« 新日本・棚橋弘至、”光より速い” IWGP奪還計画を披露。「100年に1人の逸材なんでね。ハハッ」(10/07/31 No.3) | トップページ | NOAH・KENTA、ディファ有明 ”旗揚げ再現戦” に向け、ちょっといい名言(10/08/01 No.2) »

2010-08-01

 ”黒のカリスマ” 蝶野正洋、全日本プロレス11月5日、6日の台湾大会で復帰(10/08/01 No.1)

 黒のカリスマ・蝶野正洋の復帰戦が、全日本プロレスで行われることになりました。まずはめでたい話。楽しみなところ。といっても我々日本のファンがライブで観るのはハードルが高そう。全日本は全日本でも、11.5、6台湾大会で行われるのですから。

東京スポーツ(紙面) 全日本・内田取締役のコメント

 (武藤が11月に)復帰できるか分からない状況で、並ぶ人間といえば蝶野正洋だった。現地でも人気があり、最大のキャラクター。

 アジア戦略の二枚看板となれば非常に強力。先々のことを想像しながら話はしている。

» www.tokyo-sports.co.jp

 オファーに至った経緯をこう語る内田取締役。武藤の代打起用だったんですね。

 これを蝶野側が快諾したことにより蝶野の参戦が決定。しかも武藤の化身ムタが8月復帰となることから、武藤と揃い踏みになる可能性が非常に高い状況。全日本にとっては嬉しい誤算です。

東京スポーツ(紙面) 蝶野のコメント

 夏のオファーは全部断っていたんだけどね。自分でも目標になるし、8月から本格的に(復帰に向けた練習を)再開するよ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 復帰に向けて意気込みを語る蝶野。DDT両国大会のVTRで見た蝶野は印象、ちょっと小さくなった感がありましたが、これからどう仕上げていくのか注目です。

東京スポーツ(紙面) 蝶野のコメント

 継続参戦? 今のところはないよ。台湾大会でまず自分の状況をチェックしたい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 単発の参戦であることを強調しますが、この時期といえば世界最強タッグ開幕間近。かの地で出来た ”流れ” により、最強タッグ参戦になだれ込む可能性もゼロではないでしょう。

 しかし、冗談めかしてはいますが、こんな発言も出ています。

東京スポーツ(紙面) 蝶野のコメント

 継続か引退かを迫られるから、俺らの世代は。俺だって、台湾を最後に引退かもしれないしさ。ハハッ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 あるいは結構本音でしょうかね。

 蝶野はプロデュース業に力を入れたい気持ちがあるようですから…。

 ただ、そうであっても、プロデューサーやタレントとしての蝶野正洋にプレミアを持たせている源泉は ”現役プロレスラー” 。それが簡単に引退できない理由なのだと思います。プレミアなしでやっていけると判断したときが、蝶野の引退のときなのかもしれません。

 プレミアといえば、復帰戦を日本でやらないってのがプレミアですよね。ここらへんの自己プロデュースは、さすが。開催が海外であること自体が、オファー快諾の理由の一つだったのかもしれません。

▼アンケートにご協力ください。

プロレス最新情報@ブログランキング(蝶野&全日本情報あります! その他プロレス最新情報も)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜み)

レスログ on Twitter(blogの更新通知中。まれにその他プロレス情報も)

BLACK SPIRITS NEWS!|蝶野正洋オフィシャルブログ「蝶野王国」by Ameba(蝶野サイドからも東スポ記事を是認する発表が)

 「蝶野復帰戦観戦ツアー」とか組まれるんでしょうね。もしかしてそれがオファーの理由の一つ? なんて穿った見方。

いつまでもあると思うな親とレスログ…

応援クリックしときたいもんですね↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「「その他」 : 岡田かずちかの帰国 (男性/20代/神奈川) 。これは盲点! あっておかしくない話ですね。でも、なんかそれやったら場当たり的過ぎる感も…。右サイドバーで「蝶野全日本」「週プロ表紙」「丸藤代打」「ヘッドバット」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は「週プロ表紙」アンケート、明日は「ヘッドバット」アンケートのそれぞれ最終日。駆け込み投票大歓迎です。

« 新日本・棚橋弘至、”光より速い” IWGP奪還計画を披露。「100年に1人の逸材なんでね。ハハッ」(10/07/31 No.3) | トップページ | NOAH・KENTA、ディファ有明 ”旗揚げ再現戦” に向け、ちょっといい名言(10/08/01 No.2) »

スポーツ」カテゴリの記事

全日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549671/49025820

この記事へのトラックバック一覧です:  ”黒のカリスマ” 蝶野正洋、全日本プロレス11月5日、6日の台湾大会で復帰(10/08/01 No.1):

« 新日本・棚橋弘至、”光より速い” IWGP奪還計画を披露。「100年に1人の逸材なんでね。ハハッ」(10/07/31 No.3) | トップページ | NOAH・KENTA、ディファ有明 ”旗揚げ再現戦” に向け、ちょっといい名言(10/08/01 No.2) »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート