« 2010年7月19日 | トップページ | 2010年7月21日 »

2010年7月20日の2件の記事

2010-07-20

新日本・真壁刀義と中邑真輔、二本のレールのように交わらない二人が、レールについて語る(10/07/20 No.2)

 7.19新日本月寒大会で、IWGPリマッチを闘った真壁と中邑。18分15秒、ドラゴンスープレックスホールド。中邑の一方的な猛攻を最後まで凌ぎ切った真壁が、念願のV2を達成しました。博多の不完全勝利のモヤモヤを晴らし、この1年の対戦成績を1勝3敗とする、価値ある勝利です。

 かねてより、プロレス観を筆頭に何から何まで違うと、中邑を評していた真壁は、試合後二人の違いをこんな風に語っています。

新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -試合結果- 真壁のコメント

キツかったな……。アイツももう引けねぇだろ? 正直、“私闘”だよな? どっちか潰れるまでやる、“私闘”だよ。最後の差? 会社にレール敷かれたヤローとよ、レールを作る材料からよ、自分で選ばなきゃいけなかった人間との違いだよ。

» www.njpw.co.jp

 うまいこと言いますよね。確かに真壁には、自分のことをそう語る権利があるでしょう。決してスター候補生ではなかった真壁は、それこそ自分が存分に走れるレールをつくることから始めました。地道な作業で、トンネル工事のように暗く長い道も切り拓き、時には負傷に苦しみ、時には有刺鉄線の海で血だるまになり、ようやく今ある道を開通させたんです。大いに誇っていいことです。

 一方の中邑のコメント。

新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -試合結果-  中邑のコメント

また立ちあがって歩けばいい。そしたら道はできるだろ? ただ、まっすぐ進むか、右に進むか、左に進むかは、わかんねぇけど。変わったよね、新日本? 俺個人の言い方すれば、なびいてたまるか。自分として、自分は中邑真輔として生き通してみせる。……以上!

» www.njpw.co.jp

 奇しくも同じ道の話。真壁は、レールが敷かれている云々言っていますが、道をつくっていく覚悟があることを語っています。

 スター候補生の中邑に、最初からレールが敷かれていたことは間違いないでしょう。真壁の言うとおりだと思います。しかしそのレールは明らかな欠陥品。品質も悪ければ、置き石や路線妨害もある無法軌道。新人が走るには過酷な道のり。そんな悪路を、それでも中邑は走って来ました。究極的には、自力で問題を解決していきながら。ある意味、レールなんてあってもなくても一緒だったんですよね。真壁とよく似た苦労を味わっているんです。ならば、中邑の次の一歩に期待したいところ。雑草相手に(1年で)1勝3敗は大いなる挫折でしょうが、勝者に劣らぬ道を切り拓けるはず。

 個人的には、ベルトも無くフットワークの軽い中邑には、想像もつかない道を切り拓いてほしい。単にNOAHに参戦するとかだけではなく。「変わったよね、新日本?」「なびいてたまるか」と意味深なことを言っているのですから、変わらない新日本を、なびかない中邑を見せてほしい。フロンティア精神に満ち、逆境を好機に変えた、今や いにしえ の新日本のスピリットを、そこに甦らせてほしい。現状、まだまだ ”変わった” 新日本の中の、ちょっととんがった1人ほどに見えてしまいます。それはそれでアリかもしれないですが、吐いた言葉を云々言われるのはもういいでしょう。「新日本は変わった」という物言いは客観的な視点からのもの。何か外からの視点で考えていることがあるならば面白いのですが。

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちら)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜み)

レスログ on Twitter(blogの更新通知中。まれにその他プロレス情報も)

真壁VS中邑 詳報@新日本オフィシャル(僕的にはちょっとものたりませんでした)

 PPV、「中邑がワルツを踊るなら真壁は盆踊りだ」とニック・ボック・ウインクルの名言をもじった実況を披露。笑った。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 ラストライドは、エクスプロイダーとともに最終選考で落ちました。申し訳ないです。右サイドバーで「聖鬼軍VS超世代軍」「KENTA派?丸藤派?」「技」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。

【KENTA退団勧告問題】NOAH・KENTA、青木に反論「(おまえが退団して)新日本に入れば」(10/07/20 No.1)

(連休明けで何が何だか分からない人は下の方の関連リンク一覧から、最初にどうぞ)

 丸藤以外のも、味方(?)も出てきて、一気にかまびすしくなってきたKENTAの周辺。といっても一番かまびすしいのはKENTAなんですが…。

 今日(19日)も今日とてケンカを買います。必要以上に容赦無く。

プロレス/格闘技DX KENTAのコメント

(青木が「対新日本でも内部充実は可能」と異論を唱えているが?)確かに外とやりながら、内部充実を図ることは可能。でも、俺がいない間に内部充実が出来てなかった。

(略)

だったら、まず外より中が先だろと。

» web.peex.jp

 対新日本でも内部充実は可能だけど、そう言ってるお前ら実際できてなかった、と反論のKENTA。これはまあ、確かにそう。口先だけだ、と言われても、現状やむを得ない部分はあります。

 矛先は更に青木にピンポイント。

プロレス/格闘技DX KENTAのコメント

大体、俺がいない間に、一番飛び出さなきゃいけなかった人間はお前じゃないのか? お前が内部を充実させてたら、俺はこんなことを言わなかった。身から出たサビに対して、俺にキレられても、それはとんだ ”とばっちり” でしかない。

» web.peex.jp

 身から出たサビに対して~ 以降は、理不尽な感もなくはないですが、確かに青木は内部充実させられる要素がありました。

 同じく09年のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアを経た飯伏やYAMATOが、その後自分の団体で大きく花開いたというのに、青木は足踏み状態です。新日本での経験をうまく活かしているとは言えない、もどかしい状況であります。

プロレス/格闘技DX KENTAのコメント

(青木は7.24大阪で存在感の勝負をかけると言っていたが)何言ってんの? その前に普段からテメーの存在感を出せ。普段から存在感を出してたら、状況は変わってたはず。

» web.peex.jp

 容赦無い言葉。でも正論です。

プロレス/格闘技DX KENTAのコメント

そんなに新日本が良いんだったら、新日本入れば? 彼くらい社交性があれば大丈夫でしょう。

» web.peex.jp

 そして新日入団の勧め。東スポ辞令(KENTA解雇)が、よほど腹に据えかねてるんでしょうか。やめるのはお前だと、青木に辞令を譲ります。

プロレス/格闘技DX KENTAのコメント

青木君、時には自分の非を認めて先に進んでくことも大事だよ。俺よりトシ食ってんだから大人になった方がいい。

» web.peex.jp

 色々言われた青木ですが、これが一番腹が立ったところでしょう。発言内容の是非はともかくとして一番言い過ぎのKENTAから「大人になった方がいい」と言われたのですから…。

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちら)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜み)

レスログ on Twitter(blogの更新通知中。まれにその他プロレス情報も)

NOAH・KENTA、新日本との対抗戦連続出場が決定。 対する永田さん、気をつけて!(10/06/26 No.2)(KENTAの決起のきっかけとなった見せしめ(?)マッチメイクについて)

NOAH・KENTA、新日本との対抗戦出陣にやはり不満タラタラ。”決起軍” の結成も視野に(10/07/01 No.2)(KENTAの決起予告)

NOAH・丸藤正道 副社長、KENTAに退団勧告も。「一人の意見で団体を動かすわけにはいかない!」(10/07/18 No.1)(それを受けての退団勧告。東スポ見出し曰く「解雇も」)

NOAH退団勧告を受けたKENTAに救いの手? 丸藤副社長発言の翌日にアンチ対抗戦派が口を開く(10/07/18 No.3)(KENTAと根っこの部分で考えが一致している男の登場)

NOAHのジュニア戦士、丸藤のKENTA退団勧告前日に痛烈KENTA批判をしていた(10/07/19 No.2)(そして青木のKENTA批判)

【万里の長城】驚愕! NOAHの反体制軍・DISOBEY、軍勢拡大へ。ヨネが2人のレスラーを確保か(10/07/07 No.2)(リクルーティングに余念が無いDISOBEY。どこかでクロスする?)

 右サイドバーのアンケートでは丸藤派が優勢。やはりKENTAは試合でも取り返していかないと辛い? 若干言葉が先行してますからね。ていうか丸藤の ”実績” が際だってるんですが。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「現状では仕方ないのでは。組まれた試合を楽しみにしているファンもいるのに不満ばかり言われてもね。 (男性/30代/東京) 」。なるほど、確かに楽しみにしてるファンに冷水ぶっかける言動ではありますね。右サイドバーで「聖鬼軍VS超世代軍」「KENTA派?丸藤派?」「技」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。

« 2010年7月19日 | トップページ | 2010年7月21日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート