« 2010年9月20日 | トップページ | 2010年9月25日 »

2010年9月23日の1件の記事

2010-09-23

新日本・棚橋弘至、Mr.ナルシストばりにアレな新ニックネームで気分転換を図る?(10/09/23 特別11)

 ジャパンカップでは本気出す、潮崎戦では…、いやG1でこそ本気出す、と、最近の若年無業者ばりのエクスキューズ(に結果としてなってしまった発言)を繰り返している棚橋弘至。

 言うたびに痛恨の黒星が増えて行き……ちょっと寂しい状況です。いや、去年の棚橋の頑張りを見て、プロレスへの思い入れを再燃させた僕からすると、かなり寂しい話ですよ。

 って、一番寂しく思ってるのは棚橋自身か。

 当たり前。

 ならばどうするの? と言いたくなるわけですが…。

 引き続き、「両国以降は本気出す」発言です。

東京スポーツ(紙面) 棚橋のコメント

 このままではエースを名乗る資格はない。内藤、小島、プリンス・デヴィット、カール・アンダーソン…。こ、こんなにいたっけ? とりあえず、テーマは『今年の借り、今年のうちに』ですよ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 しかし、それだけじゃ今までの繰り返しですよね。なにかカンフル剤、劇薬が無いといけません。

 当面最大のビッグマッチ・10.11両国での内藤戦に向け、自分を追い込むサムシングが必要じゃないでしょうか。

東京スポーツ(紙面) 棚橋のコメント

 リスクがないと面白くないっていつも言ってますからね。CHAOS入りでも、NO LIMITの3人目になるのもなんでも受ける。逆に迷惑かもしんないけど

» www.tokyo-sports.co.jp

 まさかの軍門下り発言!

 って、最後の一言が弱気ですよ…。

 去年までの中華思想はどこに行ったの、棚橋。

 そういえば最近は、100年に1人の逸材やらエースやらと名乗る時、自ら ”自称” テイストを醸している節がある。自虐気味な姿勢が垣間見えている。あまりに長い低迷期間で自信を失ってしまったのかと思ってしまいます。そういう姿勢と今回の発言が、リンクしててもおかしくないですよね。

 こういうときは気分転換に限ります。自信が持てる、新しい通り名を考えて見るのもいいんじゃないでしょうか。「鶏口となるも牛後となるなかれ」の言葉もあります。自信なげに目を泳がせながら発言するのなら、身の丈にあった通り名で胸を張ってる方が絶対いい。

 そこから復活の狼煙を上げればいいんです。

 諦めきれてない年間MVPだって夢じゃないかも?

東京スポーツ(紙面) 棚橋のコメント

 オレはまだ、2年連続MVPをあきらめてない。第4コーナーを回って、ここから差す。差しの棚橋ですから。ハハッ

» www.tokyo-sports.co.jp

 しかしそれにしたってピンと来ない通り名ですね…。

 始末屋のミスターナルシストばりの唐突感があります。まさに「差しの棚橋」でなければ賞取りは困難な状況にありますが、それにしたって体を表していない名。神頼み臭ばかり漂ってもいかがなものかと思いますが。

 あ、「刺し」とダブルミーニングね…

レスログ on Twitter(まだ「レスログ」でつぶやいてます)

新日本・棚橋弘至、日本一、世界2位を経て、とうとう物理的1位に(10/04/28 No.1)(まだ自分に自信があった頃の棚橋)

 ていうか刺されですよね(おい)。

 って、毎日3本書いてた頃ばりの短時間仕事をしてみました。

« 2010年9月20日 | トップページ | 2010年9月25日 »

アンケート

最近のコメント

過去アンケート