« 2010年7月31日 | トップページ | 2010年8月2日 »

2010年8月1日の3件の記事

2010-08-01

【なんだってー!!】”黒のカリスマ” 蝶野正洋、過去に「10月以降」の「海外復帰」を示唆していた(10/08/01 No.3)

 全日本11月台湾大会での復帰が決定した蝶野正洋。意外に遅くて、意外に海外、意外に全日本と、意外づくしに受け止めた方も多かったと思います。僕もまあその一人。総じて、意外は意外でした。

 ただ、海外に関しては結構すんなり受け止められました。4ヶ月前の東スポの記事が記憶にあったもので。

東京スポーツ(紙面) 蝶野のコメント

(ドイツ遠征時に闘ったことのある)エクスタインから、4月10日に(試合をしないか)、という話があった。それとは別で英国の団体からも5月で言われてたんだけどね。

今回は間に合わなかったけど、海外を視野に入れるのもいい

» www.tokyo-sports.co.jp

 海外での復帰について、この時期にコメントされてるんですよね。

 また、この記事の中では、

東京スポーツ(紙面) 蝶野のコメント

今の段階では夏の復帰も考えてない。6ヶ月先まで(リング上の)予定はないよ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 復帰について、10月までは無い旨も宣言していました。ズバリ、今回の発表を示唆していたといいますか…。

 まあ3月末の発言ですし ”たまたま” と捉えるべきかもしれませんが、海外興行というビッグプランであれば、相当の期間をかけて準備を行うもののはず。そもそも、エース武藤の代替起用だったことを考えると、3月の欠場手術会見前後に最初のオファーがあったとしてもおかしくない。目玉選手なのですから、早めに出場可否を確認しなければいけませんし。

 オファーを受け、スペシャルな舞台に興味を示した蝶野が、東スポ紙面を介して我々ファンにちょっとヒントを与えてくれた(あるいは観測気球をあげた)のだとしても、全然おかしくない。そもそもあの東スポ記事は、全く時流に乗らない唐突な記事だったし………。

 と、考えると、まあ面白い。だから、僕はそう思うことにします。面白いことが大好きで悪いことは許せないシャイ…じゃなかったレスログですからね。

 ちょっと余談。右サイドバーの蝶野アンケート、1位は武藤がぶっちぎって全体の60%以上取るのだと思ってたんですけど、意外にそういう展開になってませんね。今のところですが。去年もやってるし、新日時代は定番だったしというのがあるんですかね。やはり、新鮮なカードが見たい、と。

 ちなみに僕が一番観たいのはTARU戦。何度か絡んでますけどレアはレア。絵になりますし、かなり期待。最初は何故か結託して、仲間割れから遺恨決着とか楽しみ。あるいは渕戦ね。10年前、渕が単身新日本に乗り込んで、蝶野が対戦の名乗りをあげたあのシーン、最高に格好良かった。リバイバルでも、名画は名画。またあの2人の絡みも観てみたいものです。

 みなさんも是非投票とコメントを。

プロレス最新情報@ブログランキング(蝶野と全日本情報あります! その他プロレス最新情報も)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜み)

レスログ on Twitter(blogの更新通知中。まれにその他プロレス情報も)

なんだってーAA 28種(みんなもつかおう。れすろぐとのおやくそくだよ)

黒のカリスマ・蝶野正洋のレスラー復帰は秋以降。気になる復帰の舞台は…(10/04/01 No.2)(まあ要はこのエントリーの焼き直しです)

ブードゥー、蝶野取り込みを示唆(10/01/27 第1位)(TARU、過去にこんな発言もしてました)

 船木戦って結構地味な試合になりそうな気も…。まあでも同期対決ですしね。

応援をしたいときにはレスログは無し…

なんて後悔をする前に応援クリックを↓↓

(ていうかもうどうでもいいけど)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「希望は森嶋。ただ8月になっても決定しない状況に『何か』を期待してしまう… 。気になりますよね。まさか当日発表? そうなるとハードル上がりすぎな感がありますが。右サイドバーで「蝶野全日参戦」「丸藤代打」「ヘッドバット」「週プロ表紙」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は「週プロ表紙」アンケート、明日は「ヘッドバット」アンケートのそれぞれ最終日。駆け込み投票大歓迎です。

NOAH・KENTA、ディファ有明 ”旗揚げ再現戦” に向け、ちょっといい名言(10/08/01 No.2)

 KENTAのミニインタビューが、プロ格DXに掲載されています。

 8.4、5の ”旗揚げ戦再現マッチ”。4日に杉浦、潮崎、森嶋、KENTAがタッグ対決し(チーム編成は当日発表)、勝者チームの2人が5日にシングル対決をする、変則最強決定戦。その重要な試合についての、インタビューです。

 丸藤の負傷欠場により、メンバーの中で一人だけ体重が「おかしいことになっている」のに苦笑しつつも、対ヘビー級戦に意欲的なKENTA。

プロレス/格闘技DX KENTAのコメント

いつも「ノアの中心に」って言ってますけど、中心に今一つなりきれてないのは、対ヘビーで結果が残せてないから。それは自覚してるし、ここでそろそろ結果を出したい。

» web.peex.jp

 これから、丸藤の穴を埋めることが期待されている男です。

 ならば、対ヘビー級の実績は重要になります。ヘビー級戦線への通行手形。

 それを踏まえての発言かどうかは分かりませんが、現状をブレイクスルーするためには対ヘビー級戦の ”結果” が必要だと語ります。

 そんなことを中心に色々語っているKENTAですが、僕的に一番フックしたのはこの発言。

プロレス/格闘技DX KENTAのコメント

(自分が今回) ”旗揚げ戦のアレ” に出てるというのは、意味のあることだと思う。でも、しっかりした内容を残してこそ ”意味” が出てくると思う。

» web.peex.jp

 10年前はセコンドだった旗揚げ戦。その再現マッチにメインイベンターとして出場することに意味はある。でも、それは周囲にとっての意味。お客さんにとっての意味でしかない。ドラマティックな話だ、あのKENTAが感慨深い、そういうセンチメンタルな話でしかない。そこに満足するのではなく、ヘビー級のトップクラスに勝って、自分にとっての ”意味” を掴み取る。そうでなければ何の ”意味” もない。

 違う意味の ”意味” が2回出てきて真意を読み取りにくいですが、おそらくそういうことなのだと思います。周囲にはやし立てられることに達成感を得てしまうのではなく、自分の中で何かを達成することに邁進する。本末転倒であってはいけない。

 僕らもこうありたいですね。

 個人的には「その ”意味” の先に何を見据えますか? 対ヘビー級ということでどこに向かいたいですか?」と訊きたいところですが………やはり、森嶋みたいな返答が返ってきてしまうんでしょうか。今の段階では。

プロレス最新情報@ブログランキング(NOAH情報あります! その他プロレス最新情報も)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜み)

レスログ on Twitter(blogの更新通知中。まれにその他プロレス情報も)

PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE [ツアー詳細][2010年8月4日][プロレスリング・ノア創立10周年記念 10 Years After](3本勝負でこのメンツって、体格的に考えても辛そう。本人もそう言ってますが)

NOAHのアンチ対抗戦男・KENTA、7.24大阪大会メインを罷り通る。一躍、ミスター対抗戦に(10/07/25 No.1)(アノ人とのシングル戦も観たいところ)

 右サイドバーで実施中の丸藤代打アンケート、KENTAは2位。やはりそれなりの期待を集めていますが…正直、体格的には危ういんですよね。それでもこの人がこの位置にきてしまうのが、現状の辛いところ。

応援をしたいときにはレスログは無し…

なんて後悔をする前に応援クリックを↓↓

(ていうかもうどうでもいいけど)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「 オレは台湾人で、全日本の現地スタッフでもあります。やっぱり蝶野さんがこられるのはうれしい。 。台湾方面からのアクセスがあるのは知ってたんですが、そういう方ですか。素晴らしいイベントになることを祈っています。右サイドバーで「蝶野全日参戦」「丸藤代打」「ヘッドバット」「週プロ表紙」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は「週プロ表紙」アンケート、明日は「ヘッドバット」アンケートのそれぞれ最終日。駆け込み投票大歓迎です。

 

 

 ”黒のカリスマ” 蝶野正洋、全日本プロレス11月5日、6日の台湾大会で復帰(10/08/01 No.1)

 黒のカリスマ・蝶野正洋の復帰戦が、全日本プロレスで行われることになりました。まずはめでたい話。楽しみなところ。といっても我々日本のファンがライブで観るのはハードルが高そう。全日本は全日本でも、11.5、6台湾大会で行われるのですから。

東京スポーツ(紙面) 全日本・内田取締役のコメント

 (武藤が11月に)復帰できるか分からない状況で、並ぶ人間といえば蝶野正洋だった。現地でも人気があり、最大のキャラクター。

 アジア戦略の二枚看板となれば非常に強力。先々のことを想像しながら話はしている。

» www.tokyo-sports.co.jp

 オファーに至った経緯をこう語る内田取締役。武藤の代打起用だったんですね。

 これを蝶野側が快諾したことにより蝶野の参戦が決定。しかも武藤の化身ムタが8月復帰となることから、武藤と揃い踏みになる可能性が非常に高い状況。全日本にとっては嬉しい誤算です。

東京スポーツ(紙面) 蝶野のコメント

 夏のオファーは全部断っていたんだけどね。自分でも目標になるし、8月から本格的に(復帰に向けた練習を)再開するよ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 復帰に向けて意気込みを語る蝶野。DDT両国大会のVTRで見た蝶野は印象、ちょっと小さくなった感がありましたが、これからどう仕上げていくのか注目です。

東京スポーツ(紙面) 蝶野のコメント

 継続参戦? 今のところはないよ。台湾大会でまず自分の状況をチェックしたい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 単発の参戦であることを強調しますが、この時期といえば世界最強タッグ開幕間近。かの地で出来た ”流れ” により、最強タッグ参戦になだれ込む可能性もゼロではないでしょう。

 しかし、冗談めかしてはいますが、こんな発言も出ています。

東京スポーツ(紙面) 蝶野のコメント

 継続か引退かを迫られるから、俺らの世代は。俺だって、台湾を最後に引退かもしれないしさ。ハハッ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 あるいは結構本音でしょうかね。

 蝶野はプロデュース業に力を入れたい気持ちがあるようですから…。

 ただ、そうであっても、プロデューサーやタレントとしての蝶野正洋にプレミアを持たせている源泉は ”現役プロレスラー” 。それが簡単に引退できない理由なのだと思います。プレミアなしでやっていけると判断したときが、蝶野の引退のときなのかもしれません。

 プレミアといえば、復帰戦を日本でやらないってのがプレミアですよね。ここらへんの自己プロデュースは、さすが。開催が海外であること自体が、オファー快諾の理由の一つだったのかもしれません。

▼アンケートにご協力ください。

プロレス最新情報@ブログランキング(蝶野&全日本情報あります! その他プロレス最新情報も)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜み)

レスログ on Twitter(blogの更新通知中。まれにその他プロレス情報も)

BLACK SPIRITS NEWS!|蝶野正洋オフィシャルブログ「蝶野王国」by Ameba(蝶野サイドからも東スポ記事を是認する発表が)

 「蝶野復帰戦観戦ツアー」とか組まれるんでしょうね。もしかしてそれがオファーの理由の一つ? なんて穿った見方。

いつまでもあると思うな親とレスログ…

応援クリックしときたいもんですね↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「「その他」 : 岡田かずちかの帰国 (男性/20代/神奈川) 。これは盲点! あっておかしくない話ですね。でも、なんかそれやったら場当たり的過ぎる感も…。右サイドバーで「蝶野全日本」「週プロ表紙」「丸藤代打」「ヘッドバット」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は「週プロ表紙」アンケート、明日は「ヘッドバット」アンケートのそれぞれ最終日。駆け込み投票大歓迎です。

« 2010年7月31日 | トップページ | 2010年8月2日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート