カテゴリー「■ちょといい名言」の20件の記事

2010-08-28

風雲昇り龍・天龍源一郎、元祖 ”悪質発言王” の凄味(?)を見せつける(10/08/28 特別4)

 膝の負傷は痛々しくも、名言製造機ぶりは健在の天龍源一郎。

 ある意味、舌鋒はこれからがプライムタイムかもしれませんね。記者にしても、団体にしても、天龍よりキャリアがある人は数えるくらい。つまりは誰も暴走に歯止めをかける人間がいないということ。なんでもかんでも言いたい放題です。また、「このくらいの年齢の人なんだから、多少言葉が過ぎても」的な暗黙の了解が生じやすいでしょうし…。

 周囲は戦々恐々かもしれません。

東京スポーツ(紙面) 天龍のコメント

 (諏訪魔は)殻を破らなきゃいけない。ウィスキーを飲んでから試合すりゃいい。鈴木みのるもビビるよ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 先日の諏訪魔との対談では、こんな発言も。

 実にいい案配。たぶん天龍自身、この日飲んでたんでしょう。

 確かに、鈴木もリング禍が頭をよぎってビビるでしょうが…。

東京スポーツ(紙面) 天龍のコメント

 (諏訪魔は)いいスープレックスを持っている。(鈴木を客席の)最前列に投げてやりゃいいんだよ。スッキリするよ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 投げっぱなしならぬ言いっぱなしスープレックス、連発。

 諏訪魔は苦笑いするしかありません。

 

 そういえば、23日Sアリの染髪式(8.25天龍プロジェクトで関本率いる金髪軍に加入するため髪を染めた)映像では、テンルージョークが連発されてましたね。

 初めての金髪化及びそれに伴う天龍パーマ解除に不安を隠せない大将は、やる前から失敗することを考えてしまうのですが…

…毛先に傷みが残ったら、ランジェリー武藤で行くしかない。

 普通に武藤(スキンヘッド)でいいのに、あえてランジェリー武藤への転身を示唆。あるいは「いきなりスキンヘッドはアレだからカツラで…」ということなんでしょうか。いずれにせよ、周囲はバンプが取りにくいです。

 それでも、いい毛色になったことを確認すると、テンションが上がる天龍。

今までクリクリっとパーマがかかってたから居酒屋と日本そば屋しか行けなかったけど、これでやっとホットドッグが食えるようになったよ。

 金髪=アメリカ=ホットドッグという図式が天龍らしくて面白いんですが、パーマ卑下発言込みゆえ、笑っていいのか悩むところ。スタッフの笑いも、どことなく当てていく感じ。

 そんな周囲の遠慮ぶりを察知したんでしょうかね。

 更におどけて、周囲を和ませようと気遣う天龍。

 いい発音の ”テングリッシュ” を大サービスです。

ベースボール! ホットドッグ! アップルパイ!

 でも、どうすればいいのかと…。

 とにかく大変な映像でした。

 

 さてこれだけならば、ちょっと面白いおじさんといいますか、地上波バラエティー番組あたりで都合良く消費されるポジションといいますか、そういう誤解をされてしまう場合があるかもしれません。

 しかし、そうはいかせないのが天龍源一郎。凄味のあるシュート発言も炸裂させています。

 8.25天龍プロジェクト新宿大会、金髪軍としての試合を終えたバックステージでの発言。

週刊プロレスmobile 「宍倉清則の今のキモチ」内 天龍のコメント

(金髪はもうやったから、次は)スポーツ刈りしかないか。坂口さん、馬場さんを真似て、スポーツ刈りにでもしますか、ねえ菊池さん!

» www.sportsclick.jp

 「秘すれば花」の喩えもあるので、詳細は避けます。

 髪型トークのバトンを菊池孝さんに渡す、神をも恐れぬ所業。「俺はまだピストル持ってるんだぞ」と言わんばかりですね。

 まあ単に、寝てると思って声かけた可能性もゼロではありませんが(それはそれで悪質)。

レスログ on Twitter(まだ「レスログ」でつぶやいてます)

還暦・天龍、ちょっと伝わりにくい名言(10/02/24 No.1)(大衆には分かりにくい名言を披露した天龍)

新日本・中邑、また(プチ)悪質発言(10/01/20 第3位)(さすがの中邑も菊池さんには、ねえ)

 ていうか、この発言を拾ったうえで「ねえ菊池さん!」をカットしなかったシッシーの悪質さも見逃せませんね。最近「削り落とすことこそ編集だ」的な発言を繰り返している御仁のすることとは思えませんが…。

2010-08-01

NOAH・KENTA、ディファ有明 ”旗揚げ再現戦” に向け、ちょっといい名言(10/08/01 No.2)

 KENTAのミニインタビューが、プロ格DXに掲載されています。

 8.4、5の ”旗揚げ戦再現マッチ”。4日に杉浦、潮崎、森嶋、KENTAがタッグ対決し(チーム編成は当日発表)、勝者チームの2人が5日にシングル対決をする、変則最強決定戦。その重要な試合についての、インタビューです。

 丸藤の負傷欠場により、メンバーの中で一人だけ体重が「おかしいことになっている」のに苦笑しつつも、対ヘビー級戦に意欲的なKENTA。

プロレス/格闘技DX KENTAのコメント

いつも「ノアの中心に」って言ってますけど、中心に今一つなりきれてないのは、対ヘビーで結果が残せてないから。それは自覚してるし、ここでそろそろ結果を出したい。

» web.peex.jp

 これから、丸藤の穴を埋めることが期待されている男です。

 ならば、対ヘビー級の実績は重要になります。ヘビー級戦線への通行手形。

 それを踏まえての発言かどうかは分かりませんが、現状をブレイクスルーするためには対ヘビー級戦の ”結果” が必要だと語ります。

 そんなことを中心に色々語っているKENTAですが、僕的に一番フックしたのはこの発言。

プロレス/格闘技DX KENTAのコメント

(自分が今回) ”旗揚げ戦のアレ” に出てるというのは、意味のあることだと思う。でも、しっかりした内容を残してこそ ”意味” が出てくると思う。

» web.peex.jp

 10年前はセコンドだった旗揚げ戦。その再現マッチにメインイベンターとして出場することに意味はある。でも、それは周囲にとっての意味。お客さんにとっての意味でしかない。ドラマティックな話だ、あのKENTAが感慨深い、そういうセンチメンタルな話でしかない。そこに満足するのではなく、ヘビー級のトップクラスに勝って、自分にとっての ”意味” を掴み取る。そうでなければ何の ”意味” もない。

 違う意味の ”意味” が2回出てきて真意を読み取りにくいですが、おそらくそういうことなのだと思います。周囲にはやし立てられることに達成感を得てしまうのではなく、自分の中で何かを達成することに邁進する。本末転倒であってはいけない。

 僕らもこうありたいですね。

 個人的には「その ”意味” の先に何を見据えますか? 対ヘビー級ということでどこに向かいたいですか?」と訊きたいところですが………やはり、森嶋みたいな返答が返ってきてしまうんでしょうか。今の段階では。

プロレス最新情報@ブログランキング(NOAH情報あります! その他プロレス最新情報も)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜み)

レスログ on Twitter(blogの更新通知中。まれにその他プロレス情報も)

PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE [ツアー詳細][2010年8月4日][プロレスリング・ノア創立10周年記念 10 Years After](3本勝負でこのメンツって、体格的に考えても辛そう。本人もそう言ってますが)

NOAHのアンチ対抗戦男・KENTA、7.24大阪大会メインを罷り通る。一躍、ミスター対抗戦に(10/07/25 No.1)(アノ人とのシングル戦も観たいところ)

 右サイドバーで実施中の丸藤代打アンケート、KENTAは2位。やはりそれなりの期待を集めていますが…正直、体格的には危ういんですよね。それでもこの人がこの位置にきてしまうのが、現状の辛いところ。

応援をしたいときにはレスログは無し…

なんて後悔をする前に応援クリックを↓↓

(ていうかもうどうでもいいけど)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「 オレは台湾人で、全日本の現地スタッフでもあります。やっぱり蝶野さんがこられるのはうれしい。 。台湾方面からのアクセスがあるのは知ってたんですが、そういう方ですか。素晴らしいイベントになることを祈っています。右サイドバーで「蝶野全日参戦」「丸藤代打」「ヘッドバット」「週プロ表紙」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は「週プロ表紙」アンケート、明日は「ヘッドバット」アンケートのそれぞれ最終日。駆け込み投票大歓迎です。

 

 

2010-07-31

週刊プロレス・宍倉清則顧問、「中野のぶるちゃん」を訪問。そして、ブル中野のちょっといい名言(10/07/31 No.1)

 週モバのブログの中で、「これからはプロレスの話題に限定して週2回ぐらいの更新になります(それまでは毎日ペース)」と宣言し、僕らシッシーB.A.G(ボーイズ・アンド・ガールズ)を悲しませた、週刊プロレス・宍倉清則顧問。

 それから16日間で8回の更新を敢行。週3.5回ペース。更に、27日からは毎日更新を継続中。その前の25日にいたっては、1日2回更新。どうしちゃったの? と言いたくなります。

 でも、こういう朝令暮改なら大歓迎。気持ち、なんとなく分かりますし…。今後ともこのくらいのペースで頑張ってほしいところ。期待しています。

 さて、そんな僕らのシッシーが、中野にオープンしたブル中野さんの小料理屋「中野のぶるちゃん」を表敬訪問しました。ふれあいロード商店街。

週刊プロレスmobile  宍倉清則のいまのキモチ

外から中の様子が見えて、すぐ目に入るのは昔の試合を流している映像! だから外からでも目立つし、通りすがりの人が「ここがブル中野の店か…あっ、本物がいるよ!」

入ると、いきなり井上京子選手が!

(略)

店にはコンドル斉藤こと斉藤真知子さん、伊藤薫選手、YAWARAちゃん(谷亮子さん)にそっくりなバット吉永こと吉永恵理子さんが手伝っていて、さながら「獄門党」同窓会の雰囲気。

» www.sportsclick.jp

 やはり、獄門党復活なんですね。素敵です。あとYAWARAちゃんそっくりとか、言わなくてもいいこと言って無闇に波風立ててるシッシーも素敵。

 その後の、伊藤薫の変貌ぶりへの言及とか、オチの語呂合わせのブラボーさとか、見どころ満載の記事なんですが、詳細は週プロモバイルでご確認ください。ここではシッシーが、記事中披露した往年の中野さんのエピソードを紹介します。聞いたことのあるエピソードではありますが、ちょっといい話なので…。

 金網戦で、てっぺんからのギロチンを2度敢行したことがある中野さん。2度目の飛行(準備)は週プロの表紙にもなったんですよね。

 その表紙に見出しをつけたのが、我らのシッシー。

 「川崎・金網・ブル中野・4メートル また、飛んだ!

 そこに込めた思いは、2度目の奇跡に対するリスペクトにほかならないのですが、中野さんは違った見方をします。

週刊プロレスmobile  宍倉清則のいまのキモチ

(週プロの表紙を)本人に見せると、そのリアクションが予想外なものだった。「また…っていうのは、また同じことをやったという意味なの?

» www.sportsclick.jp

 同じことを2度やったことに対する、ネガティブな意見だととらえたんですね。あれを見た誰もが「そんなことあるはずないのに…」と思うコメント。

 あの頃の中野さんの、志の高さが垣間見える発言ですよね。ブル中野というプロレスラーは、素晴らしかったんです。

 そんな中野さんの料理は、とてもおいしいのだと、コンドルさんが言ってました。志の高さが料理にも出ているんでしょうか。みなさんも、中野にお立ち寄りの際に、足を運んでみてはいかがでしょうか。

プロレス最新情報@ブログランキング(女子プロ情報あります! その他プロレス最新情報も)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜み)

レスログ on Twitter(blogの更新通知中。まれにその他プロレス情報も)

中野のぶるちゃん(公式サイト。おいしそう)

中野のぶるちゃん|井上貴子 オフィシャルブログ 「Marble...」 Powered by アメブロ(この料理、面白い)

元全日本女子プロレス 渡辺智子のホノボノ日記:中野のぶるちゃん(いい写真あり)

ダンプ松本 127kgの成長日記:ブルちゃん - livedoor Blog(ブログ)(ダンプちゃんはまだ行けてない様子)

中野のぶるちゃん - ロッシー小川ブログ  MY FAVORITE LIFE(おぉ、ロッシーは行ってる)

あの、ブル中野さんが率いた伝説女子プロユニット ”獄門党” が、思わぬところで復活。7月23日(10/07/18 No.2)(こちらにも)

 ブル中野、勝利者インタビューで虚空を見つめるように語る姿も、気高い感じがしました。昔の女子プロってホント語れることが多かった気がします。

いつまでもあると思うな親とレスログ…

応援クリックしときたいもんですね↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「「潮崎豪」 : 今のタイミングで1回、1年後にもう1回みたい。 (男性/40代/埼玉) 」。確かに1年後にもう1回がいいですね。今、仮に勝っても感動が薄い気がするというかなんというか…。右サイドバーで「週プロ表紙」「丸藤代打」「ヘッドバット」「小島NOAH参戦」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は「小島NOAH参戦」アンケート、明日は「週プロ表紙アンケート」のそれぞれ最終日。駆け込み投票大歓迎です。

 

2010-05-03

NOAH・グローバルリーグ戦決勝後の秋山準、心に残る名言。そして高山は凄い顔…じゃなく、浅香戦を語る(10/05/03 No.2)

 NOAH・グローバルリーグ戦、決勝の顔合わせは秋山準VS高山善廣。NOAH初対決。良くも悪くも大方の予想どおりの顔合わせになったというところでしょう。ただし、勝者が高山になったというのはちょっとびっくりだったかもしれません。NOAHの所属選手である秋山に意地を見せてほしい、そして秋山なら意地見せてくれるのではないか、そう思っていたファンも多かったことでしょう。

 「Aブロック突破できなければ引退」と決意表明していた秋山。そのハードルは突破したものの、一度は口にしていた進退のことだから説明が必要だろうと思ったんでしょうか。ちょっと粋な言葉で釈明をしました。バックステージ。

スポーツナビ|格闘技|GL制覇の高山がGHC王者杉浦に挑戦状=ノア

もう一花咲かせられなかったということは、まだつぼみということ

» sportsnavi.yahoo.co.jp

 昔の天龍が言いそうな言葉ですね。でも、天龍よりちょっと柔らかい感じかも。まだつぼみだから、これから咲いていくんだ、と。負けたことを悔いるのではなく、そこで何かを終わりにするのではなく、変わらず未来に向かって生きていく、そういう姿勢が現れた言葉で僕は好きです。いつか使ってみよう。

 一方の高山。こちらは秋山の味わい深い名言とは打って変わった放言大会。まあ勝者のドレッシングルームですからね…。

スポーツナビ|格闘技|速報  高山のコメント

外様なんだなってつくづく思ったね。乾杯してくれる人が(周りに)誰もいないもんね(苦笑)。昔だったら今、ベルトを巻いているヤツ(杉浦)が腰ぎんちゃくのようにいたけれど、今はもう偉そうにしてるから誰もいないよ。でも優勝できたことは自分でも誇らしいと思っているし、次はベルトだね。じゃあ一人で乾杯します。……高山善廣、グローバルリーグ戦優勝おめでとう! 乾杯!

» sportsnavi.yahoo.co.jp

 乾杯要員が誰もいないことに不平を漏らす高山。今のNOAHはセコンド業務も健介オフィスにアウトソーシングしてる感じですからね…。乾杯要員、それも外様にまで手が回らないのでしょう。同じ日に三冠王者に返り咲いた鈴木の傍らには、3人の新しい仲間がついたというのに…。後藤、小原の犬軍団だって二人で祝勝会できたのに…。こちらは結局一人で乾杯しました。

 さて、この発言、現GHC王者・杉浦を、元”腰ぎんちゃく”扱いしているのも見逃せないところ。GHC奪取に向け、もう闘いは始まっているということでしょう。10年かけて獲った勲章を取り上げてやるとも言ってましたね、そういえば。

 更に話は翌日3日の浅香光代戦に。記者に振られてから、こんなコメントを。

スポーツナビ|格闘技|速報  高山のコメント

明日? なんでしたっけ? なんかありましたっけ。あぁ、明日は『叩き斬ってやるよ!』ってヤツですね。思い出しました。

» sportsnavi.yahoo.co.jp

 82歳の”難敵”相手の試合について、すっかり忘れていたという感じ。あるいはとぼけているだけかもしれませんが。

スポーツナビ|格闘技|速報  高山のコメント

そんな歳なんですか? 元気ですね。……殺しちゃったらどうするんですかね? まあ書類送検くらいはされるのかな(苦笑)。試合だからどうなのかな。勝手に死ぬんだからね。まあ、そんなことはどうでもいいことです

» sportsnavi.yahoo.co.jp

 物騒なことを言いながら、すぐに有耶無耶にする高山。NOAHでの試合後にそんなこと聞いてくれるなというのが半分、言ってくうちにどんどんブラックな方向に行きそうになって自粛したのが半分、というところでしょうか。何しろ生死が、洒落にならない年齢ですから…。

 恐れ知らずの高山を恐れさせる浅香光代、(ある意味)恐るべしです。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

5.2NOAH武道館大会詳報 @スポナビ(観衆11,000人は寂しいなぁ。試合は好試合が多かったみたいなのでなおのこと寂しい話で)

5.2 秋山VS高山詳報 @スポナビ(どちらも2試合目だから、きつそうだったみたいですね)

YouTube - LEGEND OF MAD DOGS(伝説の二人祝勝会)

帝王・高山善廣、NOAH・秋山にエールを送りながら、無辜のレジェンド達をバッサリ(10/04/13 No.3)(秋山にエールを投げていた高山)

NOAH・秋山準、帝王・高山善廣のエールに反応(10/04/16 No.3)(そのエールに反応していた秋山)

 「そして高山」と来ると「凄い顔」とつなげたくなるのがUインターファン残党の性。ついついタイトルに打ってしまいました。ちょっと凄い顔くらいならあったみたいですけどね、今回の試合も。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 ちょっと想像以上に圧倒的な差がついてますね。現行世代と新世代。新世代派の方のご意見お待ちしてます。右サイドバーで「全日世代闘争」「女子プロ凄かった選手」についてのアンケートを実施しています。是非ご回答を。明日は女子プロアンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

2010-04-28

新日本・棚橋弘至、日本一、世界2位を経て、とうとう物理的1位に(10/04/28 No.1)

 日本一(プロレス大賞MVP)のプロレスラー、世界2位のプロレスラーナンバーワン・スポーツポッドキャスターと、錚々たる肩書が並ぶ棚橋弘至。楽天ショップの露骨な宣伝みたいですね。洋画封切り時の手を変え品を変えの宣伝文句といいますか…。って、ほとんど僕がクローズアップしてるだけでしたね。失礼しました。

 さて、そんな棚橋が、また金字塔を打ち立てました。4.25 棚橋・タイガー・真壁VS中邑・矢野・外道戦後のコメント。もはや、これがとどめでしょう! 自称ですけど。

新日本オフィシャル 4.25愛媛大会試合後の棚橋のコメント

矢野、旗色悪いな。まぁ、それも当然だな。俺は光よりも速い男。いわば光だからな。

» www.njpw.co.jp

 とうとう光になりましたよ。

 物理的にこれより速いモノ確認されてませんからね。一応新たなナンバーワンが追加…ということになるんでしょうか。ていうか、棚橋信奉者の僕でもびっくりしましたよ。また中邑が醒めた目で見下ろすことになるかと思うと、ちょっとゾクゾクしてきます。あるいは、最近何か通り名を考えようという気配もあった(?)中邑のこと、この手があったかと悔しがる可能性も………ないですね、はい。すいませんでした。

 仮面ライダー好きな棚橋ゆえ、何か元ネタがあるのかしらと検索してみましたが、該当しそうなものは無し。だとしたら、自分で考えたのかしら。中二病っぽいですね。同病相憐れむ位置にいる僕には、よく分かります。そうそう、中二病といえば、「光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女性騎士」さんが有名ですが、これも光速です。光速と中二病は親和性が高いみたい。

 武藤欠場、小島退団、小川が丸藤に急接近と、悲壮又は殺伐とした話題が続く昨今ですが、棚橋には、これからも明るい話題を振りまき続けてほしいものです。全くチャンス貰えてないことですし、ね…。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

中二病 - Wikipedia(勉強になります)

やっぱ、棚橋は日本一(10/01/18 第3位)(僕による棚橋日本一認定エントリー)

 しかし新日本オフィシャルのトップ、また改悪ですね。突然音声付き動画再生するのやめてほしい…。いいかどうかはともかくとして、会社とかからアクセスする人もいるでしょうに。ミュートが常識なのかしら。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 まずはブル様が飛び出しましたね。右サイドバーで「女子プロ凄かった選手」「グローバルリーグ戦」「5月ビッグマッチ」についてのアンケートを実施しています。是非ご回答を。

 

2010-04-26

NOAHの反体制ヒール・力皇猛、ヒール史上に残る発言(10/04/26 No.2)

 

 NOAHが誇る反体制ヒールユニット・DISOBEY。23日付けの東スポでは、一方の雄モハメド・ヨネが、もう一方の雄・力皇猛に呼びかけていました。

東京スポーツ(紙面) ヨネのコメント

 (グローバルリーグ決勝には)リキさんにも上がってきてほしい。お互いの気持ちを決勝で確かめたい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 DISOBEY同士の決勝戦を行おうとのラブコールです。

 ヒール軍団が、構成員同士の決勝だと息巻く展開は、プロレス界によくあります。その場合たいてい、理不尽、不遜、傲慢、高飛車といったイメージがつきまとうもの。こいつらとんでもないこと考えてるな、優勝させてはならない、と思わせるもの。って、ヒールですから当たり前ですね。

 しかし、ヨネの発言にはそんなアウトローのイメージがカケラもありません。必死、友情、信頼、祈願、そんなイメージが滲み出ています。

 それってヒールとしてどうなの! と言いたくなる方もあると思います。しかし、DISOBEYの場合、今に始まったことではありません。そして、ヨネだけの問題でもないのです…。

 今週の週刊プロレスには盟友・力皇猛のコメントが掲載されています。リーグ戦中にGHCタッグ戦を組まれ、集中力を欠くまま試合をして敗退、虎の子のベルトを失った力皇。会社への憤り、周囲への憤り、その熱い思いを吐露する局面。大事なところです。

週刊プロレス1522号 力皇のコメント

オレらはNOAHという中の小さな歯車でいい。歯車が一つ加わることによって周りが大きく動けばいいんだけど、(周囲は)動かないばかりか歯車を取り除こうとしている。

» www.sportsclick.jp

 俺達は小さな歯車でいい!

 ヒールと言えば、正規軍の体制べったりを嘲笑い、会社の歯車になんかならねえよ的な姿勢を持つはずなのに、斬新な価値観の披露です。ヒール史上に残る発言と言っていいでしょう。ヨネもヨネなら、力皇も力皇ということです。

 まあ、今の世の中、鈴木みのるや真壁刀義のように欲望の赴くまま行動し、社会の歯車を嘲笑う選手がベビーフェイスになる時代。ファンも歯車的アティテュードを憎んでいる、と考えられなくもない。そのねじれ現象(?)に狙いをつけ、あえて「私は歯車です」と言い放ち、ニューエイジアウトローを気取る…そういう高等戦術なのかもしれませんが、まだまだ僕ら大衆には理解されえないといいますか…。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

NOAH力皇&ヨネ、退団も辞さず(10/03/25 No.2)(まあここでのベビーフェイスっぽさは文脈的にありなんですが)

 やっぱり人の良さが邪魔をしているのでは?

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 保永も大仕事やってのけましたからね。丸藤のお気に入りですし。右サイドバーで「グローバルリーグ戦」「5月ビッグマッチ」「90年代ジュニア」についてのアンケートを実施しています。是非ご回答を。本日、ジュニアアンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

2010-04-24

IGF・サイモン猪木取締役、猪木の娘ムコにあるまじき発言(10/04/24 No.1)

 日本のラリー・ズビスコ(ただし闘わず)、サイモン猪木IGF取締役が、東スポでインタビューを受けています。WWEに通訳として絡んできた感想と、WWE・IGFの交流問題について。

 前者の方はアレ。WWEは凄い、そのWWEのスーパースターから尊敬される猪木は更に凄い、といった話。詳細については、もう聞かなくても分かりますよね。各自、想像できるところです。こういうとき便利ですね、サイモン取締役のキャラクターは。

 とりあえず、

東京スポーツ(紙面) サイモンのコメント

 実はリハーサルでは全然、通訳ができなかった。隣にビンスがいたし、猪木さんも猪木さんで全然、予定と違うことを話し始めちゃったから。

» www.tokyo-sports.co.jp

 って話はちょっと面白かったです。ズバリ言って、猪木らしいといいますか。

 それでも本番でガツンと行かないなんて、猪木も優しくなったものです。社運をかけた第一回IWGP決勝では、本番も本番にもの凄い仕掛けをして、坂口副社長を人間不信に追い込んだ(と言われている)というのに…。やっぱ娘ムコには甘いのかしら。

 後者の話は、ちょっと注目。8月のWWE日本公演にあわせての交流について、向こうの担当者と交渉してるのだとか。

 まあ、ジョシュ対アンダーテイカーはアレだとしても、なんらかの交流はあるかもしれませんよね。

 WWEは今回、猪木の殿堂入りを筆頭に、日本対策にかなり力を入れています。失敗はできないはず。自らが更なる権威付けを行った猪木を使い、直前プロモーションを仕掛けたいのは当然のことでしょう。だから「なんらかの交流」レベルだったら、それほどハードル高くないと思うんですよね。やれると思うんです。IGFのリングでスーパースターが挨拶とか。ケンカをふっかけてきた澤田にラストライド炸裂(参加予定無しです)とかね。

 それでも、サイモン取締役は志が高いのかもしれません。もっと大きな仕掛けをしたいのかもしれません。こんな心情も吐露しています。

東京スポーツ(紙面) サイモンのコメント

 (交渉は)本当に難しいけど、ダメだったらすみません。でも頑張ります。

» www.tokyo-sports.co.jp

 弱気です。

 ていうか、やっちゃいましたね。

 やる前にダメなこと考える馬鹿がいるかよ! と猪木がビンタ張ってくる展開です。出てけコラァ、と追い出される展開ですよ。 

 でも、やっぱり娘ムコには甘くて放置なのかしらね。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

YouTube - アントニオ猪木 VS ハルク・ホーガン (1983年)(カクカクしてるのは僕のPCが非力だからかしら)

YouTube - 1990.02.10 猪木 伝説の試合前インタビュー(プロレス)(定番)

蝶野&サイモン、恩讐を超えて(10/01/27 第3位)(珍しいサイモンエントリー)

 サイモン取締役ってまだ36歳なのね…。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「鈴木・丸藤vs小川・弟子」。表記から思いが伝わってきます。こういうさりげないアレ、僕好きです。右サイドバーで「5月ビッグマッチ」「90年代ジュニア」「天龍好敵手」についてのアンケートを実施しています。是非ご回答を。「天龍好敵手」アンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。やっぱ鶴田は偉大ですね。それから相撲軍団が票を獲得できなかったのが残念です。

2010-02-24

還暦・天龍、ちょっと伝わりにくい名言(10/02/24 No.1)

 最近は真壁や中邑の名言に痺れまくってる僕ですが、昔のアイドルはなんといっても天龍。コクのあるナイスミドルの名言は、10代の僕にも響きまくってました。特に相手を揶揄するときの発言、光り輝いてましたね。ひどい言いようが多くて。

 今で言えば、元猿岩石の有吉みたいなもんでしょうか。あの人がベッキーを称した「元気の押し売り」にも我が意を得たりと驚嘆しましたが、昔の天龍の発言にもそれに通底するものあり。「鶴田は銭湯の湯船に浮いたへにゃへにゃのヘチマ」「大仁田は便器に捨てたタバコ。流しても流してもしつこいくらい流れていかない」なんてひどいもんです。

 あと、比喩的表現じゃないですけど、「誰が一番強いのか言ってみろ!」にも痺れました。

 かつてSWSの主導権争いでリアルな遺恨のあった谷津、懐刀だった仲野という存在がありまして、その仲野が、巡り巡ってWARのリングにあがってきたんですね。このとき出た発言。にっくき仲野を痛めつけ、大の字に倒したその口元にマイクを突きつける天龍。「誰が一番強いのか言ってみろ!」。(おそらく)日本プロレス史上初の「無理矢理言わせる公開羞恥プレイ」ですよ。「谷津嘉章だ!」と仲野が意地で言い返すところまで含めて、たまらない名言でした。

 さて、そんな天龍が一昨日のメビウスで4ヶ月ぶりの復帰を果たしました。天龍・平井VS川田・折原という趣深いカードの最後を、投げっぱなしパワーボムで決めてご満悦の天龍。3.18リアルジャパン後楽園で決まっている初代タイガーとのシングルに向け、お口の方も絶好調。

東京スポーツ(紙面) 天龍のコメント
東京スポーツ(紙面) (今日のパワーボムは)8年ぶりくらいになるかな。(タイガーとの試合は)みんなが使うから使わなくなった(完璧な)パワーボムで決めるよ。
» www.tokyo-sports.co.jp

 完璧なパワーボムを使わなくなったのは、みんなが使うから!さすが「ミスター北向き」天龍源一郎です。

 更にタイガーの体重問題にも触れますが、

東京スポーツ(紙面) 天龍のコメント
108キロに増量した?ニュートンの法則と一緒で落とされたら俺のほうが有利だ。
» www.tokyo-sports.co.jp

 源ちゃん、インテリゲンチャン過ぎてわかりません。ていうか誰か僕に説明してください。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります

(最新のプロレス情報や「レスログ」のランクもチェックできます。おお、まだランクアップ継続中ですね。こんな続くと思わなかった。棚橋だったら「俺の進化がとまらねぇ」って言いますね。実際はストップ寸前なので応援のつもりでひとつ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

■関連ビデオ

鶴田VS天龍(1/3)(最高の抗争だった鶴龍対決の中でも、最高の一番)

鶴田VS天龍(2/3)

鶴田VS天龍(3/3)

 (昔も「俺はプロレス界の山下久美子だな」という伝わりにくい名言がありました。まああれはジェネレーションギャップによるところが大きかったですが…)

 (確かに中西があがってきたら意表つきまくりですね…。右サイドバーでNJCとNOAH武道館についてアンケート取ってます。是非是非ご意見を)

 ※2週間前までの過去ログ一覧は見やすくなってるこちらで(にほんブログ村より)

2010-01-23

全日本×S1『合体』興行のお客さん、ちょっといい名言(10/01/22 第2位)

 水曜Sアリでの近藤のはじけっぷり(ただし番組の盛り上がりへの貢献なし。自分が楽しい)を見て、行こうと思っていた『合体』興行。土日じゃなくて平日だったのね。スポナビ見てガッカリしました。思い込みってダメですね。

 気を取り直していろいろレビューを見てみると、これが結構面白かったみたいで、気を取り直すどころじゃありません。悔しい。これは体で感じたかった。特にお客さんがいい味出してた感があるので。

 カード発表から気になっていた「渕正信もてもてスーパーファイト」は、

angle JAPAN: 人気AVメーカーS1と“合体”した全日本。ピンチをキスで救われた武藤が発射!
 56歳にして夜の帝王と紹介された渕正信は、サングラスに横被りのキャップ、そして黒いポロシャツという“チョイ悪オヤジ”風の格好で、両脇にビキニ姿の大空かのん嬢と月見栞嬢をはべらせて入場!
» www.angle-j.com

 という渕のモテモテぶりがヒートを買ってたようですが、

スポーツナビ|格闘技|速報  第4試合 S1×全日本プロレス『合体』渕正信もてもてスーパーファイト 30分1本勝負
 客席から「今日は渕を応援しないぞ! 歳三、頑張れ!」と明らかに妬みややっかみが混じった声援が送られる中、渕はいつものダメ親父っぷりを封印し、ダンディーぶった顔つきで美女たちに猛アピール。歳三の両腕をつかみながら美女たちに応援をせがむと、観客は渕に大ブーイングを送り、さらには大「歳三」コールまで起きる。
» sportsnavi.yahoo.co.jp

 いいですね、この説明口調の声援。心情を説明せずにはいられなかったんでしょう。他のお客さんも心得た感じ。週プロモバイルも拾ってるから、やっぱりこれ、この試合のキーとなるリアクションだったと思うんですよね。

 また、日ごろは僕にフックしてこない西村も、この日はいい感じだったみたいで、

angle JAPAN: 人気AVメーカーS1と“合体”した全日本。ピンチをキスで救われた武藤が発射!

 「私以上に優しい男はこのプロレス界におりません!」と断言した西村に向かって、ここみ嬢は「じゃあ西村さんに私からの賞を受け取ってもらいますか? 上と下、どっちが好きですか?」ととんでもないことを尋ねる。すると西村は「私は無我の精神で……あくまで無我の精神のもと、下でお願いします!」と無我もクソもなく“下”をリクエスト! するとここみ嬢はその場でワンピースの下からショッキングピンクの下着を脱ぎ、それを西村にプレゼントした。

 照れ笑いを浮かべながら「こんなキャラじゃないんだよ」と言う西村だが、観客のリクエストに応えてパンツを頭から被ると、その格好のまま無我の説法を初め…

» www.angle-j.com

 こんなアレでしたが、この直前のパートでのお客さんとのやりとりも、ちょっといい。

週刊プロレスmobile

リング上では西村がマイク。「お姉さま。男子たる者、紳士でなければなりません。(場内から「長いよ!」の声)まだ、なんにも喋ってません。

» www.sportsclick.jp

 たいがい、この言葉が出るといらっとくるもんですが、今回は正解でしょう。「そんなマイクよりセクシー!セクシーを出せ!」というリビドーが感じられて、いとおしくなります。

 また、このシーンも好き。メイン戦、窮地を女優のキスで救ってもらった武藤が(この安易さもいいっすね)、女優達との記念撮影を終えたあとの一幕。

週刊プロレスmobile

記念撮影ののち、武藤がマイク。「(北側の客席を見て)ケツ、見過ぎだよ!静かだな~と思ったら、スゲー視線を感じたよ。今日はいろいろと本当にご来場ありがとうございます。めぐちゃん、キスはおいしかったよ。(観客に向かい)羨ましいだろ~(場内からブーイング)。オマエらは、家に帰って頑張れ(苦笑)

» www.sportsclick.jp

 武藤の率直すぎる発言とお客さんの率直すぎるリアクションの真っ向勝負。最後の捨て台詞も抜群。

 試合後武藤は、「お客さんのリアクションがいつもと違ってレスラーにとっては試練だった」的なことを言ってたから、何かあったのかも分かりませんが、僕的には、なんか今日ライブで見られた人が羨ましいです。「みんなでバカになって楽しむ」ってプロレスの楽しみの一つですが、ここまで徹底してなれる機会って、なかなかないですから(まあでも男性限定ですかね)。

 →人気ブログランキングへ

 →にほんブログ村 プロレスへ

 (まだTARUのblogが更新されてない。さらってった渕のセコンド女優のその後が気になって見たのに、これがトップとは…)

 (ちょっと前の過去ログなのに、もう一度見付けるのが大変とお嘆きのあなた。っていうか僕が困ってます。ココログって、かゆいところに手が届かない。で、最近、にほんブログ村このページを見たら、一覧性がいい感じだったので紹介します。2週間くらい前までのなら、うちのblogよりこっちのが見やすい。更新通知もここが一番早い気がする) 

2010-01-21

新日本・中邑、また(プチ)悪質発言(10/01/20 第3位)

 かつては柴田勝頼の「今日の試合後のテーマは笑顔です」発言に激高し、我を忘れた中邑も、今や悪質発言製造機と言っていい成長を見せています。カシンとかとは違って、悪質なのかどうなのか分からないくらい地味に言うのが、趣き深いです。

 ブドウ狩りツアーが最少催行人員に満たず中止となった真壁に対し「何時まで経っても、ブドウ摘んでサンキューなんだよ」と無慈悲な発言をしたり、IWGP挑戦をアピールする棚橋に対し「そんなにベルトが欲しいか? U-30でも巻いとけ」と自ら封印してやった棚橋黒歴史を掘り起こす発言をしたり(しかも棚橋30超えて挑戦権なし)、今ぱっと思いつくものだけでもなかなかの非道ぶり。

 そんな中邑が、今日も今日とて悪質発言。

 まずはボマイェ潰しを宣言した中西に対し、教科書どおりの発言はやめろとバッサリ。返す刀で、

東京スポーツ(紙面) 中邑のコメント
東京スポーツ(紙面) 万が一、両国で負けたら、京太郎のエキシビションも譲りますよ。
» www.tokyo-sports.co.jp

 K1敗退黒歴史をイメージさせる悪質発言。やりたくもないのを分かっててこれ。こうなったら当日は顔に入れ墨入れてきちゃいなよ!

 また猪木の石井戦提案に関しても刃。

東京スポーツ(紙面) 中邑のコメント
あれは(猪木が)石井選手に言ったことでしょ。まあ石井選手にも猪木さんの話を聞く義理はないんでしょうけど…。
» www.tokyo-sports.co.jp

 東スポ紙面において石井問題の第一人者的雰囲気を醸す猪木に、静かに冷や水をぶっかけます。みんな思ってることだと思いますが、敢えていうのが素晴らしいですね。

 →人気ブログランキングへ

 →にほんブログ村 プロレスへ

 (中邑と柴田のやりとりには当時痺れました。あの頃はあの頃で面白かったですね。全体的に暗い感じがしてましたが)

 (ちょっと前の過去ログなのに、もう一度見付けるのが大変とお嘆きのあなた。っていうか僕が困ってます。ココログって、かゆいところに手が届かない。で、最近、にほんブログ村このページを見たら、一覧性がいい感じだったので紹介します。2週間くらい前までのなら、うちのblogよりこっちのが見やすい。更新通知もここが一番早い気がする) 

アンケート

最近のコメント

過去アンケート