« 極悪非道のブードゥーマーダーズ総帥・TARUも、やはり和田京平レフェリーには頭が上がらず(10/08/02 No.1) | トップページ | 全日本・武藤敬司、11月台湾大会で蝶野正洋と ”W復帰戦” の可能性も…(10/08/02 No.3) »

2010-08-02

マッチョドラゴン・藤波辰爾、敢えて異次元空間に足を踏み入れる。思いはとても分かる気も…(10/08/02 No.2)

 藤波辰爾が大阪プロレス兵庫大会に参戦しました。対戦カードは 藤波辰爾・ジャガー横田・ミラクルマン VS くいしんぼう仮面・姫路ジョーラ千姫(赤字はご当地キャラ)。

 なんだかワクワクしてきますね。ちなみに男女混合マッチは藤波の現役生活40年の中で初めてのことだとか。女子のいるリングに上がったのは記憶にありますが、絡みは初めてかもしれませんね、確かに。

 試合の方は元週刊ファイトの橋爪記者が、

○くいしんぼう仮面(くいワールドへの引き込み)藤波辰爾● | 元Fight野郎

それにしても、思わず「そこまでやって大丈夫か?」というシーンの数々。試合後感想を聞かれたので、「始末書ものやな」「今日は無礼講といった上司の言葉を真に受けて、ほんとに無礼講をした部下のような試合」と答えるとみなさん笑っておられました。

» wfight.jugem.jp

 と評し

 週モバが、

週刊プロレスmobile

(藤波が)ミラクルを挟んでジャガーと並ぶ光景は、それだけで異色だ。しかし試合が始まれば更なる試練が待っていた。

» www.sportsclick.jp

 と煽る、(藤波にとっては)異次元空間的な試合に。

 くいしんぼう仮面とミラクルマンの連続ドラゴンリングインのお膳立てに、ドラゴンリングインで返答する藤波。

 リング上に合わせ、控えめに欽ちゃんジャンプする藤波。

 6人大の字の状態にレフェリーがカウントを入れるも、カウント2で全員むくりと起き上がる ”古典” に挑戦する藤波。

 そしてドラゴンリングインしたところを、ジャンボで言うところのショルダースルー的マヌーバーである「うまか棒」で迎撃されてしまう藤波。

 ちなみに「うまか棒」が、よりによって藤波にヒットしたミラクルについては

週刊プロレスmobile

アリーナ後方で見ていた菊タローは「時代が動いた!」とユリオカ超特Qにメールを打ったという。

» www.sportsclick.jp

 んですから、いいもの見れましたね、兵庫のお客さんは。ていうか、週モバ相変わらずワルノリしすぎ。で、色々あった末の結果は、3人同時ギブアップで藤波組が勝利。11分42秒。あんま勝敗関係ないか。

 それにしても、藤波はよくこの試合を受けました。金曜8時の頃の藤波からすればちょっと考えられないでしょう。口さがないむきが批判めいた物言いをすることも、あるいはあるかも分かりません。たとえこんなにプロレスが多様化した時代であっても…。

 しかし、藤波の気持ちも分かってほしい! 

 誰がこのリングに立った藤波を批判できるでしょうか?

 一番大好きなお城・姫路城(姫路ジョー)と肌を合わせたい衝動、抑えられなくてもしょうがない! はず。

プロレス最新情報@ブログランキング(藤波情報あります! その他プロレス最新情報も)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜み)

レスログ on Twitter(blogの更新通知中。まれにその他プロレス情報も)

○くいしんぼう仮面(くいワールドへの引き込み)藤波辰爾● | 元Fight野郎(うまか棒の連射あり。受けの名手藤波相手だけに綺麗にヒットしてます)

 こんな時期に、やっつけちゃいました。

最後まで応援クリックいただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「「森嶋猛」 : モリ」。モリ! モリ! モリ! 日本でも流行るでしょうか。ていうか秋山のひとりブランコが寂しかったです。右サイドバーで「蝶野全日参戦」「丸藤代打」「ヘッドバット」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は「ヘッドバット」アンケート、明日はそのほか全てのアンケートの最終日。まだ投票してない方は是非、記念投票を。

« 極悪非道のブードゥーマーダーズ総帥・TARUも、やはり和田京平レフェリーには頭が上がらず(10/08/02 No.1) | トップページ | 全日本・武藤敬司、11月台湾大会で蝶野正洋と ”W復帰戦” の可能性も…(10/08/02 No.3) »

その他インディー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/49035728

この記事へのトラックバック一覧です: マッチョドラゴン・藤波辰爾、敢えて異次元空間に足を踏み入れる。思いはとても分かる気も…(10/08/02 No.2):

« 極悪非道のブードゥーマーダーズ総帥・TARUも、やはり和田京平レフェリーには頭が上がらず(10/08/02 No.1) | トップページ | 全日本・武藤敬司、11月台湾大会で蝶野正洋と ”W復帰戦” の可能性も…(10/08/02 No.3) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート