カテゴリー「青義軍」の22件の記事

2010-08-03

NOAHが誇る反体制ヒールユニット ”ディスオベイ” モハメド・ヨネ、行き詰まる。永田裕志も小島聡も…(10/08/03)(最終更新)

 モハメド・ヨネが荒れています。

東京スポーツ(紙面) ヨネのコメント

 あれから何のアクションもない。俺のことはほったらかしかよ。G1だけに集中してるみたいだけど、本当にウチのリングにあがるつもりなのか!?

» www.tokyo-sports.co.jp

 小島聡に対する苛立ち。

 丸藤の負傷により8.22有明大会でのカードが中に浮いている丸藤に差し延べた救いの手…と本人は思っているかもしれない、あの対戦表明。試合後は、宿無しの小島にヤサ(ディスオベイ)まで提供するという心遣いも含め、全て台無しにされた。そんな思いがヨネの心をささくれ立たせます。

東京スポーツ(紙面) ヨネのコメント

 最後のチャンスだ。もう一度会場に来い! 俺がふさわしい相手かその目で確かめろ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 8.4、5有明大会への来場要求。小島にとっては仕切り直しに願ったりかなったりではありますが…。7月29日のアクションに対する反応が8月1日の時点でないことに対する怒り(しかも間に東スポ休刊日あり)を表明する爆弾には、あまり触れたくないのが人情かと思われます。

 まあ、ヨネが荒れているのは他にも理由があります。そもそも荒れている原因はそちらにあるのかもしれません。

 ディスオベイとの業務提携が決定した永田裕志との党首会談が、この日行われたんですが…

東京スポーツ(紙面) 永田のコメント

 軍団をそのまま持ち込まれても、余計なプライドが邪魔するから困る。秋山の言うことだから興味を持ったけど、イチからやる気のないやつに用はない。

» www.tokyo-sports.co.jp

 まずディスオベイの軍団解散ありきだとの厳しい声。

 これにヨネも

東京スポーツ(紙面) ヨネのコメント

 こっちが青義軍を吸収すんだよ!

» www.tokyo-sports.co.jp

 と回答したため、ケンカ別れになってしまいました。

 できの悪い子ほどなんとやらと申しますので、かなり可愛いはずのディスオベイ。その軍団解散を求められれば荒れてやむなしというもの。ケンカ別れ、しょうがないです。

 永田がちょっと性急すぎるかもしれませんね。あくまでも「業務提携」なんですから、そんな急進的なこと言ってもしょうがないのに…。

 合併ってホント難しいんです。僕の地元でも失敗した、市町村合併。市名が相手の市のモノになるとイヤなんてのも、土壇場で理由にあがってました。そんなことくらいで…と思わないでもないですけど、長年住んできた人達からすればそうなのでしょう。

 だから、いきなり「解散しろ」なんてもってのほか。順番があります。なし崩し的に青義軍カラーに染めていくとしても、今はそんなことをおくびにも出さないのが政治的テクニック。大人の手練れ。たとえば合体軍団名を提案して、懐柔を図るとかするべきなんじゃないでしょうか。「青義ベイ」とかね。

 って、それじゃ永田カラーが強すぎていかにもアレですか。ベーーーイッ!

 

 さて、2つの流れがどうなっていくのか今後も注目していきたいところなんですが、このブログとして注目していくのはおしまい。本日をもってレスログ終了とさせていただきます。

 いろいろエキサイティングな8ヶ月でした。かなり、やることやった気がします。応援していただいた方ありがとうございました。ごきげんよう、さようなら(倉持アナ風)。

平成の「鶴藤長天」か? NOAHのディスオベイ・モハメド・ヨネ、軍団大連立に向け動き出す(10/07/25 No.2)(まだ聖鬼軍と元平成維震軍がありますよ、ヨネ)

 レスログ先生の次回作にご期待ください!(たぶんありません)

 右サイドバーで「蝶野全日参戦」「丸藤代打」についてのアンケートを実施しています。本日いっぱい投票できますのでよろしければどうぞ。

2010-07-25

平成の「鶴藤長天」か? NOAHのディスオベイ・モハメド・ヨネ、軍団大連立に向け動き出す(10/07/25 No.2)

 ”新世紀のアミバ様” こと秋山準が唱えた、ディスオベイ&青義軍の連立政権構想。「1プラス1が0になるかも…」と不安要素を前面に押し出しつつ公開した、例のアレ。

 明らかにおもしろおかしく言っているとしか思えないあの構想に、御大モハメド・ヨネがコメントしていました。

東京スポーツ(紙面) ヨネのコメント

 1プラス1の計算とかはよく分からないけど提携、いいじゃないですか。

» www.tokyo-sports.co.jp

 さすが結成1年足らずで軍団を瀕死の状況に追い込んだ男。言うことが違います。実に大雑把。

 体制の走狗(とディスオベイはとらえるべき存在)、秋山の言うことを信じ切っています。

東京スポーツ(紙面) ヨネのコメント

 青義軍を通じて新日も倒せるし。大阪で永田選手と話しますよ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 別に青義軍は反体制ではないですから、新日を倒す方向には行かないと思いますが…。せいぜいNO LIMIT退治に駆り出されるくらいのことでしょう。

 しかし具体的展望が出て来たことに喜びを隠せないヨネは、一気に夢を語ります。曰く大阪で闘う平成維震軍残党(齋藤、青柳)、先日一夜限りの復活を果たした聖鬼軍(川田、田上、小川)との大連立も宣言。プロレス界の頂点取りに意欲をみせました。

 まあなんとなく凄くはあるメンバー。昔の名前で出ています感は強いですが…。しかし本当に実現するとなれば、ディスオベイが今よりは面白くなること確実。NOAHにとっては、全く望外の福音。ずっと前からNOAHファンだった(おい)僕も、ちょっと盛り上がりたくなります。ここからは、脳内麻薬を分泌していきましょう!

東京スポーツ(紙面) ヨネのコメント

 (ディスオベイ・青義軍・平成維震軍残党・聖鬼軍)これがひとつになれば一大勢力になる。

» www.tokyo-sports.co.jp

 これは、80年代に新日本と全日本のニューリーダーが天下取りに向けてサミット開催を提唱した「鶴藤長天」に似てきましたよ! 団体を超えての連立ですからね。

 いや、旧新日本及び旧全日本で一世を風靡したユニットまで加わってますから、2倍の価値があると言っていい! 「鶴藤長天」のパワーアップ版と呼ぶに相応しい! 口さがないむきは「せいぜい、平成裁恐猛毒GUREN隊じゃないか」と言うかもしれませんが、そんなの無視無視。出る杭は打たれるもの、と相場が決まっています。それだけが理由ではない気も若干しますがね。それも無視。

 あとは新しいキャッチフレーズ作りですね。かつての荒技 ”健太ッキーボム” が、その命名により命日を迎えたように、名前というのはとても大事。

 「格闘頂点」という造語に、当時のニューリーダー四人の名前の頭文字を入れ込んだ(鶴田、藤波、長州、天龍)先代は、センスの有無に議論はあるとしても、相当のインパクトがありました。それを超えるようなサムシングが必要でしょう。

 といっても、これがなかなか難しい。

 厄介なのが、ディスオベイの存在。横文字ですからね。こんなの80年代には想定外でしたよ。しかし、こいつら…じゃなかった、NOAHが誇る反体制ヒールユニット・ディスオベイが主役なのですから、しょうがない。なんとかうまくやっていくしかない。

 とりあえず、聖鬼軍の「鬼」、ディスオベイの「ベイ」、青義軍・永田裕志の「永」、これに「チク」が加われば、「鬼チクベイ永」で「鬼畜米英」のもじりが完成なんですが…。あ、いいや、平成維震軍青柳&齋藤のフランチャイズ、中京地区の「地区」で。もう、どうでも…。時間無いし。

 でも闘う雰囲気でしょ? キチクベイエイ。一億国民火の玉だ!とか続きそうだし。若干、無条件降伏の末路が見えなくもないので、一抹の不安を隠せませんが。

プロレス最新情報@ブログランキング(NOAH7.24大阪大会(業務提携話が行われたはず)の観戦レポートもあり)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜み)

レスログ on Twitter(blogの更新通知中。まれにその他プロレス情報も)

鶴藤長天 - Wikipedia(「真誠藤光」なんて全く覚えてないよ!)

 メインがあんな試合になっちゃったから、提携話も出来なかったでしょうね…。殺伐ムードで。

後悔、先に立たずと申しますが…

やってて良かった応援クリック!(となるはず)↓↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「ヨネは絡むだけ損なのでスルーでw」。おっしゃりたいことはよく分かりますが…。右サイドバーで「小島NOAH参戦」「聖鬼軍VS超世代軍」「KENTA派?丸藤派?」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。フィニッシュ技アンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。明日は「聖鬼軍VS超世代軍」、本日は「KENTA派?丸藤派?」アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

2010-07-22

NOAH・秋山準、アミバ様ばりの人体実験を敢行。 永田裕志、暴力(的な業務提携)はいいぞ!!(10/07/22 No.2)

 199X年のあのドクターデスが、現代プロレス界に甦ります。

 NOAHの秋山準に、北斗神拳の使い手と世紀末のよどんだ街角で出会ったアミバ様が憑依したかのようなんです。

 持ち前のツテを駆使して、とんでもない人体実験を画策しているんです。

東京スポーツ(紙面) 秋山のコメント

 (青義軍とDISOBEYの)2チームは「いけそうでいけなかった」ところが似ている。(メンバー補強中の)ヨネは大阪で永田裕志と話をして、業務提携したらいい。永田裕志だったら話に乗ってくれるんじゃないか。

» www.tokyo-sports.co.jp

 青義軍とDISOBEYの合成実験。

 なかなか、恐ろしい試みですね。

 相次ぐ同志のケガで、縮小営業を強いられているDISOBEY。

 消滅までのマジック、絶賛点灯中。

 その失地回復を試み、軍勢拡大に動いているヨネに、「7.24大阪大会に参戦する永田との仲をとりもってもいい」との親切発言ですが…。

 なんといいますか。

 我々ファン目線で見れば、ぶっちゃけ失敗しそう。

 くすぶり続ける両軍団が、シナジー効果を生み出すようには思えません。窓際集団同士とりあえず合体させてみれば…との、興味本位に映ってしまいます…。まあ、素人が、知った風な口をきいてはいけないのかもしれないですが。

 うん、プロ目線で見ればまた違うのかもしれませんよね。秋山には、両軍に足りないものが見えていて、合体によりそれが補えると確信があっての提言なのかもしれません。

東京スポーツ(紙面) 秋山のコメント

 (合体の結果)1プラス1が2になればいいが、1マイナス1でゼロになるかも。

» www.tokyo-sports.co.jp

 って、あっさり無責任なこと言いますね。

 両軍を木人形(デク)だと思っているからこそ言えるこの発言。さすがアミバ様。

 ていうか仮に1プラス1が2でも、チームとしては下の下ですよね。3にも4にもなるからタッグチームなわけで…。とんだハイリスク・ローリターン提案。「ん!? まちがったかな…」じゃすみませんよ。 

プロレス最新情報@ブログランキング(関連記事はこちらからもどうぞ)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜み)

レスログ on Twitter(blogの更新通知中。まれにその他プロレス情報も)

7.25全日本後楽園大会対戦カード @全日本オフィシャル(え、これこの試合順なの?)

アミバ - Wikipedia(ジャギ様とともに男の憧れですね)

PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE [ツアー詳細][2010年7月24日][~プロレスリング・ノア創立10周年記念 第2弾~NEW NAVIGATION'10 in Osaka](DISOBEY軍は定位置っぽいところに陣取ってます)

 マニアックすぎましたね…。書き直さないけど(てへ)。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「あの時代であれば三沢か川田ですが、三沢にやられる川田が好きでしたね 」。攻防に三沢と川田の特別な関係が垣間見えるという面白さはあったかもしれません。 川田は攻めも受けも良かった。右サイドバーで「聖鬼軍VS超世代軍」「KENTA派?丸藤派?」「フィニッシュ技」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。明日は「フィニッシュ技」アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

2010-07-11

新日本・永田裕志、K-1 MAXのエース・佐藤嘉洋の挑戦発言に ”猪木イズム” で堂々対応(10/07/11 No.3)

 K-1MAXのエース佐藤嘉洋の、G1挑戦発言。東スポの勇み足によるところも多分にあるのでしょうが、特に名指しまでされた永田さんは穏やかではいられません。

 なにしろ、佐藤から挑戦されるの、2回目ですからね。ファンタジーの中にも五分のリアルといいますか…。ここだけは、一本、筋が通っています。佐藤のホンモノの気持ちが垣間見られるところ。なんらかの対応が求められる局面と言っていいでしょう。体重差等を考えると、永田さんにメリットのある話ではないのですが…。

 しかし、さすがは僕らの永田さん。挑戦者に背を向けたりはしません!

東京スポーツ(紙面) 永田のコメント

 技術交流的なものはアリかと思う。彼のスキルや武器が俺に乗り移れば、彼も一緒に戦えるし、オレも優勝に近づける。彼が本気でプロレスを考えてるなら手取り足取り教える。

» www.tokyo-sports.co.jp

 横に並んでいこうという作戦です。

 これは猪木がかつてイワン・ゴメスの挑戦に対してとった手段ですね。ブラジルで猪木に挑戦してきた柔術の猛者・イワンゴメスを、どう懐柔したのか新日本プロレス留学生に仕立てあげ、プロレスデビューさせたウルトラC。1974年の出来事です。

 面倒な相手は有耶無耶のうちに身内にしてしまう。その猪木イズムを、永田さんはしっかり伝承しているんですね。「彼のスキルや武器が俺に乗り移れば、彼も一緒に戦える」なんて美辞麗句、猪木が言ってもしっくりきます。最後に「というかね。ンムフフ」と付ければ、猪木のセリフそのものですよ。

 猪木との関係は色々あったようですが、吸収するものは吸収しているということです。

東京スポーツ(紙面) 永田のコメント

 プロレスをいきなりやるのも大変だろう。体重の問題もある。向こうも大事な試合があるし。彼は今年、世界を取れる人間だからさ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 これだけ最大級の賛辞で懐柔されれば、佐藤も挑戦を取り下げるしかないでしょう。でなければ、ひとでなしと言われます。青義軍にまたも準構成員の誕生ですね。

 この状況で、更に東スポ既報のヒョードルまで加入となれば、ちょっと手がつけられませんよ。

 しかも、永田さん、

東京スポーツ(紙面) 永田のコメント

 実は昨日は知り合いのツテで長友(佑都)選手と電話で話したんだ。彼も青義軍入りには前向きだったかな? へっへ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 サッカー界まで手を広げる勢いですからね。長友、関係ないのにとんだ災難…じゃなかった、身に余る誉れ!

 猪木イズムを片手に、闘わずしてスポーツ界を掌握していく永田さん。オリンピックの5つの輪が、全てジャスティスブルーで描かれる日も、そう遠くないのかもしれません。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちら)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜み)

レスログ on Twitter(blogの更新通知中。まれにその他プロレス情報も)

 G1前恒例の特訓報道、永田さんはK-1になるんでしょうかね。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「内容に不満があるというよりは、『三沢・小橋・秋山が揃っていないリング』というのがすごく寂しく感じた (男性/30代/北海道)」。気持ちは、分かります。  右サイドバーで「7.10有明大会」「真壁VS中邑」「上半期MVP」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は上半期MVPアンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

2010-07-01

新日本・永田裕志、青義軍継続に意欲? 皇帝・ヒョードル補強の夢プランも(10/07/01 No.1)

 秋山戦に向けてのコメントで、「教育係にはもう飽きた」的な、率直な発言をしていた永田。昨日の試合後にも、井上との間に意見のすれ違いがあり、青義軍に潮時感が漂っている気がします。ていうか、そもそも、当初の煽りでは1年限定ユニットと言っていたようないないような、ね。

 いずれにせよ、生徒達にも巣立ちの日が来るわけで、綺麗な幕の引き方を考えるタイミングが来ているのかもしれません。

 しかし、永田、青義軍の継続に色気が無いわけでも無い様子。

 あのMMA界の皇帝・エメリヤエンコ・ヒョードルを青義軍に迎え入れることも、考えているようなんです。なにしろ、昨日の東スポプロレス面トップ記事の見出しは「永田 ヒョードルに救いの手 青義軍にウエルカム」ですから。

東京スポーツ(紙面) 永田のコメント

 負けた人間は強くなる!

» www.tokyo-sports.co.jp

 先日、歴史的番狂わせにより敗戦を喫したヒョードル。永田提唱の「復活を賭けるのが青義軍」理論からすれば、確かに青義軍入りの資格は十分にあるとは思われます。しかし、そんな理由で資格ありと言われたと知れば、怒りのロシアンフック発射もやむなしでしょう。

 ていうか、あの理論だと、敗者ばかり集めることになりますけど、それが補強につながるのかという疑問も残りますよね。単に敗戦の傷につけ込むのがイージー、加入後も御しやすいし、程度の考えなのではないか、と。

 しかし永田、ヒョードルの敗戦が力の衰えによるものと思ってはいません。

東京スポーツ(紙面) 永田のコメント

 まさに猿も木から落ちる。弘法も筆の誤り…

» www.tokyo-sports.co.jp

 あくまでアクシデントによる敗北、達人の心にエアポケットが出来ただけ、というとらえ方。十分戦力になると見込んでいます。かつて自身が敗れた相手ですから、そうであってほしいという願望込みかもしれませんが。

東京スポーツ(紙面) 永田のコメント

 レッドデビルからブルージャスティスに鞍替えするのはないだろうけど…向こうから入りたいというのであれば、いつでもウエルカム。このTシャツをあげますよ。へっへへ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 うまいことを言いつつ、最後は、控え目に、あくまで受動的に勧誘する永田。大物相手なのに加入者特典もTシャツのみですし、さほどやる気が感じられない感も…。見出しとは若干トーンが違います。

 まあ、これだけの大物相手となるとそれもやむなしなんでしょうね。リーダーの座を奪われそうな予感がしないでもないですし。東スポ記者に、「ヒョードル青義軍入りですか? 復活を期すのが青義軍ですよね?」と意地悪く詰め寄られ、渋々出したコメントのような気もしますし。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

 このblogにも潮時感が。

よければクリックを。このBLOGへの一票になります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 潮崎対棚橋がトップに迫ってきてます。右サイドバーで「NOAH7.10有明」「新日本&NOAH選手のテーマ曲」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。

2010-05-20

新日本・永田裕志、平成のテロリスト・ビッグ村上に罰ゲーム戦を提案。ゲームの内容は当然…(10/05/20 No.3)

 村上の不気味なエールを受けた永田。さっそく村上にアンサーです。

東京スポーツ(紙面) 永田のコメント

 (3年前に)東金で組むはずだったのがなくなっちゃってるからよ。約束は果たす方向でいる。ただし、今じゃねえだろ。上がる舞台は、いずれオレが整えてるやるから待ってろって。

» www.tokyo-sports.co.jp

 あれ、そんな組むはずだった話があったんでしたっけ? 永田さんの初主催興行で? へえぇ。ビッグマウスラウドでも1回組んでる? 全然覚えてなかったなぁ。「いずれオレが整えてやる」」ってことは、また主催興行でやるのかしら。東金の。永田祭りで。まあ現実的な話ではあります。

 ただ、新日本のレギュラーシリーズ参戦だってないわけじゃないですよね。永田の調整力なら。

 IWGPタッグの3way戦をイリミネーション形式に方向転換させた実績がありますし、あのどうにもならなそうなアルティメットロワイヤルも、抜群の調整力で乗り切りましたからね。乗り切った先に何があったかはともかくとして…。

 村上との約束は果たす腹づもりでも、真壁に立ち向かわない不甲斐なさを指摘されたことには”お冠”の永田。

東京スポーツ(紙面) 永田のコメント

 シングルはシングルで俺なりに狙ってる。お前がごちゃごちゃ言うな。まあ、村上に見る目があるってことだけは認めてやるけどね。へっへへ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 若干ゴキゲン気味ではありますけどね。「IWGPの象徴」くらいに持ち上げられてましたから…。単純なものです。

 さて、怒りと喜びがない交ぜになっているツンデレ青大将ですが、村上とは組むんでしょうか、闘うんでしょうか。村上は「ケツを蹴り飛ばしに行く」と言っています。はっきりさせましょう。

東京スポーツ(紙面) 永田のコメント

 組むつもりだったのが戦うことになるかもしんねえしな…。戦って燃える相手だったってのもまた事実。ま、そうなったら『負けたら青義軍入り』を覚悟してもらうけどね。

» www.tokyo-sports.co.jp

 どちらに転ぶか分からない。ただ、闘って「負けたら青義軍入り」は既定事項。そうお茶を濁す永田。ていうか、リーダー自ら「青義軍入り」を罰ゲーム的にちらつかせるのは、いかがなものかと思いますが。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

永田・村上VS鈴木・高山 詳報@スポナビ(永田さんが面白いことやってるのに覚えてないなんて…)

新日本・永田、闘い終わればノーサイド! (4年も前のアレですが) (10/04/04 No.4)(永田さんと村上がノーサイドしてる話)

 組んだら当然、青義シャツ着させての入場ですよね。村上が青義軍から逃れるためには、闘って勝つしかありません。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「しょせん猪木の名前がなけりゃ何もできないでしょ?!」。呼び捨てにすると小川が怒りますよ。シーッ! って、(たぶん)弟子じゃないから大丈夫でしょうが。右サイドバーで「高山善廣史を彩った男」「小川の活きる場所」「真壁NOAH防衛」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。本日は「真壁NOAH防衛」アンケート最終日。駆け込み投票大歓迎です。

2010-05-14

”次期IWGP挑戦者決定戦”、NOAHで開催されるも…(10/05/14 No.1)

 杉浦が真壁へのいやがらせとして提唱した”IWGP次期挑戦者決定戦”が12日のSEMで行われました。敗者が罰ゲームとしてIWGPに挑戦というこの試合(杉浦VS雅央)で、挑戦権を”勝ち得た”のは雅央。杉浦の思うつぼの展開となりました。

 試合には負けたものの、ある意味勝者の雅央。晴れ舞台に意気軒昂かと思いましたが…

東京スポーツ(紙面) 雅央のコメント

 ノアの門番としての役目はもう終わりました。強いて言うなら青義軍に興味はあるけど、ベルトに挑戦なんて…。ほかにいっぱい候補がいるでしょ。そっとしといてください。

» www.tokyo-sports.co.jp

 せっかく勝ち得た挑戦権を辞退です。エル・サムライばりの上昇志向の無さですよ。ってまあ、こんなルールでもらっても嬉しくないというのが一番ですか。厄介なことに巻き込まれたくない、というのも多分にあるでしょうが。

 ただ、その一方で「青義軍に興味」発言で別の厄介を抱え込んでいるのですからおかしなもの。永田さんのリクルーティングがいよいよNOAHに及ぶ可能性が浮上してきました。熱血青義軍劇場に全く似合わなそうなマインドの持ち主ではありますが…。顔面張られても、何されても、やる気を表に見せなそうな意志の強さを感じさせます。

 あるいはIWGPタッグ獲得で勢いに乗る青義軍を内部崩壊させるための、NOAHからの刺客なのかもしれません。そういえば「俺がIWGPタッグ獲って、おまえがグローバルリーグ制したら、二人で闘おう」みたいなこと、永田さんが言ってましたよね。秋山に。NOAHへの秋波をみせているヘビーの外敵が、真壁以外にもいたわけです。

 秋山は準優勝ですから闘う道理はないんですが、押しの強い永田さんのこと、勢いで約束(じゃないですが、そもそも)の履行を求めてくる可能性もゼロではありません。ちょっと感動的なメッセージだったから断りにくい秋山が機先を制して…ということも考えられなくはありません。策士ですからね。

 とりあえず気を付けてください、永田さん。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

新日本・永田裕志、団体を超えた盟友・NOAH・秋山準にエール。そして…(10/04/22 No.1)(永田さんが秋山との対戦を望んでいたエントリー)

 また寝過ごしたよ…。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 森嶋を推す声が多いですね。タッグ戦で真壁組を圧倒したからかしら。右サイドバーで「真壁NOAH防衛」「4月印象に残ったこと」についてのアンケートを実施しています。是非投票を。「4月印象に残ったこと」アンケートは今日が最終日。駆け込み投票大歓迎です。

2010-04-28

”防衛戦拒否”のNO LIMITに対し、永田裕志は”戴冠拒否”。どうするどうなる新日本伝統ベルト(10/04/28 No.3)

 

 NO LIMITのIWGPタッグ戦拒否、青義軍への挑戦辞退勧告を受け、永田裕志が声をあげました。

東京スポーツ(紙面) 永田のコメント

 (挑戦)辞退? いやなこった。彼らこそ、あのベルトの権威が地に落ちてることを自覚してほしいよ。3way戦が認められるのは、彼らだけじゃビジネスにならないってこと。挙げ句の果てには(試合順が)第4試合かよ…

» www.tokyo-sports.co.jp

 この前取り上げたコメントと同工異曲って感じですかね。おまえらのせいでIWGPタッグ戦がビジネスにならなくなってしまったんだ、際物試合せざるを得なくなったんだ、自覚しろ、そういう主張です。

 パートナー井上も永田の発言に乗っかっていきます。

東京スポーツ(紙面) 井上のコメント

 IWGPのベルトを凶器に使っていいわけがない。

» www.tokyo-sports.co.jp

 乗っかっていくというより、永田の従来の主張、まんまですね。オリジナリティに欠けるというか、青義の絆は深いといいますか。

 いずれにせよ我が意を得たりの永田は、更に仰天要求。

東京スポーツ(紙面) 永田のコメント

 権威の落ちたベルトはいらないから、新しいのを作ってもらいたい。

» www.tokyo-sports.co.jp

 新しいベルトを作らなければ、ベルトはいらないと”戴冠拒否”の構えです。

 まあ、NO LIMITお得意のベルト殴打だけでなく、TNAでも散々邪険な扱い受けてましたからね。ファンも失望してるとこありますから、リニューアルもいいかもしれません。東スポは青いベルトにされるかも、と危惧していますが夏に向け、それもありでしょう。

 ちなみに井上、新技(ですよね)完成させたみたいです。スピアーからそのまま押さえ込む技、スピアー・オブ・ジャスティス。

新日本オフィシャル 27日福岡大会試合後 井上のコメント

見たか!! 俺のスピアー・オブ・ジャスティスで! 本間から3カウント!! あの筋骨隆々の本間から3カウントだ! 練習変えてよかったよ。成果が出た! 本間から俺が獲れたことは自信になった。このまま! 必ず! (IWGP)タッグのベルトも奪い取るからな!!

» www.njpw.co.jp

 これからIWGPに挑戦しようという選手が、本間から取っただけでこの喜びようとは、逆に不安になるといいますか…。NO LIMITの挑戦辞退勧告も、あながち言いがかりだけではない気もしてきました。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

2010年04月25日 | 異常気象の春に奇跡が起こる!? 42歳の誕生日を迎えた永田裕志選手にスペシャルインタビュー | 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト -NEWS(永田の最新インタビュー)

 本日も時間との闘いでした。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 いつの間にかNOAH武道館の注目度がアップしてますね! 右サイドバーで「女子プロ凄かった選手」「グローバルリーグ戦」「5月ビッグマッチ」についてのアンケートを実施しています。是非ご回答を。

2010-04-25

新日本・NO LIMIT、5.3IWGPタッグ防衛戦のキャンセルを希望。今更(10/04/25 No.1)

 5.3「レスリングどんたく」で3wayのIWGPタッグ戦を控えたNO LIMITが言いたい放題です。ターゲットは挑戦者。といっても

東京スポーツ(紙面) 内藤のコメント

 バーナード、アンダーソンの実力は認める。

» www.tokyo-sports.co.jp

 というコメントから分かるように、絞った矛先は青義軍。永田と井上。ちょっと耳を傾けてみましょう。

東京スポーツ(紙面) 内藤のコメント

 あの2人に踏みにじられた。防衛戦を楽しみにしていたオレたちも、福岡のお客さんもガッカリだ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 前哨戦で不甲斐ない試合ぶりを見せている(という)青義軍が、ビッグマッチの価値を落とすというわけです。

東京スポーツ(紙面) 裕二郎のコメント

 次の防衛戦でタッグの価値をもっと上に持っていきたかった。それなのに永田と井上に邪魔されてる。今回は防衛回数にカウントしなくていいから、次のデカイところで防衛戦を組んでくれ

» www.tokyo-sports.co.jp

 青義軍の絡む試合ではベルトの価値が落ちる。だから防衛戦にしてくれるな、というロジック。もしそれが叶わなければ、次のビッグマッチで防衛戦を行い、早くみそぎをさせてくれという徹底ぶり。嫌われたものです、青義軍。というか、永田なんですが…。

東京スポーツ(紙面) 裕二郎のコメント

 シングルをどれだけ防衛してきたか分からないけど、タッグを下に見てる。(秋山にエールを送っているが)そんなの口からの出任せ、いつも”井上頑張れよ”って言ってるけど、お前が頑張れ。

» www.tokyo-sports.co.jp

 嫌いが高じて、秋山との盟友関係にまで難癖ですよ。エール職人の永田に、お前が頑張れというのも実にシュートです。これまでの発言でも、特に裕二郎が永田にきついんですよね。やっぱり大学の後輩なのに青義軍に誘われなかったのが気にくわないのでは? 強がりを言ってますが…。って、まあ冗談です、はい。

東京スポーツ(紙面) 内藤のコメント

 正直辞退してほしい。邪魔なんで…。

» www.tokyo-sports.co.jp
東京スポーツ(紙面) 裕二郎のコメント

 あんなヤツらに挑戦する資格はない。

» www.tokyo-sports.co.jp

 全般的に、シリーズ中に言ってたことの総まとめみたいなコメントでしたね。

 さて、これを受けての永田。

新日本オフィシャルサイト 24日試合後の永田のコメント 

まぁ、IWGPタッグというのが、大して注目を浴びていないよな。だから、こういう3WAYとかってルールで、少しでも奇抜さを出そうとしてる。もしかしたら、会社の若い選手に対する恩恵かもしれないよな。

» www.njpw.co.jp

 3way戦なのは、IWGPタッグが注目を浴びてないのが原因。注目を浴びてないのは誰のせいだ? 3way戦の恩恵を受けてるのは誰なんだ? 静かな語り口ながら、永田の舌鋒は鋭いです。

 個人的には永田の言ってることに説得力を感じるかも…。永田の大差の判定勝ちというところ。ていうか、NO LIMITのコメント、勢いだけな気が…。

新日本オフィシャルサイト 24日試合後の永田のコメント 

もうちょっとチャンピオン(高橋&内藤)、仮にもIWGPタッグのベルトを持っているわけだから、高い山でいてほしいよな。

(略)

山が低すぎる。俺と井上なんて、実績も何もないチームだったのが、井上の頑張りだけにしては、あまりにも都合よくチャレンジできる立場にきたなと思っていたけど、ベルトを持っているチャンピオン、山、低いわ。

(略)

そうだなー、あのチームを山に例えると、千葉の清澄山ってとこかな。世界最高峰の頂じゃなきゃいけないチームが、せいぜい高さ的には、千葉・房総の清澄山ってところか。なんか山を乗り越えたときに、『よし、やった!』っていう充実感がちょっと感じられないな。せめて高野山ぐらいだと、それなりに(笑)。有名どころであってほしい。高くなくても

» www.njpw.co.jp

 最後に千葉ローカルネタで落とさないと気がすまない永田。東金の英雄は大変ですね。これがなければ鮮やかな一本勝ちでした。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

多重ロマンチック:内藤哲也、3WAY戦に疑問を投げる(週プロでも3wayタイトルマッチに疑問を投げかけていた内藤。専門誌モードって感じですね。こちらの主張はごもっとも。それより「『一選手である前に一ファンでありたい』と今もチームNJPW会員な内藤選手」というのにビックリしました。なんというか好感度アップです)

 ちなみに清澄山の標高は344mとか。馬鹿にしすぎです。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 村上を入れるとは考えても見ませんでした。慧眼! 勉強になりました。右サイドバーで「5月ビッグマッチ」「90年代ジュニア」「天龍好敵手」についてのアンケートを実施しています。是非ご回答を。

2010-04-15

新日本・永田さん、歓喜! K-1から青義軍入り選手が!(出るかも)(10/04/15 No.3)

 永田さんのリクルーティングもめっきり聞かなくなった昨今。青義軍の勢いもちょっと弱まってる気がします。昔ほど話題に取り上げられることがないもの。負けたら青義軍入りのはずだった石井ちゃん(古い!)からは、結局バックれられたみたいだし。5.3レスリングどんたくのカードでも、なんか空気みたいな感じだし(3wayだからか)。TAJIRIにいじられて、恥辱にまみれていたあの頃の方が、まだマシだったかも。ゆゆしき事態です。

 そんな状況で、「若手K-1戦士が青義軍入り志願」の報あり。おあつらえむきのカモ…じゃなかった将来有望なこの青年、名前を久保優太といいます。5月のK-1MAX63キロ級日本トーナメントに初参戦の戦士です。ジムの会長が永田さんの知り合いなんですって。

東京スポーツ(紙面) 久保のコメント

永田選手はいろんな意味で大きい人。青義軍のことは知ってます。トーナメントで優勝して青義軍に入れてもらえれば。

» www.tokyo-sports.co.jp

 罰ゲームネタにされることの多い青義軍入りなのに、自分から! 率先して! 実績を作ります! 実に謙虚な若者です(あるいは無知。すいません)。ただ、青義軍の中ではそれが命取りになる可能性があります。ビンタ張られても、負けないテンションで張り返す気持ちが必要です。そうでなければ、永田さんにつけこまれて脇役に追いやられるだけ。まあ、そうであってもですが…。

東京スポーツ(紙面) 久保のコメント

見た目がおとなしい? 周りから『何で格闘技やってるのか』と言われるし、電車で酔っぱらいに絡まれます。

» www.tokyo-sports.co.jp

 あらら。ホントに大丈夫なんでしょうか。確かに東スポ掲載の写真を見ると優しい感じ。でも、そんなこと言って普通に強いんでしょうね。大舞台に出るくらいなんですから。って敬礼までしてますね、東スポの写真。ノリノリ。

 しかし何故、敢えて青義軍なのか。東スポに訊かれたから、お義理で言ってる感もなくはないですが、そのへんどうも気になります。武闘派”青義軍”の代紋(青シャツ)を背負って歩けば、見た目でケンカ売られなくなるという算段なんでしょうか。残念ながら、現状、好奇の目で見られるだけであまり特典ないですが…。あ、東金では名士扱いかも。

■関連リンク:

プロレス最新情報@ブログランキング(その他プロレス最新情報はこちらから)

プロレス最新情報@にほんブログ村(1日1回チェック。紳士淑女の嗜みです)

久保優太 - Wikipedia (krushで名前あげてる選手なんですね。)

 とりあえず久保選手応援してみます。術中にはまってるのかもしれませんが。

 よければクリックを。このBLOGへの一票になります。  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 プロレスへ

 「名実況、神実況」はまた三つ巴に。辻&マサが粘り腰を見せています。右サイドバーで「5.3レスリングどんたく2010」「名実況、神実況」についてのアンケートを実施しています。是非ご回答を。

 

アンケート

最近のコメント

過去アンケート