« 2010年8月1日 | トップページ | 2010年8月3日 »

2010年8月2日の3件の記事

2010-08-02

全日本・武藤敬司、11月台湾大会で蝶野正洋と ”W復帰戦” の可能性も…(10/08/02 No.3)

 8,29全日本両国大会に降臨、世界のKENSOと対戦するグレート・ムタ。

 言わずと知れた武藤敬司の化身ですから、ムタの復帰=武藤の復帰と考えるのが順当、プロレスファンなら普通にそう思うんじゃないでしょうか。

 僕も、両国明けのシリーズで、 ”武藤敬司” も始動するのかと思っていたのですが…。

 8月1日富山大会でのコメント。

プロレス/格闘技DX 武藤のコメント

ムタと武藤は違うからね。

(略)

俺の復帰はまだまだだよ。(目標は?)どうですかね。日々、努力してるからね。

» web.peex.jp

 そりゃあオフィシャルにはそうなるんでしょうが………とオブジェクションしたくなりますが、武藤本人が言うのだからそうなんでしょう。

 どうも、ムタ降臨、即、武藤復帰ということにはならないようです。

プロレス/格闘技DX 武藤のコメント

(略)

まあ、一つの目標として、11月にまた台湾に行くからさ。今年も2日間やるけど、やっぱり興行的に俺がいないとっていう部分もある。だからそれまでに戻っとかないとダメだろ。(復帰は)遅くても台湾だな。

» web.peex.jp

 最悪11月の台湾大会まで復帰しないことを表明した、武藤。

 となると「本来だったら復帰すべき体調ではないけれど、両国だけは出る」的な状況? と、穿った見方も首をもたげます。8.29両国は、年間最大級のビッグマッチですからね。

 大阪の厳しい動員を見て不安になった武藤による、無理を押してのムタ変身なのか、と裏読みしてしまいます。プロレスファンの ”業” ですね。

 本人は

プロレス/格闘技DX 武藤のコメント

(欠場中の全日本については?)確かに興行的にはしんどいけど、逆に言ったら、これを乗り切らないとちゃんとした骨格が生まれないからね。

» web.peex.jp

 と言って、日本の興行が苦しいから出て行くという考えを否定していますが。

プロレス/格闘技DX 武藤のコメント

10日前が最後で、もう通院してないよ。2週間前ぐらいからバンバン(トレーニングを)やってるよ。

» web.peex.jp

 そして、膝の回復状況が思わしくないわけではないと主張してはいますが。

 やりようによっては、武藤敬司ほど膝に負荷がかからない試合ができるように見えますからね、ムタは。だから余計に色々考えてしまうといいますか…。

 ムタには、こんな僕の妄言を後悔させるような、素晴らしい動きを見せてほしいです。

プロレス最新情報@ブログランキング(武藤全日本情報あります! その他プロレス最新情報も)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜み)

レスログ on Twitter(blogの更新通知中。まれにその他プロレス情報も)

”黒のカリスマ” 蝶野正洋、全日本プロレス11月5日、6日の台湾大会で復帰(10/08/01 No.1)(アノ人とのシングル戦も観たいところ)

 武藤の健想評や若手評も分かるコメント全文は、プロ格DXでご確認ください。

最後まで応援クリックいただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「「TARU」 : 猪木対フレアー in 北朝鮮の時みたいな感じに盛り上がりそう。 (男性/30代/東京)  。いいですねぇ。TARUがそんな晴れ舞台に立ったら…ちょっと感無量ですね。こんな可愛らしい絵を描く男だとは台湾の人もしらないでしょうし。右サイドバーで「蝶野全日参戦」「丸藤代打」「ヘッドバット」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は「ヘッドバット」アンケート、明日はそのほか全てのアンケートの最終日。まだ投票してない方は是非、記念投票を

マッチョドラゴン・藤波辰爾、敢えて異次元空間に足を踏み入れる。思いはとても分かる気も…(10/08/02 No.2)

 藤波辰爾が大阪プロレス兵庫大会に参戦しました。対戦カードは 藤波辰爾・ジャガー横田・ミラクルマン VS くいしんぼう仮面・姫路ジョーラ千姫(赤字はご当地キャラ)。

 なんだかワクワクしてきますね。ちなみに男女混合マッチは藤波の現役生活40年の中で初めてのことだとか。女子のいるリングに上がったのは記憶にありますが、絡みは初めてかもしれませんね、確かに。

 試合の方は元週刊ファイトの橋爪記者が、

○くいしんぼう仮面(くいワールドへの引き込み)藤波辰爾● | 元Fight野郎

それにしても、思わず「そこまでやって大丈夫か?」というシーンの数々。試合後感想を聞かれたので、「始末書ものやな」「今日は無礼講といった上司の言葉を真に受けて、ほんとに無礼講をした部下のような試合」と答えるとみなさん笑っておられました。

» wfight.jugem.jp

 と評し

 週モバが、

週刊プロレスmobile

(藤波が)ミラクルを挟んでジャガーと並ぶ光景は、それだけで異色だ。しかし試合が始まれば更なる試練が待っていた。

» www.sportsclick.jp

 と煽る、(藤波にとっては)異次元空間的な試合に。

 くいしんぼう仮面とミラクルマンの連続ドラゴンリングインのお膳立てに、ドラゴンリングインで返答する藤波。

 リング上に合わせ、控えめに欽ちゃんジャンプする藤波。

 6人大の字の状態にレフェリーがカウントを入れるも、カウント2で全員むくりと起き上がる ”古典” に挑戦する藤波。

 そしてドラゴンリングインしたところを、ジャンボで言うところのショルダースルー的マヌーバーである「うまか棒」で迎撃されてしまう藤波。

 ちなみに「うまか棒」が、よりによって藤波にヒットしたミラクルについては

週刊プロレスmobile

アリーナ後方で見ていた菊タローは「時代が動いた!」とユリオカ超特Qにメールを打ったという。

» www.sportsclick.jp

 んですから、いいもの見れましたね、兵庫のお客さんは。ていうか、週モバ相変わらずワルノリしすぎ。で、色々あった末の結果は、3人同時ギブアップで藤波組が勝利。11分42秒。あんま勝敗関係ないか。

 それにしても、藤波はよくこの試合を受けました。金曜8時の頃の藤波からすればちょっと考えられないでしょう。口さがないむきが批判めいた物言いをすることも、あるいはあるかも分かりません。たとえこんなにプロレスが多様化した時代であっても…。

 しかし、藤波の気持ちも分かってほしい! 

 誰がこのリングに立った藤波を批判できるでしょうか?

 一番大好きなお城・姫路城(姫路ジョー)と肌を合わせたい衝動、抑えられなくてもしょうがない! はず。

プロレス最新情報@ブログランキング(藤波情報あります! その他プロレス最新情報も)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜み)

レスログ on Twitter(blogの更新通知中。まれにその他プロレス情報も)

○くいしんぼう仮面(くいワールドへの引き込み)藤波辰爾● | 元Fight野郎(うまか棒の連射あり。受けの名手藤波相手だけに綺麗にヒットしてます)

 こんな時期に、やっつけちゃいました。

最後まで応援クリックいただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「「森嶋猛」 : モリ」。モリ! モリ! モリ! 日本でも流行るでしょうか。ていうか秋山のひとりブランコが寂しかったです。右サイドバーで「蝶野全日参戦」「丸藤代打」「ヘッドバット」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は「ヘッドバット」アンケート、明日はそのほか全てのアンケートの最終日。まだ投票してない方は是非、記念投票を。

極悪非道のブードゥーマーダーズ総帥・TARUも、やはり和田京平レフェリーには頭が上がらず(10/08/02 No.1)

 気配り王としてのTARUについては、ご存知の方も多いかと思われますが、こういう側面は、あまり知られてないのではないでしょうか。

綾波レイ!:和田京平オフィシャルブログ - カウント2.9

今回はタル画伯!

» pure-city.jp

 って、この字面だけ見ても何が何やらですね。

 リンク先をご覧になってください。和田京平レフェリーのブログ恒例のクイズコーナーの景品を、TARUが作っているのですが…。感心するというかなんというか。

 実に意外な側面です。

 杉作J太郎先生が描く彼女よりキュートですよ!(比較対象が…)

 しかし、こんな、TARUのパブリックイメージを壊すようなブツを、よく手配できましたよね。さすが天下の和田京平と言いますか…。

 どんなやりとりがあったのか。

 「おい、TARU、お前いつも悪いことやってんだからいいことやれ。うちの読者へのプレゼント、色紙描け。あのパチンコの娘がいいな」

 「キョウヘイにはホントかなわんな…」

 的な会話があったんでしょうか。かなり気になります。

プロレス最新情報@ブログランキング(全日本情報あります! その他プロレス最新情報も)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜み)

レスログ on Twitter(blogの更新通知中。まれにその他プロレス情報も)

 こんだけ!

最後まで応援クリックいただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「誰との対決でも、いい試合は期待できない。ただTARUのマイクでの蝶野いじりを見たい。アイムガッデム。 。確かに近年試合内容はね…。オーバーホールがうまくいってるといいんですが。右サイドバーで「蝶野全日参戦」「丸藤代打」「ヘッドバット」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は「ヘッドバット」アンケート、明日はそのほか全てのアンケートの最終日。駆け込み投票大歓迎です。

« 2010年8月1日 | トップページ | 2010年8月3日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート