね。

新日本プロレスオフィシャル携帯サイト 中邑のコメント

前哨戦、長いから、ゆっくり(真壁の)ハリボテを剥がしていきましょうか

» www.njpw.co.jp

 既に脱がす気満々ですよ。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

7.4 真壁組VS中邑組 詳報@新日本オフィシャル(試合後コメント、こちらにも)

 2日連続こんなのですいません。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 右サイドバーで「上半期MVP」「6月印象に残ったこと」「NOAH7.10有明」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は「NOAH7.10有明」アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

三冠王者・鈴木みのる、帝王・高山善廣戦はこだわりの ”あの” 会場で(10/07/06 No.1)

 鈴木みのるが三冠選手権V1戦後に、唐突に高山善廣の名前を出したことについては、昨日のエントリーでお知らせしたところですが、東スポではもう一歩踏み込んだ記事になっています。

 鈴木、高山への対戦要求を行っています。

東京スポーツ(紙面) 鈴木のコメント

 そろそろ俺たちの『どっちが強いか選手権』やろうか、高山。骨董品も全部かけちゃえ。好き勝手にやるぞ。悔しかったら勝ち上がって来い。

» www.tokyo-sports.co.jp

 GHCとのダブルタイトル戦だと言わないのが若干気を使ってる感じで、だからこそリアルに響くといいますか。

 しかし次の一言はまたアレなんですよね。

東京スポーツ(紙面) 鈴木のコメント

 新木場で俺たちだけのワンマッチ興行だ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 新木場ってあの新木場ですよ。新木場1stリング。インディー界御用達のパラダイスです。収容人員300人とかの。昔の藤波辰爾VS木村健吾ワンマッチですら後楽園だったのに。

 あの頃の後楽園が今の1stリングだとはちょっと乱暴な気がしないでもないですし、大雑把に言えばプロレス界のツートップと言ってもおかしくない2人の試合には、小さすぎる気がしますが…。

東京スポーツ(紙面) 鈴木のコメント

 この世界のエースは俺だ。俺は(団体に)飼い慣らされたチワワとは違う。どこで闘おうが毎日が生きるか死ぬかだ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 とはいえ、なんで1stリングでと思いますよね。

 で、東スポの解説によってしまうと、フリーの立場からトップに到達した鈴木のこだわりから、ということ。

 なるほど、フリーとして1stリングにも立ったことがある鈴木。「俺は団体の大小に拘らない。おもしれえとこに上がるんだ。強えヤツと闘えれば場所なんてどこだっていいんだよ」というアピールと捉えれば納得できなくもない。三冠やGHCが新木場で争われれば痛快だろう、という悪魔的考えであっても、分からないでもない。

 もっともそこまで言うならイサミレッスルアリーナでUSTREAMマッチとか、行き着くとこまで行っちゃうのも手ですけどね。ライブのお客さんゼロで。さすがに19時女子プロレスじゃちょっと…ってのはあるんでしょうか。

 あるいは、本当に超満員札止めで熱のある会場で、久しぶりに試合がしたいとか…。

 って言ったら失礼ですけど、今の鈴木、やってることに比して、ホントに不遇な気がしてなりません。ついそんな妄想が浮かんでしまうといいますか…。後楽園でだって当然札止めのカードですけどね。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

鈴木みのる、全日本・河野真幸を降し三冠防衛。世代闘争終結宣言。次の狙いは他団体?猪木超え?(10/07/05 No.1)(こちらにも)

三冠王者・鈴木みのる、全日本・真田聖也相手に横綱相撲。試合後コメントも横綱級(10/07/04 No.1)(この試合もホントいい試合でした。あなどれない)

 全日本、なんであんないい選手がいて、あんないい試合して、あんなアトラクティブな試みをしているのに、動員苦戦しちゃうんでしょうか。やっぱ今の時代、団体対抗戦がないと辛いのかしら。

 かくいう僕も日程の都合でなかなか行けてないのですが。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 確かに丸藤、副社長として大きな失点もあったんですよね。それでもこの状態なのだから凄いこと。右サイドバーで「上半期MVP」「6月印象に残ったこと」「NOAH7.10有明」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は「NOAH7.10有明」アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

« 2010年7月5日 | トップページ | 2010年7月7日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート