« 2010年7月7日 | トップページ | 2010年7月9日 »

2010年7月8日の4件の記事

2010-07-08

新日本・CHAOSの知恵袋・外道兄さん、殺戮マシン・飯塚高史の代理人になる(10/07/08 No.4)

 CHAOSのおしゃべりマシーン、外道兄さん。かなり弁が立つ男。リング上みんな日本人なのに、無闇に英語使ってる姿もカッコイイ! 

 そういう雰囲気づくりも含め、スポークスマンには適任の男です。

 そんな外道兄さんですから、CHAOS精鋭陣の信頼も厚い。人の言葉を解さぬ(ように見えてしまう)飯塚さんの代理人にも就任です。

2010年07月08日 | 飯塚が棚橋に“失神決着オンリー”の特殊ルールを要求!!/7月19日札幌大会記者会見 | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

飯塚の代理で要求を持って来たんだよ。札幌の(飯塚VS棚橋の)シングルで、面白いルールでやってやろうかなと思って。“絞め落とされたほうが負け”というルール。リング上で絞め落とされたヤツが負けだよ。

» www.njpw.co.jp

 7.19札幌の棚橋戦を、絞め技フィニッシュ限定マッチにしろと、報道陣にデモンストレーション。

 ”かゆ うま” 以上に長い言葉が無理っぽい飯塚さんには、ちょっとできない大仕事です。

2010年07月08日 | 飯塚が棚橋に“失神決着オンリー”の特殊ルールを要求!!/7月19日札幌大会記者会見 | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

アイツがオカマで、ブルッて『受けねぇ』っつうんならそれでいいけどな。飯塚サイドからの要求だよ

» www.njpw.co.jp

 なんか ”サイド” ってのが気になりますけどね。

 「飯塚」からではなく、「飯塚サイド」から。

 ありていに言えば、消防署 ”の方” から来ましたで消化器売りつける、無法ビジネスに似てなくもない。ちょっと後ろめたい空気のある語感。飯塚本人の積極的な意思ではない匂いも。

 ズバリ外道兄さんの独断で言ってるだけなんじゃないかと…。越権代理といいますか。

 気になったのは僕だけじゃないのかもしれません。報道陣の追及もどことなく厳しい感じ。

2010年07月08日 | 飯塚が棚橋に“失神決着オンリー”の特殊ルールを要求!!/7月19日札幌大会記者会見 | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

--飯塚選手にとって有利すぎるルールなのでは?

» www.njpw.co.jp

 こんなことCHAOSに言ったら、普通食らわされますよ。それでも言いたくなる悪徳ビジネスの匂いがしたのでしょう。

2010年07月08日 | 飯塚が棚橋に“失神決着オンリー”の特殊ルールを要求!!/7月19日札幌大会記者会見 | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

外道「ふざけたこと言ってんじゃねぇよ、この野郎!(苦笑) 誰が有利なルールを提案したんだよ!? (略)」

» www.njpw.co.jp

 YOU!

 ホーガンだったら、そう指さすところ。

 ていうか、このすっとぼけ方がまた怪しい感じ。

2010年07月08日 | 飯塚が棚橋に“失神決着オンリー”の特殊ルールを要求!!/7月19日札幌大会記者会見 | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

--絞め落とす攻撃以外は無効になる?

外道「細かいルールなんかどうでもいいんだよ。ただ、フィニッシュは絞め落としたほうが勝ちだよ」

» www.njpw.co.jp

 論理が荒くなって参りました。

 かつて日テレ「報道特捜プロジェクト」でイマイとバトルを繰り広げていた、架空請求業者のように。

2010年07月08日 | 飯塚が棚橋に“失神決着オンリー”の特殊ルールを要求!!/7月19日札幌大会記者会見 | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-

--それ以外の決着は認めない?

外道「そうだよ。それが要求だよ。あんなワケのわかんない上からブッ飛んでくるようなワン・ツー・スリー(ハイフライフロー)とかじゃねぇ。絞め落としたほうが勝ち。決着はそれだけ。あとはどうでもいい。(略)」

» www.njpw.co.jp

 勢いあまって、自身のフェイバリット ”スーパーフライ” にも唾する発言。これは、やはり準備不足。思いつきの越権代理が裏目に出たということなんでしょうか。

 

 って、まあ、越権代理云々の類ではなく、飯塚さんとのコミュニケーションの困難さが産み落とした悲劇なのかもしれません。明らかに細かいところの調整が難しそうですから。

 「あの外道兄さんを持ってしても、立て板に水といかせない」飯塚さん幻想が高まった。今回の件に関しては、そう捉えるべきなんでしょう。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

2010年07月08日 | 飯塚が棚橋に“失神決着オンリー”の特殊ルールを要求!!/7月19日札幌大会記者会見 | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS- (こちらにも)

報道特捜プロジェクト - Wikipedia(イマイにはハラハラさせられましたよね)

 しかし棚橋、裏街道を歩み続けますね。今年はもうしょうがない?

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 真壁VS中邑、まずは五分五分ですね。右サイドバーで「真壁VS中邑」「上半期MVP」「6月印象に残ったこと」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「NOAH7.10有明」アンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。

NOAH・秋山準、GHC挑戦に名乗り。「俺の最高の時間はもう限られている」。だがしかし…(10/07/08 No.3)

 秋山が、7.10有明決戦を目前にして、団体最高峰への挑戦を口にしました。

 これまで条件つきでのIWGP挑戦を示唆したり、永田とのタッグ結成に意欲を見せたりと、NOAH的には本流から外れたところで気を吐いていた秋山に、どんな心境の変化があったんでしょうか。

東京スポーツ(紙面) 秋山のコメント

 (GHCに)挑戦したい気持ちがある。

 (略)

 若い人だったらチャンスはいくらでもあるけど、俺の場合は最高の時っていうのはそんなにないし、機が熟すのを待っていたらいつになるか分からない

» www.tokyo-sports.co.jp

 やはり、残されている時間が限られているというのは大きいのだと思います。

東京スポーツ(紙面) 秋山のコメント

 もう何回もできるもんじゃないし、GHCは俺の目標だから。

» www.tokyo-sports.co.jp

 限られたチャンスであることを、繰り返し強調する秋山。なんとしてもこのタイミングで挑戦して、ベルトを取りたいということなのでしょう。

 しかし、そういう必死さをアピールしているのに、決戦直前になって言い出した理由を説明して曰く

東京スポーツ(紙面) 秋山のコメント

 杉浦対高山戦が決まってるのに『俺がその次にいく』って言うと、そこに注目が集まるのがイヤだった。でも、もうあと(10日まで)数日だし。

» www.tokyo-sports.co.jp

 なんて余裕も見せてるんですよね。

 その間に誰かが挑戦アピールしてきたらどうするの、といらぬ世話も頭に浮かんできます。タイトル挑戦権はどこの団体でも早いもの勝ちって側面がありますし…。

 ていうか、そもそも、一番上に引用した発言の省略部分には

東京スポーツ(紙面) 秋山のコメント

 誰もいないし、ここだって思ったら俺が手を挙げないと。

» www.tokyo-sports.co.jp

 なんてコメントがあったんですよね。

 誰も挑戦者がいないから挑戦する。最後の最後まで待って、それでも挑戦者がいないからアピールした。そういう格好。

 正直、こんな言葉を秋山に言わせるようじゃ不甲斐ないと言いますか。

 もっと若い選手がドンドン挑戦名乗りをあげるようじゃなきゃ…という気はしますよね。リアルにとらえると。

 秋山じゃちょっとねえ…という話ではなく、姿勢としてね。10周年以降を引っ張っていく選手達が、勢いでベテランに負けてほしくないと言いますか。

 10周年記念3大会に吉江戦以外のテーマがない森嶋あたり、本当は名乗りを上げなきゃいけない気がします。ただでさえ、挑戦してもおかしくないと思える選手が限られている現状なんですし。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

 まあ秋山戴冠なって、若い挑戦者が挑んでいくという構図も面白いでしょうけどね。

 ちなみに秋山がタイトル挑戦するとしたら、大阪はもうカード決まってるから、8月の有明?

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 右サイドバーで「上半期MVP」「6月印象に残ったこと」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「NOAH7.10有明」アンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。

新日本・中邑真輔、真壁刀義のIWGP戦ボイコット発言に少しも慌てず。「俺は別にいいよ」(10/07/08 No.2)

 そう来ましたか。

 6日、7.19札幌の真壁VS中邑IWGP戦に向けての調印式が行われました。

 これまで中邑に厳しい発言を繰り返していたチャンピオンは相変わらずのコメント。

東京スポーツ(紙面) 真壁のコメント

 挑戦決まってるのに、ベルトを取りてえっていう態度、コメントを何も感じねえんだよ。タイトル戦にすべきレスラーかどうかは前哨戦で決まるだろ。何も伝わってこなかったら、試合はやんねーよ。価値のないレスラーならやらねえ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 幻の力皇戦時に続く ”手土産” 要求発言です。熱くさせるような何かを前哨戦で持ってこいと。それがチャレンジャーとしての責務だろうと。

 若き日の週プロ佐藤編集長が聞いたらビックリですよ。手土産はいらないと論戦が始まるところです。ていうか、今風に言ったら茶封筒ですか。

 これに対する、中邑のコメント。

東京スポーツ(紙面) 中邑のコメント

 自分のふがいなさをチャレンジャーのせいにするのはやめろ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 まずは「どっちがフニャララなんだ」というワケですね。リベンジ。何も感じないのはおまえの病気のせいだろうと、そういう姿勢。

東京スポーツ(紙面) 中邑のコメント

 別にオマエからベルトを取らなくたっていいんだよ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 更にボイコット発言に動じる素振りを見せない中邑。別におまえと試合しなくてもいいんだよくらいの発言。ベルトなんかいらない、ともとれる発言。IWGPに思い入れのある中邑らしからぬ言葉です。

 何か思惑があるはず。

東京スポーツ(紙面) 中邑のコメント

 俺はベルトがほしいだけ。田中将斗が先に挑戦したっていい。俺は勝った方とやるし。

» www.tokyo-sports.co.jp

 なるほど。

 真壁は先日、田中将斗と闘いたい的なコメントをしていました。中邑より田中の方がチャレンジャーに相応しいだろうと、中邑を挑発していました。

 ならば望みどおり田中とやれ、と。田中が勝ってチャンピオンになれば、俺からの挑戦を拒みはしないだろう、と。そして、田中なら真壁を討ち損じることもないだろうということです。

東京スポーツ(紙面) 中邑のコメント

 (真壁は調印書に「パニッシャー・ダイス・モーガン」とアンダーテイカーの新日参戦時代の名前をサインしたが)

 俺は本名で書いた。挑戦者は決まってるけど、王者は誰なんだ? もしかしたら田中かもしれないな。

» www.tokyo-sports.co.jp

 これは中邑が一本獲った格好かもしれません。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

2010年07月06日 | 「ベルトがねぇテメーは、単なる中堅レスラー」“暴言三昧”の真壁が“クール”な中邑を大挑発!! | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-(調印式の模様)

2010年07月06日 | フニ○チン! 勘違い! 不感症! IWGP王者・真壁が挑戦者・中邑を徹底的に挑発!!/IWGPヘビー調印式囲み会見(1) | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-(囲み会見の模様)

2010年07月06日 | 「“ハリボテ”を大きくすることに一生懸命にはなれない」中邑はどこまでもクール!!/IWGPヘビー調印式囲み会見(2) | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS-(囲み会見の模様 2)

 ちなみにプロ格DX版での「パニッシャー・ダイス・モーガン」サインに関する中邑コメントは「それが面白いと思っているなら、それはそれでいいんじゃないですか。特に面白いとは思わない」。本当はプロレスファンとして「そういうの俺がやりたかったのに…」と悔しがってるかもしれませんが。

 真壁のコメントは「ふと頭よぎっただけだ」。アンダーテイカーの結婚が気になってたんでしょうか。さすが婚活中。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 右サイドバーで「上半期MVP」「6月印象に残ったこと」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「NOAH7.10有明」アンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。

K-1 WORLD MAX70キロ級8強・佐藤嘉洋、G1クライマックスに興味津々。新日本とK-1の反応は…(10/07/08 No.1)

 一昨日の東スポ一面を華々しく飾った見出し「エース佐藤嘉洋が爆弾要求 新日G1にK-1枠」。

 「いくら煽るにしても体重差ありすぎw どんなフェイク記事w ていうかフェイクにすらなってないww」なんて、下司の勘ぐりをする人も多かったのではないかと思われます。最近の東スポ記事はプロレスに乗っかることが多いけれど、いくらなんでもこれはアレだろう、と。

 それだけ、ファンタジーにしても非現実的すぎる見出し。いかに東スポフェイクが炸裂しているのかが見どころ。そんな第一印象でした。

 しかし、記事を見るとズバリ直球。

東京スポーツ(紙面) 佐藤のコメント

 昔からG1を見てきて、蝶野正洋さんや天山広吉さんの活躍に刺激されてきた。プロレス界最高の大会だと思う。俺もG1に出たい。K-1にも出場枠を用意してほしい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 ね。

 K-1エキシビションをやりたいとか、K-1関係者用の席をつくってほしいとかじゃないですよね。しかもなにげに狼群団ファンだってことで(僕の)好感度アップさせてるし。

東京スポーツ(紙面) 佐藤のコメント

 前に俺が新日を見に行こうと言ったとき、すぐに反応してくれたのが永田選手だった、あれはうれしかった。G1の舞台でぜひ、尊敬する永田選手と戦ってみたい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 そしてターゲットは永田裕志。これもまたある意味好感度アップといいますか(おい)、ツボを押さえているといいますか。

 ていうか、佐藤、永田さんへの挑戦表明2度目。生半可な意思じゃないこと明らかに見えます。

 これに対する新日本。大人の対応。

東京スポーツ(紙面) 新日本幹部のコメント

 G1は11日の発表まで(参加メンバーが)決まらず悩んでいるようなので、ありがたいですね。

» www.tokyo-sports.co.jp

 「東スポ、この忙しいときに余計な話持ってくるな! そもそも本当に本人が言ってんの? 大体いつも(以下略)」くらいのことは思ってるはずですが、スマートに社交辞令。

東京スポーツ(紙面) 新日本幹部のコメント

 曙のように元横綱でありながら経験を積んでいけば(佐藤も)話題性は十分。

(ただしG1の)その時期は(K-1)MAXのトーナメントに専念しないといけない時期では。体重(70キロ)的にはスーパージュニアではないでしょうか

» www.tokyo-sports.co.jp

 最後までそつがないですね。

 一方、K-1谷川EPのコメント。

東京スポーツ(紙面) 谷川EPのコメント

 佐藤君は今年(格闘家として)いい時期に来ている。出していただけるのであれば。

» www.tokyo-sports.co.jp

 まあ谷川EPの東スポコメントも、無法地帯ですからね。追い風参考記録にもならないのですが…。

 しかも

東京スポーツ(紙面) 谷川EPのコメント

 MAXのチャンピオンになってからじゃないと、新日本さんに失礼になりませんかね。

» www.tokyo-sports.co.jp

 なんて言ってるわりにはノリノリで、

東京スポーツ(紙面)

 谷川氏は新日プロとの交渉の席では前IWGPヘビー級王者・中邑真輔を筆頭に棚橋弘至、永田裕志と佐藤を同組にするよう要望するという。

 「中邑選手にはいつまでも格闘技のエッセンスを残しておいてほしいですし、棚橋選手は今のプロレス界の代表、顔ですから。永田選手に関しては、佐藤君との蹴り対決を見てみたい」

» www.tokyo-sports.co.jp

 G1ブロック分けにも干渉し出す始末。

 果たして、このやりとりが何かを生み出すことがあるのか。独特の立ち位置にいる中邑の存在もあるので、心の片隅にだけは留めておきたいと思います。

 

 ていうか「永田さんの名前を軽々しく口に出すな」とこちらの青義軍準構成員の方が立ちはだかる! とかのほうが現実的でしょうかね。

 これまた、階級違いますが。

 そして準優勝だったのが悔しいところですが。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

ZERO1オフィシャルブログ 【ZERO1 NEWS】 powered by ZERO1: 世界ヘビー王者・永田が佐藤塾への入門を推奨!?(1回目の挑戦をいなす永田さん。しかし、青木真也の件といいこの件といい、永田さんばかりがなぜモテる)

 この記事に関しては、本当に各人本人が出したコメントがあるのか、あるとすればどれなのか、それに興味があります。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 後藤はトーナメントを2つ制覇している実績がありますからね。その結果だけみれば資格十分だよなぁ…と入れてみました。実験的試み。右サイドバーで「上半期MVP」「6月印象に残ったこと」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。

« 2010年7月7日 | トップページ | 2010年7月9日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート